忍者ブログ
2007年1月8日設置
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16


人違いで色々言われてもう今日は学校をフケたいダンテ。
ごめんごめんごめん!もう言わないから!;


なんかもう絶対ソフトバンク契約しなさそうだなこの人。


PR
昨日に引き続き。

「愛人騒動・ダンテ 信じられないオープン不倫のウラ」

とか報道されてますね。ダンテお前。

まあね、確かにね、あの時、側にアルゴルいましたからね。
大切にすべき人の眼前で隠す気もなく堂々と一線越えさせるなんて確かにオープン過ぎて信じられない行為ではある。

しかも記事の中身読んだら不倫相手の親父まで登場してた。

まさかの城戸光政参戦かい。マニアックすぎませんかね。

一輝だけでも濃すぎるというのに、さらに踏み込んで男でも孕ませそうな絶倫の親父にまで手を出すとは、ダンテお前顔に似合わずどんだけ筋金入りの受け根性持ってるの。
大丈夫なのか。頭とか。

まあ親父の件は所詮東スポの情報なのでちょっと置いときましょう。
そんなことよりここで気になるのは一輝の態度ですよ。
ダンテから誘われて一線越えた後に、最愛の瞬が駆けつけてくるじゃないですか。

その最愛の人に愛人の始末任せて逃げたからねこの人。

ド畜生にもほどがある。一線越えてダンテの心に火をつけたのはお前だろう。最後まで責任取らずにその逃げ方は無いわ兄さん。

いや最初っからわかってましたよ?出逢った時から、ダンテほど一輝は本気じゃなかったですから。それは見ててわかりましたよ。鳳翼天翔も出してないしね。
でもさ。ダンテの気持ちももう少し考えてあげてほしい。
カペラに見せてあげた夢の一欠片ぐらいは分けてあげても良かったんじゃないの。

この場面の一輝兄さん、ほんと罪作るだけ作って去っていきましたよ。ひどいお人。

不倫で思いだしたんですが、今日出勤してブラウザ立ち上げたらヤフートップに


「不倫報道 ダンテ側が反論」


ってニュースが出てて、ダンテお前ってなりました。

・・・え、もしかして何?
一輝と一線越えるか越えないかやってたの、あれそういう意味?

やばい、読み直したら深読みが止まらない。

ダンテ「だがこれでお前は俺からはなれられん!」

やばい。

ダンテ「さあこっちへ入って来い一輝!」


すごくやばい。

一輝「教えてやるが俺は死線など何度も越えてきた!」

もうやばい色々。何のカミングアウトだよ。
駄目だろ人として!


未だにネタが聖闘士星矢目がけて撃ち込まれてくるのは何でなんだろう。面白すぎる。


平等を期すべく、前から抱きしめていくリア魔鈴。
リアの歳から言うと大学生なんだけど4歳差だと留年しなきゃ魔鈴と一緒にならないしー。ある意味この二人なら就職後に愛が芽生えた感じだしー・・・・ということで新人OLとその上司にしてみたら職場不倫みたいな絵面に。
ないわーこの二人で不倫は。

違うんですよ、そうじゃないんですよ独身ですよ二人とも。
夜中まで残業してるアイオリアに魔鈴がお茶淹れて持ってってあげただけですよ。

「!魔鈴・・・!」

ただそれだけで心突き動かされたアイオリア。ちょろ過ぎる。
感謝の気持ちを込めて魔鈴を抱きしめました。

・・・が。


「馬鹿な真似してる暇あったら仕事片付けなァ!!(激怒)」


魔鈴、怒髪天。
彼女は早く帰りたかった。今のでお茶もひっくり返って余計な仕事が増えた。
怒りしか感じていません。

「適当にハンコついときゃいいだろこんな書類!」
「いい加減な事はできん」
「熱心な上司ほどめんどくさいモン無いよ!」
「お前な・・・いや、すまん。今日はもう終わらせる」

魔鈴は怒ったままですがとりあえず終業です。

・・・まあでも、セクハラって思わなかったところが愛ではないでしょうか。
やっぱ魔鈴が強いわこの二人だと。


アス魔鈴。たまに甘えたいワン公アステリオン。

「魔鈴。顔見せて」
「は?殺すよ?」
「つきあってるんだからいいだろ顔ぐらい」
「本当につきあってるわけじゃないだろ!」
「・・・・どういう意味?」

思うんですけど、聖闘士語で「顔見せて」は「やらせて」と同義語ですよね。もうね。

ちなみにこのシチュエーションはリア魔鈴だと想像できない。
アイオリアは女を背後から襲ったりしない。しないんだ絶対。

ここよ。金銀の違いは。
白銀はちょっと卑怯なんですよ。星矢序盤にガチ敵で出てきただけあって、ちょっと悪いんですよ。そこが萌えなんだよ。

「つきあってるから」
「は?」
「つきあってるから。俺達」
「・・・顔は見せないよ」
「いいけど、つきあってるから。よろしく」
「・・・わかったよ」

押しは強い。
アステリオンの生意気そうなところがたまらんですね。
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]