忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
無双8では金30000で隠れ処を買うことができます。
隠れ処からは手紙を出して、他キャラクターを招く事ができます。
招かれたキャラクターがやってくると会話をし、新密度が上がります。

・・・という、システムなんだがな・・・?

夏侯惇で初めて隠れ処を購入した時、なんたって夏侯惇ですから、まずは孟徳に手紙でも書くかと思ったわけです。夏侯元譲、孟徳からまで隠れることはしない。
で、机に向かって手紙を書いて・・・
振り向いたら戸口に孟徳が立ってた。

早ぇよ。

さすがの夏侯惇もびびったわ。どう考えても手紙に対する反応ってレベルじゃないわ、LINEの返信より早いわ来るのが。

曹操「帰ったか。たまたま近くまで来たので待っておったのよ」

そ、そうなの?手紙と入れ違いになった?タイミング良すぎたのは偶然だったってこと?
それならまあ、おかしくは・・・・

・・・・

・・・いやおかしいだろ孟徳。お前なぜこの場所を知っている。俺は戦場で隠れ処の話なんぞしたか・・・?
つうかこの場所さっき買ったばかりだぞ。
お前・・・どうして・・・

困惑しながらも曹操と会話し友情を深めた夏侯惇。
酒の進むうちに、まあ俺と孟徳なら以心伝心という事もあるかと、きっと無理矢理納得したのでしょう。


しかし隠れ処の怪異はこれだけでは終わらなかったのです。



夏侯惇は黙々と稼ぎ、許昌の近くに2件目の隠れ処を購入しました。
そこで思いついて、古い方の洛陽の隠れ処から郭嘉に手紙を出しました。最近孟徳の周りで目立ってるあのチャラい男に呼び出し・・・もとい、孟徳の道を切り開くため、何考えているかよくわからない軍師という輩とも交流しておこうと考えたのでしょう。つうか私が郭嘉と仲良くなりたかっただけなんだが。

手紙を出して、振り向けば郭嘉。
ここまではOK。心の準備はできていた。たぶん孟徳が酒の席でこの場所を漏らしたんだろう。だからお前は知っていたんだそういうことにしておこう。

で、会話をして新密度を上げてから、夏侯惇は許昌の隠れ処に移動。マップで瞬間移動できるので便利です。
ここからまた手紙を出せば、郭嘉との新密度が簡単に上がるはず。えーと机はどこかな・・・

と探しながら何げなく振り向いたその先に、微笑みながら戸口から入ってくる郭嘉の姿が。


怖ぇー!!!!


なぜ!?どうして!?この隠れ処は孟徳も知らないはず!!
つうかさっきの今でお前どうやってここに・・・!

郭嘉「よろしいですか?」

よろしくねえよ!!
今回フルボイスじゃないせいで文字と音声が全く違って不気味な時があるよ!
この状況で「お帰りをお待ちしてました」とか文字で言ってる、それだけでも怖いのに、音声が「よろしいですか?」って迫ってくるのガチ怖いわ!

夏侯惇は震えながら郭嘉と会話をしました。
そして、再び洛陽の隠れ処に逃げました。
ちょっと無理だ。あの男と一晩語り明かすのは不気味すぎる。孟徳すまん、俺はやはり軍師とはやっていけない・・・

ひいいいい!!!窓の外に郭嘉が近づいて来てる!
また来たー!!

郭嘉「待っていたよ。これと言って理由は無いのだけれど・・・気の置けない友を訪ねるのに理由は不要だろう?」

もうこれストーカーだろ。だんだん馴れ馴れしくなっていく口調が逆に偏執性を際立たせている。
新密度上げに便利な仕様になっているのは嬉しいよ。でも状況をリアルに想像すればするほど怖いのはなぜかな。

・・・
・・・夏侯惇は郭嘉ととても仲良くなりました。ストーカーされるほどに。
こういう仕様上の穴がとてつもなくコーエーらしいなあと思いますね・・・
PR


今作の新キャラ人気の筆頭はこの人じゃなきゃ嘘だろう、荀攸さん。
ボサボサの髪、ボソボソの髭、その風貌からリリース前は「汚い徐庶」と呼ぶ人もいたという。徐庶も大概汚い面してるのに酷過ぎないかオイ。
まあ私も正直、この人も臭いがきついんじゃあないかっていう心配はしましたけれどね。いざ登場してみれば曹操は荀攸荀攸ふつうに懐いて行ってるんで、やっぱり臭いのは徐庶だけですよ。臭いって言っちゃったよ。

満寵に対して「曹操殿に会いに行くなら身だしなみを少し気にした方がいいのでは」って言った時はさすがにお前が言うなと思ったけど・・・

良くみれば確かに荀攸、服はきっちり綺麗に品よく着ている。が、満寵の着崩しよりお前の首から上のが目立って問題あるだろ絶対・・・

そんなモッサイ頭部と、小柄な曹操と比べてもまだ低い身長、聞かれるまで余計な事は言わない無口な性格。ぱっとしない要素を詰め合わせたこの小男が曹魏の軍師筆頭。
ぼろい財布にブラックカード詰めてギャップ萌えを炸裂させるコーエーの罠ですよ。私はまんまとかかりましたよ。
ていうかそもそもこの顔とても好きなんですよ。美形じゃないけど気負いが無くて格好良いし、妙に可愛い。心惹かれまくる。このまま惹きつけて離さないで法正に居座られ続けている私の本命の座をマジで何とかして欲しい。

もうあんな二人がかりで奇襲してくるヤクザに惚れてるのはいやなんです!本当は郭嘉が座るはずだった椅子をあいつが分捕ってるんです!ふつうの男が好きになりたいんです!
頼みます荀攸さん!


今作の新キャラ人気の筆頭はこの人じゃなきゃ嘘だろう、荀攸さん。
ボサボサの髪、ボソボソの髭、その風貌からリリース前は「汚い徐庶」と呼ぶ人もいたという。徐庶も大概汚い面してるのに酷過ぎないかオイ。
まあ私も正直、この人も臭いがきついんじゃあないかっていう心配はしましたけれどね。いざ登場してみれば曹操は荀攸荀攸ふつうに懐いて行ってるんで、やっぱり臭いのは徐庶だけですよ。臭いって言っちゃったよ。

満寵に対して「曹操殿に会いに行くなら身だしなみを少し気にした方がいいのでは」って言った時はさすがにお前が言うなと思ったけど・・・

良くみれば確かに荀攸、服はきっちり綺麗に品よく着ている。が、満寵の着崩しよりお前の首から上のが目立って問題あるだろ絶対・・・

そんなモッサイ頭部と、小柄な曹操と比べてもまだ低い身長、聞かれるまで余計な事は言わない無口な性格。ぱっとしない要素を詰め合わせたこの小男が曹魏の軍師筆頭。
ぼろい財布にブラックカード詰めてギャップ萌えを炸裂させるコーエーの罠ですよ。私はまんまとかかりましたよ。
ていうかそもそもこの顔とても好きなんですよ。美形じゃないけど気負いが無くて格好良いし、妙に可愛い。心惹かれまくる。このまま惹きつけて離さないで法正に居座られ続けている私の本命の座をマジで何とかして欲しい。

もうあんな二人がかりで奇襲してくるヤクザに惚れてるのはいやなんです!本当は郭嘉が座るはずだった椅子をあいつが分捕ってるんです!ふつうの男が好きになりたいんです!
頼みます荀攸さん!
・・・下邳の戦いなんですけどね。
水門を二つ壊すんですよね。
一つ目、郭嘉担当の方にまず駆けつけたら、呂布軍から張遼が気づいて防衛に来たんです。

格好良いんですよ張遼。ここまでちょいちょい敵として出て来てるんですが。
虎牢関にもいましてね、「ここを死地と心得よ!!」って兵士に檄を飛ばしているのが本当格好良い。ゲームまだ序盤なのに彼だけクライマックス感。当時は董卓軍だからね。確かに向こうはクライマックスよね。
あの時・・・「呂布を倒せ」ってミッションが出て、虎牢関の呂布はスルーするのが無双の鉄則なのに!?本当に倒していいの!?倒せるの!?本当に!?って焦ってたら、やっぱり張遼だけ倒せば良いという罠だった。危なかった。

そんな張遼を惚れぼれしながら撃破しまして、お見事!って言われて、彼を捕虜にして。
で、もう二つ目の荀攸担当の水門に向かったんです。

そしたらそこに張虎が居てね・・・
「我は張文遠が子、張虎なり!」って堂々名乗りを上げていて・・・

なんか、ショックを受けましたよね。失恋的な意味で。
歴史上の人物に子供いて傷心する馬鹿、見参。

張虎の存在はもとから知ってますけどね!無双6にも出てたしね!
でもなんでだかわからないけど張遼の家庭が見えると地味に傷つく!
今はモブ的NPCだからまだいいけど、万が一無双武将として正式参戦したら泣いてしまうかもしれない。失恋的な意味で。

人生において最も嫉妬を感じた人、張遼の妻かもしれません・・・私・・・

最初は無双らしさを今ひとつ感じなかった三国無双8ですが、虎牢関辺りから無双感が出て来まして、下邳までくるとシステムに慣れてきたのもあってかなり無双でした。

無双7の三竦みシステム大好きでしたが、今作のアクションも良いですね~!何がいいって、ある程度斬ったら一撃必殺を叩きこめるのがいい!上手く決まった時は超嬉しい!
攻撃操作がボタン全部分あって、チュートリアルでなんだか難しそうだと思ったんですが、ついてこれない奴は□ボタン連打してろそれなりに格好良く動くからみたいなアホにも優しいシステムにしてくれていたので楽しく連撃を叩けております。ありがとうコーエー。離れたところから一瞬で間合いを詰める夏侯惇が格好良すぎて鼻血が尽きないです。

消化不良な部分は確かに多いけど、次回作では改善されるに違いない。傑作4・7を作った開発陣だもの、10では絶対超傑作を叩き出す。
例えば今回キャラの台詞が少なくてそのために人間関係が希薄に感じるのが何より残念、しかしこれは若干広すぎるオープンワールドとアクションの開発に予算を使い果たして声に回せなかったからだと勝手に思っている。10では全キャラ固有モーション・フルボイス・隠し会話三昧になるんだ。きっとそうだ。

荀攸さんともっと絡みたいです。
今回参戦キャラで一番好きな気がする。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]