忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10



シャカ『ムウ・・・牡羊座のムウよ』
ムウ「私の小宇宙にテレカンで話しかけてくるこの声は、シャカですか。どうしました?」
シャカ『君にちょっと助けてもらいたいことがあるのだ。仏陀に人類の状況をご報告し、日本の緊急事態宣言は今何待ちなのかを問うたところ、そんな宣言をまたなくとも首都東京に限っては鉄道全線にしつこく置き石するだけで事実上のロックダウンが完遂できると託宣を得られた。それは良いのだが』
ムウ「あなたの仏陀は何者なんですか。テロリストか何か?」
シャカ『人がやったら犯罪になるのであればジャミアンに命じてカラスにやらせろと。まあそれは良いのだが。私が聞きたいのはあの国の若者のことだ』
ムウ「日本の若者?」
シャカ『そうだ。外出自粛をせず新コロ拡大の原因となっているという。しかし無理もない、若者とはそういうものだ。彼らにしてみれば卒業旅行も一生に一度の機会。私は広く深く真理について考えてみた。結果、仮に不死鳥一輝に在宅命令を出したとして彼は従うであろうかと考え、それは無いという結論に達した』
ムウ「無いでしょうね。別に広く深く考えてみなくても私でもわかります、はい」
シャカ『そこで仏陀に問うたのだ。人はなぜ若者を攻撃するのであろうかと。すると仏陀はわずか三文字で答えられた。ドリフと』
ムウ「・・・・」
シャカ『どうも志村けんというコメディアンの急死が日本に衝撃を与え、それによって若者に矛先が向かったということのようだ。私は考えた。しかしわからない。なぜこんな時に飲み歩いた70歳の老人が死んだことで若者が非難されなければならないのか?問題があるのは老人ではないのか?
ムウ「すみませんテレカン切っていいですか。あなたの話からは地雷の臭いしかしません。今その論点絶対切りこんではいけないところです絶対に」
シャカ『若者は志村けんに思い入れなどあるのか?騒いでいるのは老人と老人予備軍だけなのではないのか?非難するより大人しく自粛している若者に感謝すべきではないだろうか。彼らは勉学の機会さえ奪われている。長じてから悔いが残るだろう』
ムウ「・・・それはそうですね。彼らは不憫です」
シャカ『しかし老人を攻撃するのも間違いであると仏陀は仰せられた。新コロの世界は長期化する。今、老人に過度な自粛を強いてそのうちの相当数がボケた場合例え世界に平和がもどってもあの時新コロに頼っておけば良かったと思うはめになるだろうと。キャバクラでもゴルフでもトイレットペーパーの順番待ちでも適度にやらせてやれと。そして死後に大量のトイレットペーパーを遺した者がいたら、その時は戒名を便所紙信士とつけてやればいいだけだと。そう仰せだった』
ムウ「切りますね。あなたもその仏陀の名を騙る何者かとのつきあいはほどほどにするように。では・・・」
シャカ『君に聞きたいのは、ケホ』
ムウ「!」
シャカ『そんな問答を三日三晩ほど不眠不休で続けていたところ、今朝から咳症状が出た。サガに報告すべきだろうか?』
ムウ「・・・・・・・・・・・・・。1日、様子見ましょうか。絶対に誰も処女宮を通さないように」
シャカ『承知した』




何が正しいかなんて10年先になるまでわかりませんからね。
それに今こんなになってるのも、初手で大人が対応を間違ったからと言える。
あれだけ世界の老人たちで大丈夫大丈夫と言っておいて、いきなり「お前ら自粛しろ」は、理不尽というものでしょう。せめて若者の軽挙を許す広さくらいは持っていたいものです。

PR



一世帯あたりマスク2枚の支給が少なすぎると騒ぐ奴らに、それを余らす者の心のダメージも少しは知って欲しいと思う邪武。

上にも下にもショッキングなという数字はどっから出してきたのだろう。絶妙過ぎる。
新コロ通して私は世界中の政治関係者をどんどん好きになっていってる気がしますよ。

皆、今は文句言ってても、届いたらどうせTwitterではしゃぐんでしょ。
ほんとは楽しみなんでしょ。

私は楽しみですよ。なんでこれ入れたと国民を絶叫させるワンポイントロゴまで期待したい。





新コロに関する保障への国民の反応にシオンの一撃。


シオン「うろたえるな愚民ども!!日本の消費税と年収1000万未満世帯の所得税実効税率は欧州の半分以下だぞ!個人への手厚い保障など出せるわけが無いだろうが!!医療と義務教育と警察の加護が全員受けられ毎日風呂に入れるだけでもありがたいと思え!保障は『新コロの中で頑張ったで賞』ではない!頑張れる職場がまだある奴は黙ってマスク2枚でも拝んでいろ!!頑張りたいのに頑張れなくなる奴をどれだけ救えるかが直近の問題だ!法人税率が高めの国なのだから法人を通して個人に還元するしかないのだ、そして財源になる法人が痩せるほどの還元を強制できるわけがないのだ、リーマンショック以上の世界恐慌だぞ給料減ったぐらいでガタガタぬかすなーッ!!」

童虎「・・・シオン。あまりそう興奮しては体温が上がって自宅(冥界)隔離されてしまうぞ。せっかく生き返ったのだからもう少しおれ」

シオン「サイ●リヤはなぜ非難されているのだ・・・手続きが簡易で上限額がある助成金、明らかに自前で手当てを出せるような余裕ある大手チェーンがたかって良い物では無いだろうに」

童虎「人は手に入りそうな金と地位は欲しがるものよ。サガだってお主を殺したろう」

シオン「だが分不相応にそういう物を手に入れると苦労するぞ。いずれしがみつくようになるからな。今それを受けるありがたさと辛さを、噛みしめられる者のみ与えられるべきだろう」


・・・まだ雇用してもらえている人が金をくれと騒ぐのは何か違う気がします。


星矢にマスクを捧げたい女・第二弾。

シャイナ「フッ・・・星矢、あたしなんかのマスクで、ごめん・・・ね・・・」
星矢「だから誰ぇ!?こ、この小宇宙はシャイナさん!?なんで!?いらないって!」
シャイナ「星矢にとっては迷惑だよね、あたしなんか・・・イタリアだし」
星矢「うっ・・・い、いや、そういう差別は俺しないけど。でも明らかにシャイナさんの方が大変じゃん!マスクなんかもらえないよ!」
シャイナ「馬鹿言ってんじゃないよ星矢。あんたたち日本の今の状況、イタリアの一月前と同じじゃないか」
星矢「やめてそういうこと言うのやめて」
シャイナ「ああ、星矢の小宇宙はとてもあたたかくてやさしい・・・おまえもしかして37.5℃以上あるんじゃ!?」
星矢「無いよ。大丈夫だよシャイナさん、心配してくれるのは嬉しいけど、本当に必要ならマスク(普通の)ぐらい自分でなんとかできるよ俺」
シャイナ「もしかして一世帯に2枚配るっていうアレかい?何の役に立つんだい?余った一枚は誰がつけるんだい星矢?」
星矢「誰って・・・さあ・・・」
シャイナ「星矢、あたしはお前にだけは・・・お前にだけは死んで欲しくなくて」
星矢「いやそんな縁起でも無い事言われても困るんだけど、俺は新コロなんかで死んだりしない。手だってちゃんと洗ってるし、うがいだってしてるし、ジムとかライブハウスとかバーとかキャバクラとか行かないしさ。大丈夫だよ。マスクはシャイナさんがつけててよ。俺だって、シャイナさんに何かあったら嫌だよ」
シャイナ「星矢・・・」
星矢「だって新コロって歳とった人の方が危ないんだろ?俺よりシャイナさんの方がずっと危ないじゃん。気をつけなきゃ」
シャイナ「・・・・・・・」



うちの星矢はいつからこんな奴になったのか。


私は読みましたよ皆さん。ebookの期間限定59巻まで無料だった横山三輝『三国志』を。


4日で。


58巻まで!(ここでタイムリミット)


ここで終われるわけが無い
ので、59巻と60巻はペイペイ!して今読み終わりました。

「さくさく読めるから大丈夫」とメッセージお寄せいただいてましたが、本当にさっくさく読めました。
凄いですねこの漫画は。今まで読んだ漫画の中でもダントツで読みやすい。単純な絵ですが、めちゃくちゃ上手い。ここまで読みやすいのも上手いからこそというか、無駄な線や描写が全く無いので脳にすっと入ってきます。
キャラの見分けがつかない問題は、どんな媒体であっても1ターン目は多少の混乱をきたすのが三国志なので、それほど気にはなりませんでした。

冒頭からしばらくは吉川英治『三国志』そのままなので、あっちは文章の圧倒的な迫力があるだけに、物足りないところを感じもしました。
あとがきで仰っていましたが、前半は子供向けに書き始めたせいもあるかと思います。

また、ビジュアルイメージを三国無双で育ててきた身としては、張飛のイケメンっぷりに最後まで心振り回されましたね。良い意味でね!

無双でイケメンな男達が地味なオッサンになっているのは苦では無かった!そりゃそうだよねって思った!
でも張飛は!なんでこんなイケメンなの!?こんな顔が良くて強い男、初回から芙蓉姫一瞬で惚れなきゃおかしいだろ!!絶対玄徳になんか行くもんか!

あと、思ってたより諸葛亮が嫌な奴だったのが意外でした。もっと美しく描かれてるのかなと思っていました。

個人的には、吉川英治版を先に読んでいるのでやはり初読の感動は忘れ難いのですが、北伐は横山版の方が面白く感じました。司馬懿の魅力が凄い。
仲達!仲達!!仲達!!!
街亭の戦いなんかたまらないですね。馬謖の軍が上から駆け降りて来たところでの一言「火!」の絶望感よ。流れが美しい。

三国志はやっぱり面白いですね。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]