忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
十二宮編に見る聖域の危機管理対応。第2回は獅子宮から天秤宮までを考えていきたいと思います。

■獅子宮:アイオリア
「日本でアテナに忠誠を誓ったはずじゃなかったのか!?」という被害者サイドの質問に対し、「オレはこの獅子宮を守る獅子座のアイオリア。ただそれだけだ」シラを切るアイオリア。
一見悪手に見えますが、「言ってません」と答えるよりははるかにマシです。
問題を、言った・言わないの水掛け論にすることだけは絶対に避けましょう。
過去に言った言葉は無かった事にはできません。たとえ本当に言っていないとしても「無かった」という証拠を出すことは非常に難しいのでどのみち不利です。
記憶にございませんという態度は、無責任の批判は避けられないものの、嘘つきだと思われるよりかは良いのです
「確かに言ったがこんなことになるとは思わなかった。申し訳ない」など、いったん相手の主張を認めてからしかし今になって己の浅はかさに気づいたので先の言動は再考させて欲しいという形を取るのも、相手にあきらめさせる手段としては有効です。

ただ、そもそも大前提として、精神的に不安定な人間を危機管理対応にあたらせるのはいただけません。ストレス度の高い仕事です。何をきっかけに暴走するかわかりません。
洗脳を完璧に施せていたとしても、一目で異常がある事がバレると逆に物議を醸します。アイオリアしかり、ワタミのバイトしかり。
この点が考慮されていなかったことは、聖域の危機管理体制の大きな問題かと思われます。


■処女宮:シャカ
1プレー目から潰しに来た被害者サイドを返り討ちにしてしまいました。いけません。リスクの高い行為です。
先に手を出したのは確かに被害者サイドですが、彼らは試合の直前アイオリアから「絶対にシャカの目をひらかせるな!」という指示を受けていました。アイオリアは思いっきりやってほしかっただけだったとしても、星矢達はこれまでに殴られたり蹴られたり氷河をスタメンから外されたりと言った圧迫を受けていたわけです。追い詰められた精神状態で指示を聞き、「会った瞬間シャカを殺れ」という意味だと誤認したとしてもそれは仕方が無かったでしょう。
このように、元をたどれば加害者サイドが原因だったという事実が後になって発覚すると、世間はそれまで被害者を叩いていた後ろめたさもあいまって、何倍にもして加害者に報復しようとします。
経緯がはっきりしない事象について安易に被害者サイドを反撃することはやめておきましょう。
また、自分の反撃だけが記録に残っていると正当防衛の主張が難しくなりますので、録音・録画装置は24時間起動しておけるものを設置しましょう。
暗黒聖闘士を退治に行ったりアイオリアを止めたりと、日頃から危機管理対応を行ってきたシャカですが、十二宮編ではいささか後手に回ったかの感がありました。
処女宮の戦いは、若年者との争いを徒に長引かせるとPTAが出てくるという良い例でもあります。愛する者を守りたい彼らは一度出てくると勝つまで退きません。PTAが公に登場する前に、当事者間で事を治めるよう心がけましょう。

■天秤宮:カミュ
「この程度の拳ではこの先通用しない。必ず殺される!」「ならばいっそのこと師である私が引導をわたしてやる!」
仮定の話で極端な行動に走るのは控えましょう。まだ序盤です。後になって見込みが違った場合に信用を落とします。
また、「この無人の宮で永遠に・・・」などと中途半端に問題を保留するのもあまりよくありません。その保留を被害者サイドに見える形でその場に置きっぱなしにするのもいかがなものか。
愛弟子の為に少し焦ってしまったのでしょうが、危機管理に焦りは禁物。もう少しクールな対応を心がけても良かったのかもしれません。

■天秤宮:老師
五老峰に入院して対決を避けるという王道の一手を使ってきました。なまじ若い人間がこれをやると一層の批判を浴びることになりかねませんが、261歳という高齢と、仮に彼が天秤宮に登場した場合「最年長者のくせに今まで何をやっていたんだ」というバッシングを招くことが容易に予測できるため、今回に限ってはこの手段は最善手だったと考えられます。
さらに、保留されている氷河を目の当たりにして案の定逆上する被害者サイドへ向け、すぐに使える道具を自ら提供したこともポイントが高いです。味方の失敗をカバーしつつ、相手の怒りを和らげる事ができました。あくまで道具の提供だけで氷河を救い出すことまではしておらず、最も難しい作業は相手に委ねることで巧みに責任を回避しています。実にしたたかです。
巨蟹宮・獅子宮・処女宮と逆立つ一方だった被害者側の感情を、ここでいったん落ち着かせることに成功したのではないでしょうか。
伊達に261年生きてません。老師の面目躍如と言えるでしょう。


各宮で少しずつ対応ミスが目立ってきました。事態が紛糾すると、組織が一丸となって対処することも段々難しくなってくるものです。
果たしてこの先の面々はどのように対応するのか。
聖域の危機管理対応3へ続きます。

PR


司会者デスマスク。何度も同じ生き返り方してくる紫龍に切れる。
しつこいんですよあなたさっきから!

蟹「もうこれで戦闘を終わりにします!」
紫龍「そういう態度であなたは穴に落ちるんですよ!」
「落ちません!!」

落ちたよ。

魚「彼は自分が穴の縁では無く既に穴の底に落ちていると気づいていなかったと思う」

あんたが言うなよ。

人は、蟹の敗戦から学ぶべき事が実はいっぱいあるのかもしれません・・・

聖域の危機管理対応について、十二宮編を振り返って考えてみたいと思います。

■白羊宮:ムウ
アテナの命を助けたい被害者サイドアテナに死んでほしい加害者サイド。完全に間に立たされたムウですが、この時点での対応はベストと言えましょう。
被害者サイドがまだ加害者の真の姿を知らず、事態をいまいち把握できていない事を見越し、また自身には既に彼らからの信頼があるため、あえて最初から強い態度に出る事で会話の主導権を握りました。
さらに「聖衣を直す」という相手側にもメリットがある案を示すことで自分の得意分野に問題を引きこみ結果的に1時間の足止めに成功。
聖域のブランドを落とすことなく、自分の信頼に至ってはむしろ上げたぐらいでしたたかにノルマを達成しました。
聖域の顔と言える第一の宮にこんな優秀な人材を配置できる。聖域の危機管理能力の高さを伺わせます。

■金牛宮:アルデバラン
彼の優れたところは、自分からは攻撃しないというところを最初からポーズによってわかり易く示した点です。彼としてはセキュリティ上、相手を跳ね返すという行動を取らざるを得ないわけですが、積極的に戦う意思を示さなければ、見る人は少なくとも彼を悪人だとは思いません。
「被害者サイドからの過剰な攻撃によりやむを得ず反撃せざるを得なかった」という流れを作りあげたことは高く評価されるべきでしょう。自分が正義の人であると先手を取って打ち出した結果、被害者側の話を聞こうともしていないという本質的な問題が上手く隠れました。
また、相手から「角を折ってやる」という脅迫的文言を引き出した事、それに動じず逆に利用して「角を折ったら負けを認めてやる」実は聖域にとってどうでもいい条件を提示した事も特筆に値します。言った通り実行したことで、被害者サイドに根拠のない満足感を与え、自分を有言実行の良い人であると印象付けて聖域と黄金聖闘士のブランドを守る事に成功しました。
第二の宮として申し分のない危機管理対応であったと考えます。

■双児宮:教皇による遠隔操作
双子座の迷宮を作り出して言質を与えないままのらりくらりと時間を稼ぎ、最終的には異次元に飛ばして被害者勢力の存在自体を無に帰そうという極道か政治界だけが用いるタイプの危機管理対応を披露。自らは直接手を下しに行ってない事も含めてさすが教皇、色んな意味でレベルが違います。早い段階で無かった事にするというのは、実現できれば最強の危機管理ではありましょう。
しかし問題は、失敗したらダメージの跳ね返りが大きいと言うこと。
十二宮編ではものの見事に失敗したため、せっかく今まで落さずに保持されてきた聖域のブランドに疑いをもたれ、信頼を損なってしまいました。この程度で済んだのはむしろ幸運でした。
相手側にどんな能力者がいるのかよくよく調査する、外部からハッキングされるような通信インフラを使わないなど、事前にきちんとリスクマネジメントして必ず成功するという見込みが無い限り、使うべきではない手段だったと言えるでしょう。

■巨蟹宮:デスマスク
言いたかないが最悪です。危機管理を何だと思っているのか。
前任宮が失敗をして聖域の信頼を損なったのであれば、後任宮は少しでもそれを回復すべく、建前だけでも誠実な対応を心がけるべきです。
ところが彼は誠実どころかわざわざ死顔を見せつけ、「全て今までこのオレが殺したやつらよ」相手を挑発。「よくみるとおさない子供たちの顔もいっぱいまじってる」という指摘に対しても「しらんな。まあ敵をおいつめる際にまきぞえになったガキが結構いたかもしれんが」否定から入る居直りを決め込みました。
これは絶対にやってはいけない事です。危機管理において、子供と金と食い物の話は特に慎重に扱わなければなりません。そもそもここで相手を挑発する必要性が全くありません。
むしろ神妙に頭を下げ、「自分の未熟な腕では子供たちを避けきることができませんでした。謝って済む事ではございませんが、心からお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした」と己の非を認め、一言詫びるべきだったでしょう。これだけで心象もキャラも全然違うものになったはずです。
さらに彼は、展開が自分に有利に運んでいるというのに、カンに触るという理由だけで被害者サイドの身内を滝壺に落としました。言語道断です。そんなことをする必要性がやはり全くありません。感情に任せた行動は厳に慎むべきでした。
こうした余計な挑発を繰り返した結果、彼は相手を激怒させ、亡者達にも怒りを拡散させてしまいます。聖闘士内の問題だったものを、不特定多数を巻き込む大騒動に発展させてしまったのです。
ここで平身低頭謝罪すればまだ何とかなったのかもしれませんが、彼はその後も亡者達に対して強硬姿勢を貫く愚を犯し、結局、資格剥奪処分という前代未聞の重い罰を受ける事になってしまいました。

デスマスクの失態によって聖域のブランドは地に落ちました。
被害者サイドの怒りはゆるぎないものとなり、どちらが正義でどちらが悪かという対外的イメージまで固まってしまったのです。

危機管理においては、それまでどんなに優れた対応を積み重ねていようと、1度の失敗で取り返しのつかないダメージを受ける事があります。
そのことを、本事例はよく表しているといえるでしょう。

(~聖域の危機管理対応2へ続く)
聖闘士の謝罪と言えば、皆様まず真っ先に双子兄弟のアレを思い浮かべられるようです。

しかし、私が思うに聖闘士星矢のベスト謝罪はこれです。


アイオリアからアテナへの謝罪。
星矢を葬りに来てアテナに諭されて真実を知った時のアレですね。


謝罪の成功度はいかに早くいかに罰を最小限に抑えて赦してもらえるかにかかっているので、たぶん死ぬことになったらそれは失敗です。
その点、アイオリアはほとんど処罰無しで赦してもらってますので、謝罪としては最高の結果を得たと言えるでしょう。

彼の謝罪の良かった点を見てみましょう。


1、騒動のごく初期の段階ですみやかに非を認め、謝っている。
2、跪き、身を低くして相手を立てている。
3、「この罪は一命にかえてお詫びいたします」と相手の想定以上の罰を自ら速やかに提示し誠意を示している。
4、真実を知らなかったという酌量すべき事情を被害者が受け入れている。
5、正装で見た目の信用度を上げている。
6、被害者側には謝罪を受け入れざるをえない特殊な事情がある。(女神のイメージの保持等)

こうしたところの要素があり、彼の謝罪は高次元の成功を見たと思われます。
また、彼はこの直前にも、シャイナへの過失傷害により星矢を激怒させていますが、

1、被害関係者の怒り(拳)を全面(顔面)的に受け入れる。
2、自らの落ち度を認め、釈明をしない。
3、被害者の回復に向けて全責任を負う事を、求められる前に自ら明言する。

といった対応により、死んでも赦さないというところまできていた相手の感情を鎮火させています。「これで少しは気が済んだか」「ゆるせ」といった独断的な台詞はリスクが高いので普通の人は真似しない方が懸命ですが、ともあれ結果は見事な物です。
謝罪後には、被害者の方を向く時は眼を閉じて顔を見ないようにする、シリウス達が来た時にも彼女の顔を見せないよう配慮した体勢を取る、といった行動で誠意を示しており、これらの細かい配慮も信用回復への手助けとなったのでしょう。

要するに、素直な奴は謝罪も上手い。ということだと思います。
脳筋でもいいんですよ。まず大事なのは心ですよ。それが謝罪の初速を決める。

日頃から心のありかをどこに置いて生きているかというのが、いざというとき非常に重要なんだと思いました。
聖闘士星矢はやっぱり深い。
聖闘士はまともに謝罪できるのだろうか。
そしてまともに司会はできるのだろうか。

・・・

謝罪はともかく司会はやばい。そんな気がする。


ちなみに聖闘士星矢において初めて謝罪が発生したのは1巻148ページ(文庫版)。
発言者は学園の天使・美穂ちゃん。

星矢「ほんとうにオレのねえさんがどこにいったか知らないか(中略)おしえてくれ美穂ちゃん!!」
美穂「ご…ごめんなさいなんの手助けにもならなくて…わたし…」


涙の謝罪。何も悪くないのに。
それに対し星矢が「オレのほうこそゴメン…」と言ったのが聖闘士初の謝罪でした。


・・・やっぱ謝罪もやばそうですね・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]