忍者ブログ
2007年1月8日設置
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7


市が好きなんですね!というコメントを複数いただきましたが、すまん、別に市が特別好きなわけではない。
なんかやろうとするとそこにハマりやすいキャラがいるんですよ。
メンズナックルやろうと思ったら市を出さなきゃ嘘だろう。あのモヒカンは美味しすぎる。

逆に、星矢は私がやりたいネタに全然嵌らないので滅多に出てきませんね・・・メンズナックル似合うと思えないしね・・・伊達ワルの雰囲気一つも無いもの。

また、上図はエロ企画時に星矢に壁ドンをやらせようと思って描いたものですが、壁と星矢の間に入る女がさっぱりイメージできずボツになったものです。
例えネタであっても、あまりにもやらなそうなことをやらせることはできないのだと思いました。


PR
エロ特集を開始して1カ月余り。女の子を描きたいだけ描きまくりましたが、さすがに飽きてきました。
そろそろエロから離れたい。今度は反動で、なんかむさくるしい野郎の世界が見たい。

そういえば、エロをやってる時にも星の子学園高等部をやってた時にもふと思ったことがあります。
聖衣のことです。

黄金聖衣ってやっぱり圧倒的に格好良いんですよね。黄金聖闘士はフル装備を描くだけで良い絵になる。雰囲気が出る。
一方、白銀聖闘士や青銅聖闘士は、聖衣を着ていると何かちょっと自然に見えないと言うか、違和感を覚えるんですよ。私服とか制服着てる方が格好良い気がしてしまう。
たぶん、面積少なくて全身タイツが見えるせいだと思うんですが。

なので私は考えたのですよ。

彼らはせっかく服が見えるのだから、全身タイツではなくもっとファッショナブルな物を着てみてはどうかと。その上に聖衣をつけることはできないかと。
黄金聖闘士にはできない世界を開拓できるかもしれないじゃないですか。


ということで、試しにメンズファッション誌から良さそうな服をピックアップし、着せてみました。
それがこちらです。















はまりすぎだろメンズナックル。
*メンズナックル=伊達ワル兄さん向けメンズファッション誌。

どこまでナックルでどっから聖衣だか見失いそうじゃないですか。ていうか描きながら実際見失った。服描かなきゃって思いながら大全開いたりした。なんのアレンジもなくただ足しただけなのにこんなに溶け込んで良いものなのか。
もうあの雑誌は伊達ワルを探すフリしながら聖闘士探してるんじゃないですかね。そう言えばライトニングボルトで女神を打ち砕くとかいうわかってそうで間違ってるキャッチコピーもあったわ。

やっぱりね、下に着る服が違うと全然印象変わりますよ。そりゃそうだ。
他の奴にも着せてみよう。まだ似合いそうな服いっぱいある(確信)。


アルベリッヒ×ヒルダ。絶対無いけど描いたら描いたで雰囲気がジークフリートの時より上じゃね?
白ヒルダです。でも下着は旦那の趣味で黒です。
つーかどういう経緯でお前らこうなったよ。

ヒルダ「・・・私のこと、好きですか?」
アルベ「ちっとも」
ヒルダ「ではなぜ、結婚を申しこんでくれたのですか?」
アルベ「さあ。気の迷いです。あなたこそ、なぜ俺の求婚を受けたんですか」
ヒルダ「きっと、私も気の迷いです」
アルベ「賭けましょうか。どちらが先に後悔するか」
ヒルダ「あなたはどちらだと・・・?」
アルベ「・・・さあな。あんたを抱いてから考える」

とかなんかもう、全く臆せず手を出せそうですねアルベリッヒは。
ヒルダも気を遣わなくてラクそうだし、お互い暴走さえしなければ良い夫婦になるのかもしれん。
そもそもアルベリッヒはどんな女にも心持ってかれたりしなさそうなんで、いっそ彼が一番欲しい「権力」とセットの女性をもらった方が家庭生活上手く行くんでしょうね。愛が無くても末永く大事にしますよ。役に立つ妻であれば。

相性というのは色んな形があるもんだ。


フレアによるヒルダの下着チェック。きっとお姉様は可も無く不可も無い下着をつけていらっしゃる気がした。案の定だった。

フレア「お姉様!酷いわ、なんでこんなに一面ベージュな下着入れなの・・・!」
ヒルダ「え・・・?な、何か私、変かしら?」
フレア「いくらなんでもジークフリートが可哀想だわ。ちょっと待ってて頂戴!」

嘆き叫んで、フレアは自分の倉庫から可愛いのを山ほど持ってきました。

フレア「お姉様、これはまだ使ってないから!ほら、立って!脱いで!」
ヒルダ「ちょ、ちょっとフレア、落ち着きなさい。わ、私はこんな・・・」
フレア「いいから!」

ごり押しで無理やり着させられるヒルダ。
あれこれとっかえひっかえされます。

フレア「やっぱり始めはこの辺ね!お姉様、今夜はこれで勝負よ!
ヒルダ「・・・フレア。こんなに贅沢な下着、私たちがつけていいものでは」
フレア「今はこのくらい普通よ。Amazonで売ってる範囲だわ
ヒルダ「でもね、フレア。私たちの使うお金は国民から納められたもので・・・」
フレア「世継ぎが誕生すりゃ何だって許されるわ!」
ヒルダ「フレア・・・」
フレア「じゃ、お姉様はいいの?ジークフリートにいつまでも女神様扱いされていて?結婚してまで高嶺の花なんて嫌でしょう?もっと一人の女性として見て欲しいでしょう?」
ヒルダ「そ・・・れは・・・」
フレア「可愛くしたっていいじゃない!頑張って、お姉様」
ヒルダ「・・・・・はい」

ヒルダが真っ赤になって頷く、そんな姉妹関係もいいと思った。

で、その夜。

フレア「・・・というわけでね、ハーゲン、今日のお姉様の下着は私と色違いのお揃いなの!私のはピンクでお姉様のは水色なのよ。可愛いでしょう?ジークフリートも喜ぶと思わない?ね?」
ハーゲン「・・・ええ、たぶん喜ぶとは思いますが、俺がその情報持ってしまったのは絶対喜ばないと思います。駄目ですよフレア様、他の男にそれは言ってはいけない
フレア「いけなかった?そうなの?そう・・・じゃあ、ごめんなさいハーゲン。今の忘れて

無理だろ。

と思ったハーゲンでしたが、色々な人のために最大限善処することにして、「はい」と答えておきました。
・・・なんかこの二人のピロートーク、とんでもないヒルダ情報がダダ漏れてそうだなあ。





ハーゲン×フレアの結婚初夜。女の子の責めはきっとこうするべきだった。

こっちはこっちでやっぱり心の準備ができていない夫。いつまでも窓の外眺めて月が綺麗ですねとか言ってる。
その気を見せないと駄目なのかしらとフレアが思い切って脱いでみるも、ますます顔を背けてこちらを向かなくなるばかり。せっかく可愛い下着なのに。ハーゲンに可愛いって言って欲しいのに。
ついに新妻は切れました。

フレア「ハーゲン!ずるいわ、あなたも脱いで!」
ハーゲン「!?ちょ、フレア様!?いけません、いけませんて!」
フレア「何がいけないの!?私のことが嫌いなの?・・・もしかして、あの世でいい人できたんじゃ・・・!」
ハーゲン「あり得ません!!それだけは神に誓って絶対無いです!!」
フレア「ならこの下着が嫌なの?可愛いと思ったのに・・・
ハーゲン「いやめちゃくちゃ可愛いですよ!」
フレア「だったらどうして何もしないの!?」
ハーゲン「し、していいんですかっ?」
フレア「いいに決まってるでしょ!夫婦なのよ!?

下手に手を出したらドン引きされるんじゃないかという恐怖に慄いていたハーゲン。フレアから逆方向の怒りをぶつけられて目を覚まします。
そうか、して良かったのか。ならどこまでもしますよ俺は。地獄の底から生き返って来て本当に良かった。アスガルドよ永遠なれ。
心から生きる喜びをかみしめ、ようやくフレアの体に手を・・・というところで部屋の明るさに気づきます。

ハーゲン「あ、すみませんフレア様。今灯り消しま・・・」
フレア「いや!」
ハーゲン「・・・え?」
フレア「暗いのはいや!あなたがまたいなくなってしまいそうだから絶対いや!」
ハーゲン「フレア様・・・」
フレア「恥ずかしいのなんて我慢するわ。だから、このままして?ハーゲン
 
ハーゲン「・・・・・・


駄目だこの人、愛しすぎる。


ハーゲン「すみませんちょっと落ち着く時間下さい!」
フレア「なんで落ち着かなきゃいけないのよーっ!?」

だって今抱いたら俺あなたをどうするかわかりませんよフレア様・・・!
声に出せない叫びを抱えてうずくまるハーゲンと、その背中をぽかすか叩くフレアで。
アスガルドの夜は更けて行きます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]