忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10


黄金聖闘士な夫たち。
子供の教育方針で対立したが最後、一歩も譲らない夫・カミュ。
もうなんだか不倫される原因ていうかただの離婚原因シリーズなんですが。この連載。

アフロに並んで、この人も我の強い方ですよね。
暴論で我の強い夫正論で我の強い夫、どっちが辛いかっていう話ですよ。甲乙つけがたい。

わんぱくでもいい。たくましく育ってほしい。
言葉だけなら同じ夢を見ていたはずの夫婦が、いざ実践してみると認識に差があり過ぎた。
育児書をカバに食わせるほど買い集める・新生児用品の全てを手作りする・等の奇行に走っているうちはまだ良かったが、お受験とかPTAとか部活の応援団とか地区野球の監督とか、子供の人生の全てに全力介入していく姿勢が妻の心に物議を醸した。
特に、息子の初彼女を氷に固めた件。

受験シーズンは切迫してきているというのに、相も変わらず好きな女へ誕生日プレゼントなどを渡しに行っているとは・・・
別にいいじゃないのよ1日くらい!何考えてるのあなたは!!

大ゲンカですよ。受験落ちるよ息子。気が散って。


ゴミの分別とか公共料金の支払い忘れとかにも厳しそう。子供に示しのつかない事すると叱られる。

ただ、カミュもカミュで抜けてるところがあって、私は彼を聖闘士一のズボラ美人だと思っているのですが、磨けば光る容姿を全然磨く気なさそうじゃないですか。
この人は、寒いところに住んでなければ躊躇なく頭を坊主に刈ってる気がしますよ。
今はシベリアだから伸ばしてるだけで、前の方は邪魔だから自分で切ってる。そんな感じがあの前髪からはします。

なので、そういうところは妻も面倒の見甲斐があるというか。
あなた、その深爪みたいな前髪はもうやめて、美容院を予約したからこれ(雑誌の切り抜き)持って行ってらっしゃいな。
カミュもそういうところで世話をされたのは素直に感謝してそうですし、子育てを一か八か夫に任せる覚悟さえできれば、上手くやっていけるのかなとは思いました。

きっと、誰よりも子供の為を思って誰よりも考えて行動した結果反抗期に入った子供から誰よりも嫌われて、誰よりも落ち込むんでしょうね・・・

それを想像すると、慰めてあげなければならない気はしました。

PR


黄金聖闘士な夫たち。駄目な方から3番目は、絶対に謝らない男・アフロディーテです。
このキャッチコピーだけで上手く行かなさそうすぎてもう。
「確かにゴミを出し忘れたのはこの私だが、後悔もしていないし詫びるつもりもない」
謝れェェェェ!!!

意志の強い聖闘士がたくさんいる中、この人からは意志っつーか我の強さを感じます。
その点なら十二宮トップじゃないでしょうか。下手すれば神々に匹敵しますよ。
瞬に何を言われても絶対歩み寄らない他の人のことなど考えずに薔薇を敷く。ぶっちゃけあの薔薇はサガにも迷惑だったんじゃないかと思うんですが、そんなことはどうでもいい。
誰も上に登らせないし、サガも下りてくるな。

そんな我の強さを踏まえると、この人だけは、自分が好きなら相手の気持などお構いなしに無理やり押し切って結婚してしまいそうな気がしました。
そして結婚された妻も、結婚した後に情が移るとかこの人に関しては無い気がしました。
謝るぐらいなら死ぬ男に情を移すの難しいだろう、普通。
口論になるたび、ああ私やっぱこの人と一緒にやってくの無理だわって思いそう。

あと、旅行とか行って一緒に写真撮っても、夫が美人過ぎて自分が全部ブスに見えるわけじゃないですか。辛いよ。

そんなわけで、アフロディーテ、この位置です。




黄金聖闘士な夫たち。
蟹がダントツ過ぎてワースト2位以下はダンゴ状態ですが、強いて順位をつけるなら次はこの人だと言う気がしました。サガ。

辛くないですか。夫が神の化身と崇められてる男って。
朝食に昨日の残り物出したら間違いなくインスタが炎上しますよ。
「食事の内容が夕飯と同じですよね?手抜きですか?」とか気の狂ったファンに粘着される。シャウエッセン出しただけで添加物でサガ様を殺す気かとか言われる。

何より、サガ本人にオーラがありすぎて、この人が居るだけで家庭に安らぎが生まれない。
13年間教皇として周囲を欺いてきた男は今さら「くつろぐ」ことなどできなかった。家の中でも屁のひとつもしない完璧さ。本人はそれが普通になっているからさほど苦でも無かったが、付き合わされる妻はたまったものではない。別に付き合う必要は無いんだけども。
しかし完璧なサガの前でこっちが屁をこけるかという話ですよ。

緊張を強いられる生活を続けるうちに、妻は夫が怖くなってきます。
なんだか・・・あの人の心の中にはとてつもない闇がある気が・・・
あら何で?は?完璧過ぎて怖い?何それ最高の旦那さんじゃない。うちなんて蟹よ?

誰にも理解してもらえず、妻は孤独を深めて行くのでした。

・・・やっぱり、笑える程度の欠点は欲しいですよね。人間。


結婚後、「うるせーな」が口癖になっていそうな蟹。
上手く行ってない。家庭上手く行ってないよ。ワイシャツにアイロンかけてもらってない感じがする・・・!

あと、これはデスマスクが悪いんじゃないですけど、妻の気持ち考えると、両隣の旦那様がサガとアイオリアって言うのが地味にきついわ。
なんでうちだけ蟹なのって絶対思うわ。

しかし、だからといってデスマスクが心を入れ替えてどっから見ても良い人になってもそれはそれで引く。
私と結婚したあなたはそんな人じゃなかったはずよ!
・・・妻は何がしたかったのか。
先日まで黄金聖闘士の不倫についてのネタを書いてましたが、そもそも妻が不倫に走ってしまうような彼らの結婚生活はどんなもんだったのかという疑問が出てきました。
妻は夫に対して一体なんの不満があったというのでしょうか。
考えれば考えるほど赤の他人の私でも心当たりがある気がしたので、ちょっとわかりやすい奴から考察していきたいと思います。
よって初回は蟹です。はい。


◆デスマスクの場合

間違いなくワースト。間違いなく。
善とか悪とかそういうのはどうでもいいんですよ、勢いで転職を繰り返しその全てが裏目に出るのが大問題なんですよ。転職を重ねた結果、明らかに待遇も顔も悪くなってるじゃないですか。妻は不倫がしたかったんじゃない。別れたかっただけだ。

EPISODE ZEROにおいて彼は「オレは利のあるところへつく、ただそれだけよ」と宣言してました。
それは「利のあるところ」を間違いなく押さえられる奴だけが言って良い台詞だと思うんですが、自分にその嗅覚があると信じて疑わず実際は無い男。そりゃ逃げるわカミサンも。

例えば普通の善良な女性が彼と結婚したとしましょう、地獄じゃないですか。
最初の転職で発生した借金返し終える前に、今度は地上から冥界に引っ越さなきゃいけないとかになるわけですよ。子供の教育環境まるで考えて無い夫に愛想を尽かすのも仕方ない。涙を飲んでなんとかついて行ったとしても、私は蟹よりラダマンティスの方が不器用ながら同情して家庭の面倒みてくれそうだと思います。
いけないってわかってても彼と不倫するしかないだろもう。

あるいは、蟹と同じ「利のあるところへつく」思考のすれた女がいて、彼と結婚したとしましょう。
でもこれ、思考がどんなに同じでも実際に利が生まれて無いんだから早晩ブチ切れますよ。むしろ善良な方より破局が早いかもしれん。こんなはずじゃなかった!あんたのせいであたしの人生滅茶苦茶よ!
他の男に走ったあげく、保険金殺人企てて蟹を亡きものにしようと動き出したりするんじゃないでしょうか。浮気相手、たぶんポセイドン。

以上、どんな女と結婚しても破局を迎えそうなデスマスクでした。悲しい。
変な意味ではなく、彼に最後までつきあってあげたアフロディーテは真の友だと思いました。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]