忍者ブログ
2007年1月8日設置
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
一ヶ月以上前から、毎日出る蕁麻疹に悩まされています。
突発性蕁麻疹というやつですか。チクチクっとして蚯蚓腫れから地図のように腫れが広がり、小一時間すると何事も無かったかの如く消える。
消えるのはいいけど時間差で全身に出るので鬱陶しいんですよこいつが!

突発性蕁麻疹は原因がわからないことが多いらしいですね。
毎日出るんですから毎日やってる何かがいかんのでしょうが、私の心当たりとしては・・・

飲みまくってた紅茶(カフェイン)
それに入れまくってたはちみつ
食べまくってたチョコレート(カフェイン)


乳製品

花粉
ハウスダスト
ダニ
気温の上昇
2時に寝る不摂生
0時過ぎてうまい棒を食べる等の暴食
食卓に締めるスーパーの総菜の割合の増加
ペットボトル症候群
隣席の上司が手鼻をかむことについてのストレス
その手から伝票が返却されることについてのさらなるストレス
運動不足
肥満
親知らずの虫歯
等。


全くわからん。
心当たりがあり過ぎる。


全部直すのは疲れると思ったので、とりあえずアレルギー検査を受けてきました。
食物と花粉は全く問題ない、ハウスダストとダニは多少あるが蕁麻疹になるほどではない、原因不明ということでした。

はぁ。。。
じゃあもう、親知らず抜いてみるかぁ・・・(超嫌)

ちなみに上記の中で最後までやりたくないのは運動です。
動きたくない。動きたくないよ。


PR



無双6・晋伝終了。
反動で、私は、黄蓋に旋棍を装備させてクロニクルモードを荒らしています。


暗いんじゃああああっ!!!!


いや、司馬懿の私服姿とかある意味心揺さぶられるイベントはあったけどね!変な服脱いだらただのすごい美形じゃねーか貴様!!
ほんともうね、現代の人は皆、晋伝をやった方がいい。
そして頭の良い奴しかいない世の中がどんだけ暗いものか実感するがいい。
やっぱりつべこべ物考える人間だけじゃ駄目なんですよ。
髭と筋肉に物を言わせて船ごとぶちかましていくタイプが必要なんですよ世界には!

晋伝の暗さは、それに尽きると思います。全員知将タイプじゃ爽快になれない。
7でも結局頭良い人しか増えてないし。賈充は黒キャラのテリトリーを早くも法正に持ってかれてしまった感あるしな。
仕える主君の差ですよ、性格悪くて頭が切れる法正は性格も頭も底が抜けてる君主を得て見事にキャラを立たせたんですよ。
司馬昭につくならやる気のあるバカじゃないと!そんな賈充はあり得ない事を私もわかっているんだが!
もう頭のいい美形は腹いっぱいだ!!


・・・とまあ、そんなわけで、やる気満々な戦闘タイプの髭のオヤジを求めた結果、旋棍を装備した黄蓋に行きつきました。6にはまだ鉄舟無いから。
癒されるわ―。
聖闘士星矢がハリウッドで映画化される。
このニュースを読んで以来、一体どんな話になるのだろうと考え続けていて、いくつか案が出たので並べてみたいと思います。

1、原作通り。
まあ、無い。

2、比較的原作通り。
何とか十二宮編だけを抜粋したいパターン。いくら無謀なハリウッドとはいえ人類である以上、二作目が無いだろうことは日本人と同じくらいわかっているに違いない。
一番人気のある十二宮編だけをやりたい。それまでの前段はいらない。
そうすると、星矢も紫龍も氷河も瞬も、とりあえず自己紹介兼ねて開始10分ぐらいで各自の聖衣をゲットし、喜んだ瞬間に何か空が暗くなって悪い奴が出て来て、姉を攫われたり老師やマーマを殺されたり兄が洗脳されたりと戦う理由を発生させて、上映から20分後には聖域に集合している。
それならいい感じにいけるんじゃないでしょうか。
この序幕なら、聖闘士星矢史上初・デスマスクが老師に勝つ展開があるかもしれん。
期待したいところです。

3、比較的原作通り2
原作に合わせて観光客と神父の下りを入れて行くパターン。
ただし空から降ってくるのは星矢と魔鈴ではなく、修行という名の大暴れを繰り広げている青銅4人。既に聖衣取得済み。当たり前のように聖闘士。神父が説明してくれるから違和感ないだろと言い切るスタイルです。開始20分は少年達の交友関係を紹介するのに使われる。星矢と氷河が仲悪いぞみたいな。
この場合は、聖域で一緒に聖闘士として修行していた4人が十二宮の巨悪に気づいて乗り込む感じになります。
巨悪に気づくきっかけとしては、気のいい先輩カシオスが殺されるみたいなところからだと思います。
魔鈴さんも考えたけど、ハリウッドは冒頭で女性を殺すのは避ける気がした。マッチョなら是とする気がした。
また、個人的に高確率で瞬が女性にすげ替えられそうな気がしており、そうするとカシオスも瞬をかばって死ぬとかありそうで、カシオス×瞬という原作でかすりもしない新たな概念を生み出すんじゃないかというところまできました。私の危惧が。

4、ハリウッドの流儀に沿う
星矢が普通の学生でのび太であるところから始まるパターン。ハリウッドと言えばこれだ。
試験は赤点、ベースボールは空振り三振、もしくはトンネルかフライ落球。学校のマドンナ沙織にも煽られ、帰宅すれば祖父・城戸光政にふがいない孫と冷たくされ、ますます腐る星矢。
しかしある日、ダンプが突っ込んでくるか銃弾が飛んでくるか、とにかく何か命を狙われ始め、ついに聖衣に身を固めた怪しい男たちが自宅にまで乗り込んでくる。
彼らを撃退したのは祖父・城戸光政であった。驚く星矢に光政は自分が大神ゼウスの生まれ変わりであることを告白し、星矢にはゼウスの血が流れているのだと語る。
伝説は髭から伝授されなければならないというお約束に則っていくスタイルです。
聖闘士星矢の凄いところは、この構成でもオリジナルキャラを出さずにギリギリ納得できそうなところだ。
紫龍・氷河・瞬は学校内で集められ、紫龍は数少ない星矢の友人、瞬はその彼女氷河は星矢をいじめていたアメフトの主将。黄金聖闘士との戦いの中で、シベリア仕込みの足封じ技をするための複線なんで。

5、聖衣があれば聖闘士星矢であるとする
聖衣以外何一つ原作を踏襲しないパターン。聖闘士星矢ならよくある話。




どのパターンになるにしても、ウケは狙わず真剣に作って欲しいです。
絶対おかしくなるから。真面目にやればやるほど。

楽しみです。
無双6呉伝終了。

ほんとに、赤壁の黄蓋は素晴らしかった。ほんとほんと素晴らしかった。
「孫堅様、孫策様、そして・・・殿! わしは、みんな見てきましたぞ!」
あああああ黄蓋イイイイイ!!!心は震える視界はぼやける、大変な騒ぎでしたよ。もう爺万歳。万歳過ぎる!!
無双6のイベントの熱さは7以上ですわ。大好き!!

いやね、キャラクター人気投票とかもいいんですけどね、でも単なる人気投票だけじゃなくて、ステージごとの「操作したい武将」の投票ぜひやってみてほしい。
長坂の張飛、合肥の張遼、赤壁の黄蓋、彼らに栄冠を!そして抱き枕デビューを!!意外と売れるかもしれないじゃん!!やってみなきゃわかんないじゃん!!

・・・もしかして張遼なら既にあるかも?と思って「張遼 抱き枕」でぐぐったけど、なかった。
ただ、【楽天市場】張遼の通販 っていうパワーワードが出てきた。
届くのか!?ボタン一つで遼来来なのか!?楽天よ!


・・・で、その張遼なのだけれども。
黄蓋が素晴らしかったのはもう3日4日前のことよ実はね。
呉伝を終えた今は、張遼のために叫びたい。

何で張遼こんな最期だァァァァ!!!

これは物議を醸すだろ!!駄目だろ!!張遼と孫権の関係は、これができなかったから良かったんだろうがあああああ!!!!!(魂の叫び)

でも魏伝の長坂から薄々思ってた!無双6の張遼ちょっと可哀想すぎないかって!!
長坂では関羽・張飛・趙雲 VS 張遼 になってて、強いけどひとりぼっちで何か取り残されてた!
呉伝では孫権・練師・丁奉 VS 張遼 になってて、やっぱりひとりぼっちで何か取り残されてた!!
どっちも、お前は一人で可哀想に~仕える主君間違ったな、みたいな雰囲気出されてた!
なんで張遼そんな扱いされてんだあああああああ!!!!

無双7で張遼周辺にやたら友達増えたのはこの反動か。反動だらけだな7。

張遼の死ぬとこだけは見たく無かったです。
無双6夏侯惇の格好良さが常軌を逸していて息をするのも辛くなってきた。

鮑三娘列伝をやったら、真っ暗闇の戦場に敵として出て来て、

「小娘が、この俺に挑むか。泣きを見ても知らんぞ」

と、なんか凄い包容力持たせた口調で言われたんですよ。

鮑三娘に優しいってのがドツボにはまるわ!アホの面倒も俺は見ねばならんという懐の深さを感じる!
馬岱「んもー!なんでそんなにカッコイイの!?」
お前わかってんなその通りだよ馬岱!!と思ったら、馬岱の台詞はあっちじゃなくてこっちへの称賛だった。味方だった。紛らわしい。


夏侯惇はいかにもストイック戦命!な見た目をしているだけに、そうでない感じの台詞が出てきた時のギャップがドツボついてきますね。
ていうか実はそんなに戦好きでも無いですよねこの人。兵に向かって「戦で死にたくはあるまい」という言葉が出てくるくらいですし。
夏侯惇は、己の武を高めたり戦場で暴れたりしたいという欲求はあんまり無くて、本当に単純に孟徳の道を切り開きたいだけなんでしょう。だから極端な話、孟徳の道を切り開くためなら刺身の上に菊の花を乗せる作業でも黙ってずっとやってると思う。
同じラインにたぶん、関羽と周泰もいる。あの辺も兄者と孫権様のためなら365日ガリとワサビ添え続けていられるタイプよ。

曹操が大事にした理由がわかる気がしますね・・・

[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]