忍者ブログ
2007年1月8日設置
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
夏侯惇が格好良いので恋しないように気をつけつつクロニクルモードの絆上げをしていました。

とりあえず大喬になって、夏侯惇を戦友にして連れ歩いていたんです。

夏侯惇にしてみれば、なんで俺がどこの馬の骨ともわからん小娘の面倒をみねばならんのだという思いだったのでしょう。
「あの・・・が、がんばります!」という大喬に、
「俺が手を貸すのだ。無様な戦はするなよ」とそっけない返事をしていました。

惇に釘を刺されるまでもなく、大喬の戦はたぶん相当無様でした。
えい!えい!と扇子でペシペシ敵を叩き、危なくなったら「もう・・・・来ないでくださーい!!」と逆切れの無双発動。
火力が弱いので必然的に「来ないでくださーい!!」を連発しまくることになり、お前は一体戦場を何だと思ってるんだ的な戦をしていました。
当然ですが、戦友の惇はガン無視気味でした。

・・・ですがね。

うっかり無双ゲージが空の状態で伏兵に遭ってしまいましてね。
完全に囲まれて、大喬の攻撃にも隙が出来て、敵が刀を振りかざして、ああこりゃちょっと一撃二撃食らうなとこっちも覚悟を決めた、その時ですよ。

夏侯惇が、横から、文字通り飛び込んでくるなり敵を一閃薙ぎ払い、大喬を背中にかばってくれたのは。

NPCがこんなかっこいい入り方していいのか。
PCで使っててもここまで見事な救援できないよ普通。

朴刀振りかぶって降ってくる雄姿が脳裏に焼き付いて離れません。
惇兄!惇兄!!!





PR
そもそも私は無双7を購入した直後に無双6および猛将伝の2本も購入し、ただPS3が無いからできずにいたのですが、今回無双6をやるにあたって、伝説のコンパチを体感すべく猛将伝は後にとっておきました。

魏伝→蜀伝を終え、クロニクルモードを半分くらいやったところで、もう体感しすぎて吐きそうになってきたので、猛将伝の封を切りました。
そしてやってみて気づいたのは、コンパチは猛将伝でも別に直って無かったんだということでした。
ちきしょう!最初からMIXJOYしとけばよかった!


今、クロニクルモードで、街に郭嘉が出現して喜んだとこです。
そして彼がいきなり「一度見たら忘れられない目をしているね」って夏侯惇に言い放って戦慄が走った。
いや、悪気が無いのはわかってるよ。そういう意味じゃない、ただの最初の挨拶の仕様なのはわかってる。でも惇を相手にそれは駄目だろ。鏡でぶん殴られても仕方ない事をお前は言ったよ。
・・・それともうっかり夏侯惇で話しかけた私が悪かったのだろうか。徒に惇兄を傷つけてしまったのだろうか。だって挨拶代わりにこんなこと言うと思わなかったんだもの。

テロップ『郭嘉との絆が強まりました』

ねえよ。

夏侯惇以外であればほんと誰でも良かったのに、なぜよりによってたまたま惇使ってる時に出てきたんだろう郭嘉。


無双6の時の張遼は、おそらく絶対こういういかにも張遼らしい髪型をしていた。はず。
夏侯惇といい張遼といい、無双7までの間に魏は何かあったのか。
もしかして反龍ブーム?蜀の軍師や軍神と同じデコ出しは避けたかったみたいな?今さら?

無双6の張遼の衣装があんまり好きでは無くて、特に帽子の中途半端な長さがいかがなものかと思っていたんですが、立ちまわりの際にうなじがチラ見えする絶妙な長さであることをイベントを通して知り、考えを改めました。コーエーの流れ矢は怖いよ。どこ狙ってるんだか全くわからないけど命中率だけは激高い。

無双6の合肥では張虎にしっかり「父上」と呼ばれている張遼。
この人の奥さんは、結果から見れば完全な勝ち組に間違いないですが、正直生きた心地しない人生だったろうなと思います。
なぜ夫の主は次々死ぬのか。そしてなぜ夫も毎回殺した人と一緒になるのか。

え?赤壁で魏軍が大敗?
やっぱりね。うちの人が味方についたせいよ。

そんな感じだったかもしれない。

・・・・。
夏侯惇がね。
「まったく、この戦好きめ」とか曹操に言ってしまうのは、まあいいとしましょう。
お前の孟徳好きのがまったくだよと思ったけど、まあ夏侯惇まあそういう病気だからね。仕方ない。

しかしだ。
曹操の共通台詞が開いて、
「さすがだ、夏侯惇よ!単騎で戦う姿、実に絵になるわ・・・」
とか、特殊表情で言うのはどうなの。
その表情はあれよね、女性との親愛イベントに主に使われる恥ずかし照れ顔よね。さすがの夏侯惇もその表情で孟徳言う事は無かったわ。
惇兄の一方的な執着かと思ってたら、実は曹操の夏侯惇好きの方が上なのか?
それに夏侯惇がストレートに応えてやってる結果がこれなのか?
ていうかお前ら真面目にどういう関係?
無双7で「援護」台詞が消えたのは、使いどころが無いんじゃなくて、単に気持ち悪かったから?もしかして。


無双7で曹操が夏侯惇に不自然に冷たかったのは、この反動だったんですね。
なるほど。


「まったく…お前が突っ込んでどうする?追いかけんわけにはいかんだろうが」

という、あんたの目上は恋人か何かかと窺いたくなる対目上援護台詞をかけてくれる夏侯惇。
まあこの人の目上は孟徳専用台詞みたいなもんだからね。仕方ないね。
と思ったら、孟徳への台詞は別に揃えてあった。え、じゃあこれは誰向けの台詞なのよ。

無双7だけどこないだ作った目上目下表を見てみると魏で夏侯惇が曹操意外に目上するのは・・・曹丕
惇のオジサマー!!!
「まあ、お前が追われるのは道理だが…それをさせぬのが俺の役目よ」(対目上「加勢」)
…ねえこれ曹丕のために使うのもったいなく無い…?自覚無く口説いてない?ねえ。

史実の夏侯惇はおそらく絶対にこんな格好良い人ではなくて、芸人で言えば出川みたいな感じだったのではなかろうかと思ってます。
だって曹操の立場的に、不臣の礼を許して同じ車に乗ることを許して寝室の出入りも許す、ってそこまで無警戒に全部許せるのは出川でないと無理ですよ。
格好良くて強くて頭良くてモテる男だったらここまで信頼されてなかったと思います。

・・・そう思い込むことで心を平静に保ちたいです。
惇兄ほんともうクソかっこいいわ。
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]