忍者ブログ
2007年1月8日設置
[1]  [2


あなた達は一体何をしているのか!
同僚のテティス遊びに憤慨したソレントは、鬼畜どもから息の上がっているテティスを取り上げました。
ソレント「テティス。大丈夫だ、私は君に手出しはしない。あいつらとは違う!」
テティス「セイレーン様・・・!」
君のために音楽を奏でてあげよう、ゆっくり体を休めなさい。
・・・と、ここまでは良かった。ここまでは。

問題は、テティスが演奏の最中に寝た事だ。

テティス「・・・すぴー」
ソレント「!!・・・・(怒)」

休めと言いながら自分の曲で寝る事は許さない小難しい男ソレント。
テティスを叩き起こし、二度と眠れない音楽に曲目を変更しました。

テティス「!・・・セ、セイレーンさま、な、なんか、からだが・・・」
ソレント「体?ん?体がどうした?」
テティス「あつくて・・・その」
ソレント「あつい。それから?どこが熱いんだ?もしかして(放送禁止)か?それとも(放送禁止)か?(放送禁止)?(放送禁止)?おやおやテティス、お前はいけない子だな・・・」

やっぱりエロ使いじゃーか。
この人も結局海闘士だった。いや海闘士って別にそういう人たちの集まりじゃないけど。
デッドエロシンフォーニーエロエロにされていくテティスを見て、まだ自分の音楽はイけると自信を取り戻すわけですよ。いやイけるって別にそういう意味じゃないけど。

ソレント「安心しなさい。私は君に手出しはしない。あいつらとは違う」

あんたが一番畜生説。
焦らされ状態のまま、ますます消耗していくテティスです。

PR
サイトトップにアンソロ告知。ブログだったら更新したら流れるんだよそうだよ。。。
パラ銀に行けるだろうか。行きたいなあ。


&Web拍手絵一枚追加。

今回はあっさり風味です。
前回のシャカで色々懲りた。

可愛い系の顔にもいける人だけど、一度こういう感じで描いてみたかったのです。

拍手、コメント、御読み下さった方々、ありがとうございます。
いつも励まされておりますが、今回はひとしおに嬉しい・・・嬉しいです(涙)。
読み返してみて、今はこれが精一杯、という感じです。もっともっと精進していかねばならんですね。

文中に書く機会は無かったのですが、原作にてアイオリアがカシオスの亡骸を自分のマントで包んでやったのは、死者に対する礼儀だけでなく、聖衣を着ることができなかった彼のためにせめて、という気持もあったのではないかと思っています。
聖闘士星矢の凄さは、ある一点から掘り下げていったその先が再び原作に繋がるところですよね。
京の距離を超えて飛んだつもりが御大の掌の上で踊らされていました、みたいなね。
つくづく傑作です聖闘士星矢。本当に。


そして。
この一カ月、ひたすらアイオリア語りを繰り広げていた理由がおわかりいただけたのではないかと!思います!
カシオスに全力注がなきゃいけないのにアイオリアがいい男過ぎてそっちに煩悩がヒートアップ、どっかで排熱しなけりゃ脇の出張りすぎでカシオス話として書き進められん、よってブログに全部書く!!ということでした、だから!!だから!!!!
浮気じゃない!!!!
これは浮気じゃない!!!!!

お願いわかってデスマスク!これ創作活動の一環だから!浮気じゃないから!馬鹿言ってんじゃないわあなたのことだけは一日たりとも忘れたことなど無かった私ですから!!!!!!


・・・・以上です。ぜぇ。
殿堂に、「星と土と」をUPしました。


主演:カシオス


多少ギャグは入れていますが基本的にドシリアスです。注意。
サイト更新。
ラクガキ写真館にBLACKLAGOONパロディの3P漫画をUPしました。

たった3P描くだけで右手が死んだ。。。
漫画家さんて凄いですね。。。。。。。

あと、圧縮するとどうしても文字がぼける。ご了承下さい。
[1]  [2

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]