忍者ブログ
2007年1月8日設置
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
誤解を解いておきます。


江戸女は虫を食べません。


正直、だんだん虫に対するハードル下がって来てるのは感じるが。
さすがに無理よまだ。さすがにね。それはね。
PR
想像してみたんですけどね。

張遼が行軍の最中、兵糧節約のため蝗食うのはかなりアリかなって思ってしまった。
脚を残してガッと男らしく嚙み切ってくれたら格好良いんじゃないでしょうか。ワイルドここに極まれり感ある。

武将だったら誰でも似合うかっていうとそうでもないですね。
曹仁や龐徳が食ってたら若干引くものがあります。あの人たちは私の中で生理的嫌悪感の崖ギリギリに立ってるんですよ。この上蝗が飛んできたら真っ逆さまに落ちるよ。
許チョは当たり前すぎて新鮮味がないし、典韋はむしろ嫌がってくれた方が萌える。
虫を食う事によって乙女心を掴む男っていうのは中々いそうでいないもんです。

あ、知将だけど賈クは似合うかもしれない。
バッタ食いながらふと「お前さんも、食べといた方がいいと思うがね」とか言われたら、うっかり食べてしまいそうな気がする。

あと、劉備で想像したら、「ああ、民はこのようなものまで食べて飢えをしのいでいるというのか・・・」とか何かまためんどくさい事を言いだしてしまった。ある意味超似合うがこいつはナシだ。

呂布は・・・あいつの場合蝗とかじゃなくてもう・・・いや、何でもないです。

なかなか張遼ほど似合う人いないですね。難しい。
郭嘉と法正の健康について食事の面から考え、蚕の蛹に行きついたあの日以来、ずっと気になっていた一冊をついに購入しました。

昆虫食文化辞典。

昆虫食について死ぬほど書かれた一冊です。
辞典なのでとりあえず『v.昆虫の料理法』という興味ある分野から読んでいってますが、とりあえず、「きれいにした昆虫1カップ」という強力な言葉に出会えて幸せを感じています。きれいにした昆虫ってどういう状態よ。

この本によると、三国時代の中国は蚕食など当たり前くらいの感覚のようですね。
蚕の他には蝗、蝉、スズメバチ、蠅、カゲロウ、甲虫類の幼虫、なんかが食べられていたらしいです。虫だらけじゃねえか。
食ってるわー郭嘉も法正も絶対食ってるわー。
ていうか上記はとりあえず食用なんですが、これに加えてとりあえず薬用もあるわけです。
ミツバチ、ハラビロカマキリの卵鞘、蚕、ラックカイガラムシ、コオロギ、チョウセンクロコガネ、イラガ、シタベニハゴロモ、オビゲンセイ、そしてゴキブリ。等。
郭嘉と法正の生涯虫摂取量どんだけよ。

料理だけでなく虫からの漢方薬の作り方もしっかり書いてあります。
凄い本だ。

武将たちはこういうことも必要知識として持っていたんでしょうか。
兵が餓えた時、怪我をした時、虫の出番は多かったでしょう。良い将軍であれば虫の扱いも当然知っていたに違いありません。
もう張遼も虫カテゴリだな。間違いないわ。

明日には「世界昆虫食大全」が追加で届きます。こっちの方が国別の昆虫食詳細が載っているそうなので、楽しみです。
いやー、世界が広がるわ。
あ。「ハンニバル」も見たことあった。

・・・あれを「ゲイリー・オールドマン」にカウントしていいなら。


私は、中学の頃に「レオン」を見て以来、ずっと、ゲイリー・オールドマンが一番好きな俳優です。なぜだかわからんが顔が最強に好き。この顔以上に好きな顔を見たことが無い。
御年六十になりなんとしている今もあの顔のまま歳とってくれているので、一ポンドも減損することなく大好きなままです。

しかし、大好きなんですが、彼の出ている映画は「レオン」「エアフォース・ワン」「フィフスエレメント」の三本しか見たことがありませんでした。
映画を余り見ない私も悪いが、微妙な作品ばっか出るゲイリー側にも多少の責任はあると思う。
なお、ハリーポッターは予告と画像を見て余りの格好良さに心臓を痛め、ハリーが羨ましすぎて嫌いになりかけて以来、見ていない。

さて、そんな有様だったもんで、ちょっとどうかなと思って、最近ゲイリーの出ている古い映画のDVDを3つ購入しました。
「ベートーベン」と「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」と「トゥルー・ロマンス」です。
その中でも、ドレクセル・スパイビーというポン引きを演じ、強烈なインパクトで後世の俳優に多大な影響を与えたというトゥルー・ロマンスを最初に見たんです。さっき。

・・・事前に、ドレクセルに関する知識は得ていました。大変悪い奴だとも聞いていました。ゲイリー自身、悪い悪い悪い奴だとインタビューで言ってました。
ヤクの売人をショットガンでぶっ殺すシーンとか、全身恐ろしく趣味の悪いファッションセンスだとか、死に方の無様さとかも拝見済みでした。どうでもいいけどこの世でこんなにショットガン似合う俳優ゲイリーだけじゃね?少なくともショットガンをこんなに可愛く受け取れる人他にいなくね?

で、ドレクセルが悪い、悪い、悪い人だとわかった上で、期待を込めて映画を見たわけです。
その結果言いたい。


ドレクセルは悪くねえよ。


びっくりするほど悪く無かったわ!いや、売人をぶっ殺したのは悪いよ?殺人はいけない。
でもそれ別に本筋と関係ないとこの話だからな。本筋に関する限り、ドレクセルは完全な被害者じゃない?悪いのクラレレンス(主人公)で酷いのアラバマ(ヒロイン)じゃない?
ドレクセルがお前らに何をしたよ。クラレンスに「最低の奴だった」とか言われる筋合いどう考えても無いんですけど!
クラレンスの親父にまで「(調べたら)ドレクセルを殺したのは正しかった」とか言われてるが、いやいやいやいやドレクセルはドレクセルなりに頑張ってたんだよ!アラバマには優しかったってアラバマ自身が言ってたじゃん!

なんでそんな死んでも当然みたいな扱いをされているのか。下品だからか。下ネタ野郎だからか。
だが待ってほしい、確かに、壮絶にセンスを疑う豹柄の上着とまぬけなパンツを履いてくっちゃくっちゃ中華料理噛んでる口からマザーファッカーとかビッチとか連発してはいたが、良く見るとお箸の持ち方が意外と綺麗なんだよ。根っからの悪人じゃないんじゃないのもしかして。


ドレクセル・スパイビー、好きです。
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]