忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8



シティーハンター史上、たぶん最も冴羽獠を追い詰めた男はこの人だったと思う。
ブス専の浦上。
話の中心は彼の娘であり、彼自身はただただ普通に毎日過ごしていただけだったが、作中最も香りを攫っていきかけた人だったため、獠の動揺がハンパなかった。
犯人取逃がしたりレーザー破壊しそびれたり、らしくないミスを連発し、挙句の果てに盲腸にまでかかる始末。あの盲腸絶対、お母さんが仕事に行くと思ったら熱出す子供と同じ原理で発病しただろ。

プロポーズ(誤報)前日の香の「あたし、明日、どうしよう・・・」に何も言えないでかっぴらいてる獠の右目が可愛すぎて辛い。
受ければ良いじゃんなどと軽口をたたく余裕、無し。
勝手にしろと突き放す自信も無し。
でも行くなと言える男では無し!
あとはもう一生懸命見つめるしかないみたいなあの眼が、ずるいけどアホで可愛くて死ぬほど男らしい。

結局誤解だったとわかった後、退院しながら香にクソ重い荷物持たせるのもよいですよね。もう誰にも攫われたく無かったんでしょうね。バカめ。

そして話の最後に、あらゆる意味で全く何もしなかったブス専の浦上が、娘を守ってくれたお礼を獠に言うわけですが。

浦上「そういえば冴羽さんとまともに話すのはこれが初めてじゃないですか?いつも避けられていたような気がしてましたが?」

天然って最強だな。
言えるか普通、初めてまともに話す人にこんな事。

この話大好きだけど、読み直すたびにブス専浦上の凄さを思い知る。
テレビ局のプロデューサーらしいぞ、どんな番組作ってんだこの人が・・・
PR


童虎、それハードボイルドやない。昔のヤンキー漫画や。

245年間留年中。そりゃグレもするわ。


ええ、ちょっと今日初めてこのブログ来た方がいらっしゃったときのために、一応説明しておきますね。

今このサイトは、シティーハンターに端を発した牛祭中です。
一昨日あたりから唐突に始まって、いつ終わるかは私にもわからない。
明日にも終わるかもしれない。当分続くかもしれない。

描いてる間にシティーハンターの「FOREVER IN MY HEART」を流しまくってて、その中の歌詞「Forever you will stay」を私が長い事「Forever USA」だと思っていたせいで、牛がやや合衆国テイストになっていますが、気にしないで下さい。
本当の歌詞を知ってももうUSAにしか聞こえねえよ。

ていうか、この歌もっと評価されるべきじゃないですか!?これ昭和の大ヒットに入ってても何の違和感も無いですよ。今出しても絶対売れると思うんだけども!

シティーハンターはほんま名曲揃いや・・・




・・・・


アルデバランはガチのハンサムだと全力で推していく会発足。


やべーよ。摩天楼の匂いがするよこの人。



『OX and Gunsmith』連載スタート!!

~あらすじ~
恵まれた巨体を持ちながら気が優しくて敵に当てられないシークレットサービス・アルデバランと、凄腕・キレ者・根性悪と三拍子揃ったガンスミス・ムウが織りなすハードボイルドコメディ。

バラン「・・・来週から大統領の外遊に同行することになったんだが」
ムウ「トランプの?要らないでしょう、あの口の減らないに護衛とか
バラン「おいぃぃぃぃ!;」

近日公開第一話「OX meets Gunsmith」、乞うご期待!



・・・冗談です。
冗談ですが・・・・
アルデバラン、職場でOX(去勢された牛)って渾名つけられたんだなあって・・・涙が・・・

ていうか、絶対似合うと思ったけどアルデバラン、タキシードくっそ似合いますね。
もしかしてこの人、出る漫画間違えただけでめちゃくちゃ格好良い人なんじゃ・・・?
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]