忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
今更ですが聖闘士星矢ZBをやってみてます。

愛だ・・・製作スタッフの聖闘士星矢への愛を感じる・・・!

いいですねえ。外さないで欲しい台詞全部押さえてますねえ。チュートリアル(?)で蟹だけが2度も3度もダウンしたのはなんでだろう。
アテナもなんか可愛いし・・・崖落ちシーンで「星が綺麗・・・」ってお嬢、あんたいつからそんなキャラよ。

あと、ミロが色んな意味でとってもミロで良いですね。スカーレットニードル超格好良い!でももしかしてこのミロは、他の黄金に比べて役に立たないんじゃないかという気がする。
いや、なんかね、なんか・・・単体攻撃より全体攻撃して欲しいっていうか・・・単体攻撃でもシュラは割と行って欲しいところに行くんだけど、ミロはどうしてそこ行くかなっていうところに行く感じで・・・例えば敵の群れ全体に十四発撃ってから一番強い奴にアンタレス!とかやってくれたら神だった。
ミロ・・・凄い格好良いのになあ・・・


PR


前回の一部の続き。
シュラからの不倫カミングアウトを受けてどん引く蟹と、予想以上にマジで引かれて焦る山羊。

シュラ「・・・いや、冗談だぞ?わかってると思うが、冗談だからな今のは」
デス「え?あ、はい。そうですか」
シュラ「おい!!違うからな!?俺は、お前が明らかに面倒な絡み方してきそうだったから、ただ黙らせるつもりでだな!」
デス「大丈夫。俺、黙ります」
シュラ「黙るなーッ!!;ちょっと待てお前!!ふざけるなよ、するわけないだろうが俺がそんなこと!」
デス「じゃああの女はなんだよ」
シュラ「あれはただ街で道を聞かれて!たまたま行く方向が同じだったから案内してやっただけだ!」
デス「お前みたいな目つき悪い奴に道聞いてくる女がいるかよ。とってつけたような嘘ついてんじゃねえ」
シュラ「聞かれたんだから仕方ないだろうが!!」

そんな磨羯宮にひょっこりやってくるアフロディーテ。

アフロ「ごきげんよう、シュラ、デスマスク。丁度入ってきた時に『黙るな』あたりだったのだがとてもすごく痴話喧嘩くさいし何だ?君ら、そういう関係?」
 
二人『違うわ!!』
 
デス「お前ほんと最悪だな!?最悪のタイミングで入ってくんのな!?関係ねえからさっさと出てけよマジで、絶対聞かない方がいい、ショック受けるぞ、シュラが人妻と不倫してんだよ」
 
シュラ「なぜ言った貴様」
 
アフロ「不倫!?本当かシュラ!?似合う!凄い!」
シュラ「叩き斬るぞ。違う!ただの冗談だ!嘘に決まってるだろうが!」

・・・・

アフロ「君が冗談を言ったり嘘をついたりするより不倫する方がリアリティはあると思う
シュラ「どういう意味だ!?嘘はともかく、俺は冗談も言えんのか!?」
デス「言わねえほうがいいだろお前の冗談笑えねえよ」
シュラ「・・・・・」

・・・・

アフロ「シュラ?シュラ?・・・デスマスク、謝った方がいい。シュラが傷ついてる」
シュラ「やめろ。お前も黙れ金魚」


シュラ、独り負け。
・・・なんかこの人の冗談は、妙にリアル過ぎて笑えない、そんな気がした。
不倫適性は適性として、じゃあ実際受け入れるのかどうかというところを考えてみました。

■ムウ
考えれば考えるほど、私の中で『かわしのアリエス』の異名を轟かせて鳴り止まない男。不倫もうまそうだが誘いをかわすのがさらに上手そう。さすが冥界編でミューの攻撃をかわしきっただけのことはある。
人妻の心を手玉に取りつつ陶芸教室の生徒を一人も減らさずに今日も潔白を貫く。私の妄想上の世界では、別になんのしがらみも無いアテナから求婚されても華麗にかわしきっていた。
遊びの恋愛しなさそうで、本気の恋の相手が人妻だったら陶芸教室をたたむ。そんな気がします。
ていうか、別に不倫じゃなくてもこの人が本気で恋するところが見てみたい。絶対可愛いと思うの。

■アルデバラン
想い合うまではちょろそうだが、そこから一歩進んだ関係になるにはたぶん数十年の牛歩を越えなければならない。タウラスの下の拳を抜かせるのは容易なことではなかった。不倫を迫るより、今の家庭を清算してから責任を取れと迫ったほうが実る気がする。それはもう不倫でも何でも無いただの家庭崩壊なんだが。
家庭があることを伏せてアプローチしていく手もあるけれど、心優しい隣人が騙されるのを黙って見ているムウでは無いと思う。
そしてアルデバランも女よりムウを信じると思う。

■サガ
白くても黒くてもモラルの壁は崩壊してそうなので、そういう意味ではハードルが低い。
しかし求められるスペックがバカ高そう。
白サガならば彼の迷える魂を救う女神並みの慈愛、黒サガならば最低でもパリス・ヒルトン。顔も地位も力もある男だもの、並みの女が寄っていける人ではなかった。
そもそもこの人の相手ならもうトップモデルばりの美女で順番待ちの行列できてると思う。
不倫する必要性が一番無い人だなと思いました。

■デスマスク
一緒に酒飲むだけで翌朝には不倫が成立してそうな気がした。モラルの改札まったくなさそう。お前ほんと簡単な男だな蟹よ。
でもね、私ね、最愛の人をこんな風に言いたくないんだけどね、この人不倫相手には物凄く金払い悪そうだなって思って・・・
本命にはいくらでも出すけどそうじゃない奴にはビタ一文払いたくない、そんなデスマスクの顔が見えた気がした。
悪で弱くて蟹マスクの上にドケチかー・・・キッツいなぁ・・・でも好き。

◾️アイオリア
ダメなものはダメの権化。このアイオリアが他人の妻に手を出すと思うか。しかし、既婚か未婚かを見分ける眼力は彼にはなかった。アルデバランを救ったムウも、アイオリアについては気付かぬあなたが悪いと言わんばかりに放置。よって妻だとカミングアウトしなければ、通常の恋愛として発展させ結果的に不倫成立まで持ち込むことが多分できる・・・・かと思ったんだけど、でもそれはあの世のアイオロス兄さんが黙ってねえなと思いました。
人妻に会おうとしたら射手座の黄金聖衣が前に立ちはだかるとか、人馬宮通ろうとしたら矢が飛んできて「弟よ お前のあの女は 人妻」とか壁に書いてあったりするんですよ。
そしてアイオリアも女より兄貴を信じる。
いいお兄ちゃんだなあ。

■シャカ
旦那がいるとかいないとか、そういう俗世間のステータスは気にしない。門戸は常にガン開きなので、ひとまず入信だけならいつでもできる。問題は、そこから教祖の側近まで上り詰められるかどうか。信仰の厚さとか布教への貢献度とかお布施の額とか色々な方面で尋常ではない努力をしなければならないだろう。
ていうか・・・個人的に、シャカだけはたとえ聖闘士の掟が撤廃されても本当にアテナのみ愛して一生終わる人なような気がするので、万が一不倫するとしたら相手は星矢と結婚したアテナだと思う。泥沼だよ底無しの。
密かに、シャカ×アテナ好きです。

◾️童虎
ジジイの時の方がガードが固そう。なんでだよ。
童虎はなんか耐性無さそうで、好みの女に誘惑されたらころっといきそうな感じがしないでもないんですが、ただ、この人の好みって現代の基準とは243年の開きがあるはずじゃないですか。
そこにジャストフィットしていく女がいるのか。女の方としても、自分がジャストフィットしたときに本当に喜べるのか。
そのあたりが問題かと思いますね。

■ミロ
アンタレスまで耐えたら受け入れてくれる(確信)。
そこは絶対だろう。そうでなければカノンの世界征服が不倫以下の狭い犯罪だったことになってしまう。
本当にアンタレスを撃たれるかどうかはミロのその日の気分による。十四発くらってさあ来いラスト一発!という気概を見せれば十五発目に真央点をついてくれることもある。全部撃ってから真央点なこともある。カノンコースになるか氷河コースになるかは時の運。
ただ、他の奴らと違って自分の努力次第で確実に不倫関係を成立させられるという点で、人妻が有利だと言える。本当にそうか?

■アイオロス
第一に会えるかどうか、第二に一命を取り留めるかどうか、この2点に全てがかかっている。ポジション取りを大切に、緊急救命のスキルを身につけておきたい。医師免許、医療器具、近くの病院との連携あたりがあるとかなり良い。人事を尽くしたあとは全て、運。
あらかじめ医者を連れて行っておくという手もあるが、人妻が医者の方に惚れるリスクが高くなるので注意が必要だ。

■シュラ
真面目そうに見えて、見えないところでとてつもないモラル欠如をしてそうなので、するときは蟹がドン引きするほど普通にしてそう。
蟹「おいおいシュラ~、お前さっき女連れて歩いてたなあ、あれ誰よ?」
山羊「・・・お前に関係ないが。言いふらすなよ、彼女には亭主がいる」
蟹「・・・・・・は?
すげえいじってやろうと思って絡んだデスマスクが、なんかもう人間が怖ぇよみたいになって何も言えなくなる、そんな感じ。ほんとに誰だよその女。

■カミュ
前回書いた通り、クールに一切受け入れない。
これはカミュに限らないですが、夫に虐げられているという理由での人妻からの誘いは、無効でしょうね。聖闘士なら人妻を慰めるより夫を始末しに行くと思います。
カミュは嘘に騙されることも無さそう。黄金聖闘士の中で、現地へ確かめに行く手間を最も惜しまなそうな人だと思うので。氷河を凍らせたのも徹底して現実的に検討した結果ああなったわけで、手段は並はずれてるが思考はリアリスト。女に好きだと言われたら、なぜこの女は自分を好きになったのか、を黙って考えて地固めして行きそうな気がします。
弟子絡みの話で無い限り、一番騙せない人かと。

■アフロディーテ
夫を愛し良き家庭を作って幸せに暮らしている貞淑な妻自ら落としに行きそうな御人。
なんか私の中でどんどん聖域のやべー人になってってるんですけど。アフロディーテ。
あの教皇の間までの薔薇尽くしを見る限り、どっか変質的なタイプなのは間違いない。人妻とか彼氏持ちとか、他人のものほど燃えて奪いに行きそうな気がする。そこに愛は全くなさそうだけれど彼の中では関係無い。
一方で、人妻に言い寄られて拒絶・説教するまともなアフロそれはそれで萌える。
どっちがいいかなあ。どっちもいいなあ。いや、前者は駄目だよ人として。

■カノン
もうなんか凄いラクにルーズに不倫してそう。この人マジ天性のヒモだと思う。
考えてみれば彼の人生、最初はサガのヒモ次はポセイドンのヒモ、最後にアテナの寝室に登場してアテナのヒモになっていた。
人妻と関係して人妻からお小遣いもらって暮らしてるところがなぜか余裕で想像できる。
カノン・・・お前・・・

■シオン
ふざけるな人妻ー!!と見開きでふっとばす図しか想像できない。絶対受け入れない。
この人が仮に受け入れた場合、それは不倫ではなくて接収という名の、なんか別の政治的な何かだと思う。二度と家に帰してもらえないと思う。


以上。
言うまでも無いですが完全に個人のイメージです。
悪しからずご了承ください。



満ち足りた人妻が火遊びで浮気をするので実際にはカミュが人気だと思います!というご意見がいくつか寄せられたのですが、いやそういう人妻はカミュの方から拒絶されるでしょうよ。ゴミを見る目つきで凍らされるリスク大。
子どもなんかいようものなら大変ですよ。こんな女を母親にしておくぐらいならいっそシベリアに沈めようくらいの勢いで人妻抹殺残された子供の面倒を見に自ら謎の家政夫として登場とかしますよ。すげー家事完璧にこなしそう。

なんか、他の男達と違って、カミュだけは相手の家庭や環境を考慮しそうな気がします。
ムウですら、最終的には当人の判断と割り切ってそうなところ、カミュだけは当人が良いと言っても絶対駄目だと最後まで言い切る事があるような。駄目な物は駄目だという個人のモラル的判断ではなく、自分でも相手でも無い要素を平等に秤に乗せることができる人、というのでしょうか。

ああ本当のクールってこう言う人のことなのかなと、ちょっと思いました。

突然ですが、黄金聖闘士の人妻不倫適性について考えてみたい。
人妻との不倫に向いているのかいないのか。
私見では、たぶん不倫に必要な要素というのは、スケジュール管理能力、秘密管理能力、そして人妻の心を満たす何かだと思います。その要素で判断していきます。
レッツゴ。

■ムウ
向いてるというかできる。とても。平凡なサラリーマンの夫を持つ主婦が子供の小学校定着を機に近所の陶芸教室に通い始めて先生と恋に落ちるあのパターンよ。ろくろ回しながら手が重なってあっみたいになるのよ。
包容力あるし優しそうに見えて男らしいと言うギャップもあるし、いざとなったらテレポーテイションで消えることもできるし頭も良いし、人妻殺しと言っていいんじゃないでしょうか。

■アルデバラン
まさかお前がという意外性から気づかれないタイプ。向いてると思う。酔った旦那を担いで家に送ってくれた会社の同僚さん的なポジションでスタートする。度重なる夫の夜遊びに疲弊した妻。ある日ふと疑惑にかられて夫が置き忘れた携帯を覗いてみたが、そこには知らない女からのメールがたんまりと。ショックのあまり家を飛び出し、町をさまよい歩いた挙句ふらふらと車道へよろめき出たところを「危ない!」と救ってくれたのが外回り中のアルデバランだった。
アルデバランさん・・・!私、私・・・!みたいな。そういう流れでお願いします。

■サガ
地獄へ一直線の不倫しそう。
いやね、出会って一目で恋に落ちてそういう関係になってしまう、ここまであっという間に行きますよね、吸引力が凄いから。
でもバレるのもあっという間だと思うんですよ、目立つじゃんこの人。
速攻で文春にやられて「教皇人妻不倫!『性』域の終わらない夜!」とかどうしようもないタイトルで記事書かれて泥沼化するんですよ。死んだ教皇は隠せても自由な女を13年間隠すのは無理だと思う。
そういう意味では向いてないと思います。しない方がいいと思います。

■デスマスク
その不倫をする意味は何なのかと人妻に問いたいレベル。明らかにハイリスクノーリターン。人妻に一体何があったのか。借金のカタに体を要求されたか万引きがバレて脅されてるか、とにかくなんかの犯罪と表裏一体な気がしてならない。そうでなくても、蟹と不倫して満たされるような心の隙間は、もともと人として空けたままにした方が良い隙間だったのではないだろうか。
向きとか不向きとかじゃなくてお勧めできない。全力で止めた方がいい。そういう感じ。

■アイオリア
ある日突然、何の断りも無く、独断で旦那と決着つけに家に来そう。
絶対駄目だろ人妻的に最悪の展開だよ。
そういう人は不倫には向いていないと思います。

■シャカ
不倫というか新興宗教にはまったんだと思う。その人妻は。

■童虎
老師相手なら、それは不倫では無く、孤独死を防ぐための地域の見回りボランティアだと思う。
しかし童虎だったらどうだろう。なんかすっごく下手で初心者な不倫しそうな気がする。
バレバレの変装、あきらかにいつもと違う服とテンション、とりあえず春麗と紫龍には初回からバレて尾行される。この人もやめといた方がいいですね。

■ミロ
不倫、する前にバレそう。なんかもう。
そもそもキャラが明るすぎて不倫のワビもサビもない感じがする。人妻だと知らずにつきあってましたっていう展開もなぜかなさそう。ぶっちゃけ人妻にモテなさそう。なんか違う。この人は。

■アイオロス
意外とこの人はいけるかもしれないと思った。
アテナを抱えて逃げ出したあの時、遭遇したのが城戸光政じゃなくて美人の人妻だったらどうなってたかわかりませんよ。城戸光政だったからあそこで終わったわけでね。事故で死にかけた時に美人のパンチラが見えたおかげで意識を失わず一命をとりとめた人も世の中にはいるという。
危機を救ってくれた人妻となら、あるかもしれない。

■シュラ
この人と不倫ができるような雰囲気のある女になりたかった。
似合うなあ・・・バツイチとか不倫とか、意味も無くやたら似合いませんかこの人。
真面目そうで黙ってそうで、とはいえ危険なところもあり、そして何だろう、不倫相手に誠実そうなんですよ。ある意味とてもよくない男なわけですが。
危ないなあ。この人は危ない。

■カミュ
蟹とは別の方向で「この人と不倫をする意味は一体」な御方。
人妻が不倫に走る時というのは、旦那が仕事ばっかりで構ってくれないとか、女として見てもらえなくて寂しいとか、そういう虚しさ・寂しさが引き金だと思うんです。その心の穴を満たしたくて恋愛に走るわけですが、カミュとの半端な付き合いは穴を巨大化させるだけだろう。
構ってくれなさが旦那以上な気がしてならない。この人と不倫する人妻は、家庭が幸せすぎるか不幸すぎるかのどっちかだと思います。愛人より夫にしてこその人なんじゃないでしょうか。

■アフロディーテ
たぶん、ここに手を出していく人妻は、デヴィ夫人とかそういうジャンルの人だと思う。
金も時間も有り余って、夫の愛人はあの子、私の愛人はアナタ、みたいな違うモラルの軸でまわっている世界。要するに有閑マダムのツバメですわな。
普通の不倫するには、やっぱりこの人もサガと同じく目立ちすぎると思います。バレるし、責任取らなそうだし、素人が手を出すと大火傷しそうな人。

■カノン
同じ顔なのにサガと違って全然バレなさそうなのはなぜだろう。本当に。
すげールーズな不倫しててもバレなさそう。「○○駅前に銀だこできたけど、どうする?」みたいなメールで携帯が埋まってて、旦那に見られても「カノン?ああ、大学時代のサークル仲間」って返しとけばそれで済みそう。人妻も、不倫してから綺麗になったとか一切なさそう。何のための不倫なんだよ。

■シオン
なぜそこと不倫をしようと思ったのか聞きたくなる。
心の隙間を埋めるとかいうレベルじゃない。隙間にスカイツリーをぶち込もうとするような、意味不明な暴挙を感じる。不倫ってそういうものじゃないんじゃないか。つうか絶対無理だろ片手間にシオンは。


以上、黄金聖闘士の不倫適性を考える会でした。
予想はしていましたが、予想以上に駄目だったと思いました。
不倫は良くないです。ダメ絶対。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
江戸女
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/20)
(07/23)
(07/26)
カウンター

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]