忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7


聖闘士星矢ZBにて。
単体攻撃しかないが確実に頭数を減らしていってくれるので序盤には頼りになるもののレベル70あたりから敵の回避能力が高くなってすかしまくるため使えなくなると言われている聖闘士星矢界のヤムチャ・ミロ。
「スカーレットニードル!」「アンタレス!」の声もアクションも痺れるほど格好良いのに、なんて残念なんだ・・・レベルを上げるのが怖い。

また、最近リリースされたトリプルロッド装備の神聖衣ミロは、性能が酷過ぎるらしく某攻略サイトのレビューが荒れに荒れている。
どうした。原作読んだ時にミロにこの武器は無理があるんじゃないかと思ったものだが、やっぱりその通りだったのか。
童虎ももう少し考えて配ってやれよ。

まあでも、そういうところもミロらしいといえばらしいような・・・
PR
聖闘士星矢ZB。
デスマスクの地味なローキックに比べてアフロディーテのハイキックが華麗な問題について。
彼アクション全般華麗だけど。
画面の片隅で美しい動きしてる人がいると思ったらアフロのハイキックだった。

なぜ、蟹はローキックでアフロはハイキックなのだろう。
なぜ、蟹だけ絶対PK外す人みたいな蹴り方なのだろう。
それはおそらく、デスマスクの体が硬すぎるせいではないだろうか。ローキックの感じを見るに、明らかにハイの位置まで足が上がりそうにない。
もぉぉぉぉぉ蟹ぃぃぃぃぃぃ!お前絶対ストレッチ怠けてただろ!そういうことしてっからいざという時にこういうことになるんだよ!

まあそれはそれとして、アフロが開脚ストレッチとかしている姿は可愛いに違いないと思いました。
デスマスクがふざけて後ろから背中押したら予想以上に抵抗無く前に倒れられて、アフロの背中の上にこければ良いと思いました。
なんなのだと切れる魚と、お前が柔らかすぎんだよこのタコ!と逆切れも甚だしい蟹。良いと思います。




聖闘士星矢ZB。
オートで敵への嫌がらせをし、自分が死んでも嫌がらせをし、仲間へのサポートスキルは一切持たず、仲間が死んだら自分だけ強くなるという敵からも味方からも嫌われてそうなノーマル蟹が愛しくてならない・・・

この人のローキックの強さなんなの。必殺技でも何でもない腿パンみたいなクソ地味な蹴りで一輝沈めたりしてるんだけど。敵がいきなり次々昏倒するから誰が何してるんだろうと思ってたら蟹だったよ。あの蹴りでこのダメージはお前、おかしいだろ。

積尸気冥界波の遅さは、魚と組ませろという制作側の意図なんだと理解しました。ロイヤルデモンローズのどさくさにまぎれて撃っとけということなんだきっと。
そして味方が死ねば死ぬほど一人で強くなる仕様は、死に易いサガやシュラと組ませとけということなんだ。原作どおりじゃねえか。恐ろしいよこのゲーム。

そんなわけで私は今、上気4名にシオンを加えた「元教皇と、彼に絶対NOが言えない下僕達」パーティーで遊んでいます。

デスマスクはなんでこう一々面白い人なのか。
ダイエット継続中。
エアロバイクとダンベルのおかげで、開始当初から順調に3kg減、腕もこころなしムキっとしてきました。

・・・腕の筋肉って、つきやすいんだなあ。いきなり3キロのダンベルはやりすぎだったのかもしれん。

ウエストは細くなりましたが、腕は太くなったような気がします。
ダンベルをやめるべきか?しかしここまでついた筋肉に手放しがたい愛着を覚える。
どっちにしろ元から肩幅広い逆三角体形なんだし、このまま肩と腕を鍛えつづけたら本当にアイオリアのシルエットを手に入れられるのではないだろうか。

・・・がんばる!



拍手コメント「OCEはどうにも蟹がイケメンすぎる気がしています」

ですよね。

ノーマル蟹は宴会芸で浮きつつある人みたいな感じなのに、OCE蟹はどうしたんだ。圧倒的じゃないか。どうしよう!世界中が蟹に惚れてしまう!

というわけでちょっと爽やかなデスマスク。
イタリアのCiaoの正式なジェスチャーは掌を上に向けてグーパーするのだそうで。
そんな可愛い事されたら私、積尸気冥界波されてもうっかり許してしまいそう。そして黄泉比良坂で出待ちしてしまいそうあいつが人生から退場してくるまで。
腕にしがみついて一緒に楽しく落ちるんだ。

宴会芸で浮きつつある蟹も好きです。
積尸気冥界波が敵に届くまでクソ遅くて使えなくても好きです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]