忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
BLEACHで初めて電子書籍を購入したんですが。
漫画は電子書籍、良いですね。何と言っても保管場所に困らない。
見開きも綺麗に見られますね。
私はLIVE BOOK使っています。

で。

ここ数日は、シティーハンターに手を出し、

冴羽獠のかっこよさに死にかけてます。


あのね、10巻くらいまではむしろ引いてたんですよ。
時代も違いますからね。現代の感覚だと女性から見てかなり気持ち悪い表現ありますよね。

ただ、20巻超えたあたりから、何やっても許すっていうか何やっても冴羽が格好良過ぎてやばいとしか思えなくなってきた。


具体的に何が格好良いんだか正直わからないけど圧倒的だろこれ。
何でもないコマで車運転してるときの小指が格好良いとか初めて思ったわ。

シティーハンターはアニメも良いんですよね・・・そっちにも手を出してしまうかもしれん・・・
PR



100%の積尸気冥界波を見せてやるぜとか言い出しそうな蟹。

必殺技がこれしかないし、積尸気冥界波にも卍解があったらいいのなあ。
積尸気冥界波・蟹船千金みたいな、食らうとまるでベーリング海の蟹漁船に叩きこまれたかのごとく激しい揺れと寒波に襲われ最後は巨大な籠に潰される、そんな技があってもきっと良い。これなら紫龍もシーズン終わるまで帰って来れないはず。

デスマスク船長、格好良いと思います。


海将軍カノン。側近としてポセイドンから槍を借りて戦う、とかでも格好良いと思った。

ポセイドン編のカノンは、強かった記憶が全然無い・・・すまない本当に。
彼が戦い始めるとほぼ同時にポセイドンも戦い始めたせいで、「強い敵」の印象を全部神に持って行かれた感がある。
柱なんかほっといて上司の側で、「ポセイドン様、この者らごときポセイドン様がお手を汚す必要もありません」みたいなポジションをとっていれば、彼はもっとバカ強い敵として立ちはだかる事ができたのかもしれない。
一輝にあたったのは不運だった。それは確かに。一輝を倒すにも手順と言う物があって、まず他をボコる→それから一輝に行く、という風にしないと強敵とは認識されないルールを彼が知らなかったのも不運だった。ただ、サガは一輝に勝ってるからな。
・・・後日何事もなく生き返るとしても、塵にしたのなら勝ったと考えていいですよねさすがに。

なんか、最強の兄貴がいる、っていうのが可愛いですよね、カノンは。



ペルニダ戦マユリ。
ネムから補肉剤もらって腕を直した後、再びペルニダに向かって跳んでいくマユリの姿、クソ格好良い。
カラブリで機動力低いと査定されてたけど、ペルニダの矢を全部余裕で避けながら調子に乗ってられるこの人の機動力は決して低くはあるまいよ・・・

ペルニダ戦で、自分を護るため自発的に戦闘を始めたネムを叱り飛ばすところはじーんと来ますね。
「お前の使命は成長だ!」
マユリよ、自覚してなさそうだけど、それはもう普通の親の心だよ。
つうか最終章のこの人、真面目に皆のおふくろポジションに片足ツッコミかけてる気がしてならない。そのくらい皆の面倒見てる。この気の利き方は父親っていうか母親。

「ついに自ら進化する魂魄を零から造り上げたのだ!」と彼は言っていたので。
100年後くらいにはこの人零番隊に昇進するんじゃないかと私は思っています。
零番隊、似合うと思うよ。


サークルチェーンのディフェンスの間を縫ってサンダーウェーブがガー!!走ってくの、好きです。

自分で描いておきながらふと「瞬がこんな微笑みながら他人攻撃すること、ありえるのか・・・?」と思い、顔変えようか悩みましたが、相手がダイダロス先生だったんだろうということで一応決着しました。

私は長い事、なんとなく瞬を「考え深い子」だと思っていたのですが、あらためて見直すと彼はむしろ基本的に直感派なんですかね。直感で答えを出し、それを他人に説明するために言葉を考える、というタイプでしょうか。
どっちかっていうと一輝兄さんの方が考えるタイプな気がする。よっぽど考え過ぎなきゃ人間あんな風にならない。考えるだけ考えるのに、他人には直感でしか伝えないからああなんだ。

そう言えば、度を越した哲学者とか数学者とか、最後は森に消えたりしますね。
なるほど・・・


[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]