忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
ぜひ見て欲しい、バイアスロン男子12.5kmパシュート。
NHKの見逃し動画の39分辺りからクソ熱いです。

2位争いでデッドヒートを繰り広げるドイツとスウェーデン。
体力の限界が近付く中、選手は必死に坂を漕ぎ登り・・・

待ちかまえていたコーチ(?)の激励を浴びる!


もう叫ぶ叫ぶ叫ぶ叫ぶ、どっちの国の言葉もわかりませんが、どっちの国のコーチも最後は「行けえええええええ!!!!」つってた。間違いなく。
熱い。

38分あたりから見ると、射撃も見られてバイアスロン感があります。
最初から見るのが一番ですけどねもちろん。

歩くスキー系は、ほんとストイックですよね。
何気に選手のスタイルの良さは全競技の中でも一番だと思うんですけどね。「何気に」なんですよね。なぜだろう。スノボに比べてモテ臭がだいぶ薄いのは。

PR
凄かったですね・・・・

いや凄かった。ほんと凄かった。

男子モーグルのキングズベリーの滑りもそうでしたけど、絶対王者がハングリー精神を爆発させて勝ちに行く姿は、もう理屈抜きで人を感動させる。
スポーツは、特に採点競技は、最後はその感動力みたいなもので決まりますよね。それでいいんですよ。技術以上の何かがあるんですよ、スポーツって。

そして、戸塚選手は大丈夫でしょうか。深刻な怪我でないことを切に祈ってます。











「まったくあなたはいつまで経っても食えない蟹ですね。いい加減、脱皮してくれてもいいんじゃありません?」
「あ?脱皮ならとっくの昔にしてますが?食うか?」
女神に対し下ネタも辞さない男・デスマスク。

意外とこの二人のエロって無いもんですね。
女神が巨乳で蟹が外道なんだから、なんぼでもあって良い気がするのに。
スノーボードハーフパイプ。冬季競技の中でも抜群に美しい競技ですよね。
平野選手にも勝って欲しいけどショーン・ホワイトにも勝ってほしい・・・!!

トリノで金獲った時のショーン・ホワイトは本当に可愛かった。
赤毛・そばかす・でかい口、アメリカの可愛い男の子の権化みたいな人だった。
来日時のインタビューで女子アナに「私をデートに誘ってみて?」と無茶ぶりされ、照れまくりながら「僕と雲に乗ってみない?」と言ってみた彼は色んな意味で最強だった。
あの可愛さが忘れられない。

今でも十分格好良いけど、でも、やはり、いささかオッサンにはなりましたね。

年月の残酷さよ。
はあ、もう、皆応援したい。


オリンピックとか、日本ではマイナーだけどトップ選手の争いなんか国限らず絶対面白いんだからもっと放送してええええ!!!と思いませんか。
下位に終わった日本人の放映に尺を取って金メダリストの演技・ジャンプ・走り・滑りを省略するのは残念過ぎる。
なんで日本は日本のことしかまとめないのか。何のための五輪なのか。
五輪にも織田裕二をつけてほしい。ほんとに。

エアリアルなんかどこで見りゃ良いのか。あんなに意味不明で面白い競技無いのに。
冬の五輪で唯一土が見える競技着地点の雪が抉れて吹っ飛ぶので地面が出る)ですよ。
あり得ないくらい飛んでありえない衝撃食らいながら着地するんですよ。着地っていうより足から落ちてるだけじゃないかみたいな。
初めて見た時、どこの誰が何の必要があってこんなこと始めたのか考えながらつい全部見てしまったものです。前ならまだしも、なぜ、上に飛ぼうと思ったのか。

せっかくの五輪なのだから、普段見られない競技、世界のトップ争いが見たいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]