忍者ブログ
2007年1月8日設置
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9


今日はエロパワーが出ない為、穴埋めの蟹。
なんでせっかくのエロ企画にお前は入ってこれないんだろうねと心の中で問いかけたら、聖域の女で抜くぐらいなら街行って買うわって最低な返事が来た気がした。
貴様・・・人が必死に聖闘士女子の魅力を伝えんとしている時に・・・

疲れてます。
PR


スク水もといアンダーにされたところでイオによるおっぱい開発。
17歳にして下半身が六体の獣な男ですから。サークルチェーンを軽々と破った要領でスク水にも軽々と侵入。揉んだり噛んだり吸ったり締めたり、そりゃあもうあれですよ。
テティス的にもこんなの初めて。魚におっぱいないしな。
待って待ってとお願いしても全然聞いてもらえない。とうとういや!と言いました。

イオ「嫌?いいのか?ポセイドン様は胸の大きな女が好みだ。アテナに負けるぞ」
テティス「!!」
イオ「そうらもう一度くらえ
テティス「!!!」

とかいうのを前提にスキュラ編読み返したらイオの台詞が全部乳責め用に見えた。
やっぱりエロだ。エロ将軍だ。


Bカップは貧乳じゃない!!という女性からの絶対来ると思った抗議がやはり来ましたが、「貧乳 エロ漫画」でぐぐって出てくるのが大体推定Bカップだし、今やってるの男性向けエロだし、私もパイは円の定数だと思ってるので、円くない物は乳でもおっぱいでもなくただの胸か板として扱います。宜しく。


折り返し地点で、ちょっと今日は時間が無かったので、単品で。
シードラゴン様からいただいたアンダーウェアに疑問を感じ始めたテティス。
脱げたらこんな感じ。そう、こんな感じだと思った瞬間から私の中で彼女は貧乳に決まった。
ぺったんこまではいかないけれど、寄せて上げてBカップくらいで納めたい。

テティス「シードラゴン様。この服ちょっときついです」
カノン「きついくらいが丁度いい」
テティス「でも・・・」
カノン「似合っているぞ。ポセイドン様もお喜びになるだろう」
テティス「!そ、そうですか・・・」

なんで喜ぶのかよくわからないけれど、ジュリアン様が気に入るなら仕方ない。
我慢するテティスです。




テティスの顔を白い物で汚すアイザック。

違うんです。彼はただ、苦しそうなテティスが可哀想になっただけなんです。
息が荒くて熱っぽかったから、シベリア育ちの凍気でアイスをつくってあげたんです。
ただそれだけだったのに。

アイザック「大丈夫か?テティス。ほら、これでも食べて体を冷やせ」
テティス「クラーケンさま・・・ありがとうございます」
アイザック「・・・俺の事は名前で呼んでいい。別の生き物みたいに聞こえるから

甘くて冷たいお菓子にテティスは喜びました。
しかし食べるのはめっちゃ下手でした。
食べ終わる頃には手も顔も胸も白い液体でべとべとに・・・

通りすがりのカノン「!アイザック!とてもいいぞ!!
アイザック「違う!!そういうのじゃない!!俺はただ心配して・・・!」
テティス「アイザック様のアイス美味しいです!」
アイザック「黙ってろ!!」

意図せずバナナの上位互換みたいなことをしてしまったアイザック。
離れたところからめっちゃ親指立ててくるどうしようもない上司心底むかつく。

カノン「フッ、さすがは俺の心の弟よ!」
アイザック「一緒にすんなぁぁぁぁっ!!」
カノン「テティス。鱗衣が汚れてしまったな。脱いだ方が・・・?
アイザック「やめろーーーっ!!」

・・・ところで、テティスの鱗衣の下なんですけど。
彼女のアンダー、腕と脚がむき出しで腹が全面覆われてるんで、これ絶対スク水だと私は思ってるんですが、どうでしょうか。






あなた達は一体何をしているのか!
同僚のテティス遊びに憤慨したソレントは、鬼畜どもから息の上がっているテティスを取り上げました。
ソレント「テティス。大丈夫だ、私は君に手出しはしない。あいつらとは違う!」
テティス「セイレーン様・・・!」
君のために音楽を奏でてあげよう、ゆっくり体を休めなさい。
・・・と、ここまでは良かった。ここまでは。

問題は、テティスが演奏の最中に寝た事だ。

テティス「・・・すぴー」
ソレント「!!・・・・(怒)」

休めと言いながら自分の曲で寝る事は許さない小難しい男ソレント。
テティスを叩き起こし、二度と眠れない音楽に曲目を変更しました。

テティス「!・・・セ、セイレーンさま、な、なんか、からだが・・・」
ソレント「体?ん?体がどうした?」
テティス「あつくて・・・その」
ソレント「あつい。それから?どこが熱いんだ?もしかして(放送禁止)か?それとも(放送禁止)か?(放送禁止)?(放送禁止)?おやおやテティス、お前はいけない子だな・・・」

やっぱりエロ使いじゃーか。
この人も結局海闘士だった。いや海闘士って別にそういう人たちの集まりじゃないけど。
デッドエロシンフォーニーエロエロにされていくテティスを見て、まだ自分の音楽はイけると自信を取り戻すわけですよ。いやイけるって別にそういう意味じゃないけど。

ソレント「安心しなさい。私は君に手出しはしない。あいつらとは違う」

あんたが一番畜生説。
焦らされ状態のまま、ますます消耗していくテティスです。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]