忍者ブログ
2007年1月8日設置
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
いけない。全年齢向けサイトなのにエロ度が高くなり過ぎた。
戻さなきゃ!







と言うわけで、乳鉢と乳棒に照れる邪武。
よし、下がったな。エロ度が小学生レベルまで。

思うんですけど、サガの幻朧魔皇拳とアテナが大人気なら、彼だって相当出番あるべきじゃないでしょうか。こんなNTRに向いた男いないよ本当。
一個前でアテナがサガの膝に乗せられて(ピー)ってる時に、乳棒で赤面ですよ?
ある意味でエロ界の天下を取れるだろうよ。リバースバベルの頂点極められるよ。

彼を加えて想像すると、下がったエロ度が前以上に上がる気がした。
いかんいかんいかん!
PR


なりたいエロキャラ(違)男性支持率がめっちゃ高いサガ。
また、好きなのは春麗やシャイナさん等の一途なタイプだがエロならアテナ一択という熱いご意見をいただきました。ありがとうございます。
そうか、男は好きとエロは別腹なのか。なるほど。

サガに何させたらエロいのかを考えた結果、幻朧魔皇拳撃つだけ撃って何もしないのが一番エロいと思いました。膝にのっけて、見てるだけ。
まだ黒くなり切ってない状態でも吐息で殺す鬼畜。

サガが業界で大人気な理由がわかった気がします。




さあ。気を取り直して、エロ技です。
ラストは冥闘士。
海闘士で極まった感のあったエロ技ですが、冥闘士もどうしてどうして中々のもんです。
ていうか、ジャンルが違う。明らかに。
では行ってみましょう。


ラダマンティス:最強を誇る冥界三巨頭の一人もエロにかけては雑兵以下だった。エロ技無し。全然エロくない。蟹と魚を穴に放り込んだ時も怖いだけで全然エロくない。ただ、パンドラにいたぶられてた時アイアコス&ミーノスにカノンを寝取られ(違)かけてた時はなんかエロかった。彼は自ら仕掛けて行くより仕掛けられて輝くタイプですね。お預けプレイが似合うね。

ニオベ:エロいよ。匂いで相手を麻痺させて襲う。お前は基本をわかっている。冥界編またの名を鬼畜エロ編の先陣として申し分のないエロ技と顔を持った男。

ギガント:冥衣のマスクについているでかい一つ目がエロい。大全によれば「その一つ目は真実を見透かす」だそうで、羞恥プレイ向き。ただ、戦いの様子を見るに、獲物を追い詰めたところでいつもミューやライミに横取りされフィニッシュまで持っていけないので、前戯で終わるタイプなのではないだろうか。何の話だ。
彼やラダマンティスを見ていると、こんなに仲間内で獲物を取り合うなんて、冥闘士は歩合制でも布いてるんだろうかと少し考えてしまった。

オクス、ミルズ、キューブ:冥衣をはぎ取られたという点のみエロかった。

ゼーロス:技はともかく顔と性格が最強過ぎる。お前この世界どっからでも入っていけるよ。冥衣もすごくエロい。あの指先は吸盤式だと信じたい。男性向けエロなら天下取れると思う人。この顔と性格でパンドラのすぐ側にいるのもポイント高い。パンドラが落ち目になったらこいつ絶対あれですよ。もう、あれですよ。もう。

ミュー:スライム状態から虫に変態して糸で相手を拘束、最後は人型で締める。まさにエロの三段変化。鬼畜エロ界を舞う蝶と言っていい。終始強力なサイコキネシスも使えるし、エロ技に不自由しない人。ムウにまわされてたね。そういえば。

ライミ:神。触手でこの雑魚顔。しかも触手の先端に目がついているというぬかりなさ。男性向けエロでこの人をフル活用しない理由があろうか。ニオベとゼーロスとミューでエロ界三巨頭組めよもう。三巨頭の意味が変わってくるわ色んな風に。

カロン:エロ技は無いが立場が美味しい。船で渡してやる代わりにゲッヘッヘとか河の真ん中の逃げ場のないとこでゲッヘッヘとかいくらでもできそう。そしていかにもしそう。オヤジな顔と性格が大変良いと思います。

ルネ:鞭がエロいですね。過去の悪事を抉りだすって言うのもえげつなくて良い。さらに声を出す事を許さないという畜生度の高さも見逃せない。代理のくせに態度がでかいのも悪代官的な才能を感じさせる。ちくちくエロいタイプですね。

マルキーノ:こんなにエロを感じさせない奴もいない。ただ、変換した時「●キーの」と出たのは意味もなく少しだけエロかった。

ファラオ:ケルベロスは鬼畜エロ度高い。あとはバランスオブカーズをどう考えるかだが、心臓を引きずり出すのはエロの次元が違いすぎるので遠慮したい。相手の抵抗力を削ぐ程度に留めてほしい。地味だがパンドラの鏡もエロアイテムの可能性を秘めている。鋭意活用して欲しい。

イワン、ゴーレム、フレギアス:期待していなかったがその通りだった。

バレンタイン:エロ技無し。だと思うが、大全にのみ載っている「スイート・ショコラーテ」なる技はエロいんじゃないかという気がしてならない。すごくエロそう。あと、アテナの聖衣を隠し持つ星矢に言い放った「動けなくしてからゆっくりと君の体を捜すまでだ」はドエロい台詞であった。ナチュラルにこの台詞を吐くあたり、天然のエロ才能の片鱗を見る気がする。だとするとやっぱりスイート・ショコラ―テはエロ技なんだと思う。

スタンド:何一つエロい事をしていないが、彼もまた大全にのみ載っている「スタンド・バイ・ミー」なる技に可能性を感じなくもない。立たせてどうするつもりなのか。そこがしりたい。

ゴードン、クィーン、シルフィード:お前達にはがっかりだ。

アイアコス:物議を醸す人。ギャラクティカイリュージョンは技そのものはエロくない。しかし技撃った時に浮遊するあの生物がなんかするなら相当エロいかもしれない。あいつら何なの本当に。エロの助手ならいいけどそうじゃないなら何のためのものなの。
ガルーダフラップも賛否両論分かれている。私の中で。相手を天高くぶっ飛ばすのはエロくない。だがその後、×を描いた地点に落ちてくるのはどうだろう。例えばベッドの上に×を描いたらエロい気がする。さらに言ったら自分の×××に×描いて待ってても良いわけだ。それはエロなのかギャグなのか。ちょっと良く分からない。難しい。

ミーノス:文句なしエロ。糸と言えば拘束ばかりが目立つ中、さらに踏み込んで操ると来たもんだ。エロいじゃん。もう何でもできるじゃん。幻朧魔皇拳とは違って相手の意識が完全にある状態で操るというのがドS増しですね。良かった、冥界三巨頭の中に一人はちゃんとエロいのがいた。

ヒュプノス:眠りの神だから。縦横無尽にエロれますよ。夜の帝王ですよ。ただ、性格が比較的温厚なので、自分のために使うというよりタナトスのために使わせられそう。

タナトス:特にエロ技は無いものの、原作ではニンフはべらせて普段から一番エロってそうなキャラなので、今さら特別にエロを開発する必要は無いのかもしれない。聖闘士界のGacktみたいなもんだよねたぶんこの人。人っていうか神だけども。格付け超強そうだもの。そんな感じでデフォルトエロい気がします。

パンドラ:ラダマンティスへの対応を見る限り、男をどう責めれば良いか完璧に心得ているドSの天才少女に思われた。が、一輝にあられもないポーズを取らされてしまったので、ギャップによる転落っぷりが激しい。彼に惚れた事で弱みもできた。そしてそもそも、彼女の地位は所詮ハーデスの威を借りただけの脆いものでしか無く、ヒュプノスとタナトスには命を質に取られているような状態である。強気だが弱点が多い孤独な姫君。男性向けエロのカモと言えよう。一歩間違えばエロ地獄に落ちると思う。ほんと気をつけてほしい。

ハーデス:エロいどころかエロが嫌いそう。余に触らないでくれる?という感じがむんむんする。アテナの血に触れただけで凄い嫌そうだったし、潔癖症でエロとか全然無理そう。その代わり、常人には測り知ることのできない物凄い特殊な性癖持ってそう。
冥界がここまで変態ばっかりだったんだから、トップは並みの変態も引くほどのド変態であろう。余はこうでなければ受け付けないというこだわりのエロがきっとあると信じたい。



冥界は変態。
そういう結論になりました。

ここまで一応全キャラのエロを検討してきましたが、誰のエロが一番人気あるんでしょうか。
ていうか一般男性はどのキャラになってエロりたいのか知りたいものです。
以上、エロ技研究会でした。
冥闘士のエロを検証すべく冥界編を読みなおし、あの双児宮でのサガの涙にもらい泣きしてなんか色々申し訳なくて死にたくなって来ました。

こんな・・・こんな素晴らしい話をエロ目的で私は・・・!!


引き続きエロ技研。
聖闘士は網羅したので、聖闘士以外のエロ技を検討していきたいと思います。
ていうか、ごめんなさい、聖闘士枠でギルティーが抜けてたんだけど、もういいかなあいつはエロ技無いよ絶対。ただギルティードM説が私の中に生まれつつある。年端もいかない一輝捕まえてわしを倒せとあそこまで強要するのは普通じゃない。皆間違うなよ、あいつはSではなく、多少おねだりが過激すぎるMだ。

と、ギルティーで聖闘士は締めるとして。
次は、エロキング・ジュリアン・ソロ率いる海闘士行ってみましょう。トップがあれだけエロいんだ、部下だってレベルは高いはず。

バイアン:ゴッドブレスがなんかエロい。どうにかしてエロに使えないかと工夫してみたくなる技。しかし何ができるかと考えてそう大したことはできそうもないのが悔しい。なんっかエロいんだけど。吹くんじゃなくて吸うんだったらもっと何かできたかもしれない。吹く前には吸ってるはずだがそうじゃなくて。

ソレント:楽器系武器のキャラには総じて問いたい。その武器でエロい曲を奏でたら何が起こるのかを。大全には「その笛の音は敵の五感を奪い小宇宙の発言を抑える」と書いてあるので、媚薬とは真逆の効果を発揮するのかもしれない。エロの敵。え、じゃあもしかして目下エロキングと世界を回ってるのはキングの暴走を抑えるとかそういう役目?エロ使いじゃねーか。
いや待て。原作では「心の清らかな人間には安らぎとなって聞こえるが悪しき者にはまさしく死のメロディーとなって衝撃を与える・・・」とある。だったら心のエロい人間にはまさしくエロのメロディーとなって色んな衝撃を与える可能性があるんじゃないの。吹いてる時に全裸の妖精が飛びまわってるしやっぱりこいつもエロいのか。
どっちだろう。エロ使いなのかエロディーなのか!どっち!

クリシュナ:フラッシングランサーはエクスカリバーと同じ要領でエロいける。ていうか、ここまでエロばっかり考えて来たらもうこの槍そのものがエロに見える。紫龍がエクスカリバーで槍折ろうとして折れ無くて「バ、バカな・・・びくともしないとは」って言ってるのが違う意味に聞こえる。星命点が体の中心に沿って一直線にあるのもエロい気がする。
クリシュナはエロ。それでいい。

イオ:下半身が6体の獣というフレーズが天元突破のエロ度を感じさせる。イーグルクラッチ(揉む)、ウルフズファング(噛む)、クィーンビーズスティンガー(刺す)、サーパントストラングラー(縛る)、バンパイアインヘイル(吸う)、グリズリースラップ(殴る)。まさにエロ将軍と言っていいテクニシャンぶり。大熊の一撃以外は力加減を間違えなければとんでもなく応用が利きそうで、こいつ一人で聖闘士を圧倒してしまいそうな気がする。
こんなにエロいのになぜお前は地味キャラなのかスキュラのイオよ。

カーサ:エロ大臣と呼ばせていただきたい。おいしすぎるだろう彼の変身技。そしてサラマンダー・ショック。そして顔。何もかもが卑劣なエロに向いている。ていうか何で聖闘士と戦うのに使ってんのかと逆に問いたいレベル。それは本当にお前のやりたいことなのかカーサ。もっとほかにやりたい事があるんじゃないのか。エロとか。
素直になれよう。

アイザック:エロ技無し。これほどまでに周りがエロで固められていると彼の童貞感が半端ない。氷河に「汚れた小宇宙」とか言われたけど体は汚れていなかった模様。

カノン:幻朧魔皇拳。ただ、同じ技でも兄貴の方がドエロい使い方を心得てそうだとはとても思う。

テティス:エロキング・ジュリアンにぞっこんであるという点がもう俎板の上の魚以外の何物でもない。アニメのテティスは色気もあったし、この環境にこの子がいるのはエロフラグも甚だしい。誰か早く回収しよう。

雑兵ベッドからネグリジェ姿のお嬢を攫う基本的エロプレイを披露。こんな末端までエロが行き届いているところに海底神殿の組織レベルの高さを感じる。


結論:海闘士強い。強すぎる。

ポセイドン編、まじでもっと大事にすべき。
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]