忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6



台風のために、イングランドVSフランス戦、ニュージーランドVSイタリア戦が中止になってしまいました。


「うちにだけ辛過ぎねえかこの大会!!」

女神「なんででしょうね。聖闘士星矢的には安定のオチ感がありますけれど、普通に考えてイタリア物凄く可哀想ですね

蟹「そういう季節だってわかってんなら予備日程確保しとけよおおおお!おかしくね!?俺ら結果的に過去最高の成績だし勝ち点的にもたぶん大損したのはニュージーランドの方なのになんで俺らの方がこんなに辛いの!?理不尽すぎんだけど色々と!!」

女神「デスマスク、怒っていいですよ。イタリアの敗退は全て日本と台風のせいです。なのでロボッティのことは赦してあげてください」

「無理だろ!!!こうなった以上はむしろ本当にあいつの責任重いだろ!つうかむしろ日本こそあいつに感謝して欲しい、あいつがあれやらないで俺達があの試合もしかして引き分けてたら、この中止で敗退してたの南アフリカだぞ!全世界から浴びるバッシングはこんなもんじゃなかったぞマジで!!」

女神「本当ですよね。あのナイスガイ達が二度と日本と目合わせてくれなくなるところでした。嫌いとか怒るとか以前に彼らにとってこの国縁起が悪すぎる。ありがとうイタリア。本当に申し訳ありません。あなた達の試合が見たかった。せめて最後に思いっきり戦わせてあげたかった。でも確かに、オールブラックスVSスプリングボクスの決勝がこれで無くなるのはだけは絶対嫌です」

蟹「ああああああああもおおおおおお!!!」




なんとかなってほしかった本当に・・・
仕方ないのだろうけれども、南アフリカ戦終了時のパリセの顔が焼き付いてますからね。
これで終わるのは苦しいだろうなあ。
どうにか、なんとかなってほしかったなあ本当に・・・

日本での開催は二度とさせてもらえないのでは、という懸念が言われていますが、過去にも本戦で中止寸前まで行った事があるようなので、実際に事例が起こった以上はまず規約を変える事を検討するのではないでしょうか。
この大会がW杯の歴史を変えたと後に言われるような、そんな変化に繋がれば良いなと思います。
PR



聖闘士をラグビー的に評価(謎)した時、圧倒的正義となる男。白鯨星座モーゼス。ニュージーランド出身
マオリなタトゥーを入れてみました。

トライバルタトゥーって言うんですかね。美しいですね、これは。
私はタトゥーはやっぱりぎょっとするタチで、「痛そう」というのが真っ先に来てしまうので苦手でしたが、この機会にちょっと検索してその美しさにかなり意識が変わりました。
さすがに伝統文化なせいか、品がいいです。
気まぐれに入れたんじゃなく、全身ちゃんとデザインして計画的に入れましたという感じがします。

彫り師の方が言うには、刺青やタトゥーにも、格ってものがあるのだそうです。
見た目に美しいと思うのを入れてる人は、多分そんなに怖がる必要は無い。
ヤクザでもフルで入れ切ってる人は滅多にカタギに切れたりしないそうです。それだけの痛みに耐えられるくらいなので忍耐力はハンパないとか。
危ないのは弛んだ体に枠だけ入れて挫折した奴だそうで、そういうハンパ者はイキったりキレたりしやすいんだということでした。
そこら辺わかるようになれば、内面を曝け出してくれているぶん刺青は便利なものだとも言えます。

サッカーW杯で時として人をぎょっとさせる、あのぐっちゃぐちゃなタトゥーも、私は受け入れたいと思うんですけどね。
あれはあれでね、本人に必要な物なんですよ。イブラヒモビッチの自伝読んだらあの手の全身タトゥーを全力で許さざるを得ないですよ。
誰に迷惑をかけるもんじゃなし、それで本人が満たされるならやったっていいじゃないか。


いやしかしそれにしても美しいなマオリのタトゥー・・・


ラグビーワールドカップ2019 プールA。
それは全ての国が自国出身の聖闘士星矢キャラを持つ唯一のグループである。
このグループに日本がいることは運命だとしか思えない。

日本とロシアは言わずもがな。
アイルランドにはミルズ
スコットランドにはジャミアン
そしてサモアにはジャンゴがいるのだ。

念のために言い添えると、ジャンゴは一輝にやられた暗黒聖闘士の元首領、ジャミアンは烏を操る白銀聖闘士の人、ミルズは冥界編序盤でカミュに冥衣を追い剥ぎされた冥闘士である。
格はともかく全部いることは確かだ。


これに気づいた時、私は思った。


ジャンゴはもしかしていい人だったのではないか?

サモアの選手達めっちゃいい人そうだったもん。
ウィキペディアにもこう書いてあるもん。


「日曜は安息日であり、(中略)、刑務所の囚人も解放され礼拝やミサに出かけるが夕方には戻る」


ジャンゴ絶対いい人説。
こんな大らかな土地でそんな悪い人間になれるわけがない。トゲトゲつけていきがっていても、夕方には戻ってくる感じの人だったのだろう。


「共有感覚が強いので窃盗が多発するが、マタイ(チーフ)に訴えれば戻る場合が多い


聞いたか一輝よ。フェニックスの聖衣だって共有感覚の強さで持って行かれてただけで、マタイに訴えればなんとかなってた可能性が高い。
いきなり行って略奪してくるなんて、酷い事をしたもんだ本当に。


「農業と沿岸漁業中心で、コプラやタロイモなどを生産している。なお、ニュージーランドやアメリカ合衆国には国内人口をはるかに上回る規模のサモア人が居住しており、彼らからの送金が経常収支の莫大な赤字を埋めている」


ジャンゴ仕送りしてた説。

めちゃくちゃ偉い人じゃん!一国の経済支えてたんじゃんデスクィーン島のジャンゴ!
間違いない!彼はいい人だったんだ!




・・・W杯って、こうして今まで知らなかった国の事を知れるようになるので、楽しいですよね。






女神「すみません、そこの蟹の人。伺いたい事があるのですけれど今いいでしょうか?」
蟹「・・・ああいいぜ?ただ『南アフリカ』『負け』『反則』『ブレーンバスター』いずれかのワードを出したら殺すからな?何が聞きたいんだ?え?」
女神「後半2分のあれは何だったんですか?」
「知るかあああああ!!!本人でもわかってないもん外野がわかるわけねえだろクソが!!ああああもう嫌だ!これもうヴェントゥーラのせいだろあいつが暗黒持ってきたんだろイタリアに!!サッカーから何かおかしいもん色んなアッズーリが!!
女神「八つ当たりは良くないですよ」
蟹「煽りも良くねえぞ!ラグビーそういう競技じゃねえから!」


南アフリカ VS イタリアの反則。あれは不幸な偶然だったのだろう。
怒りでヒートアップするような場面でも無いし、あらゆる角度で全く意味が無いド派手な違反だったので、逆に悪意も無かったんだろうと信じらる。
どかそうとした結果、なんか持ちあがっちゃったんでしょうね・・・偶然二人一緒に持ちあげる感じになっちゃって、びっくりするほど上に上がってしまったのだろう。気の毒に。
南アフリカの選手が怪我をしなかったのは幸いでした。
イタリアも立ち直って、最後のニュージーランド戦で良い試合をして欲しいです。
頑張れ!


矢座トレミー。アテナ御一行待ちの一服。

仲間が誰も帰って来ないまま、一人で門前払いしろと命じられた。

は?マジで?誰が言ったのそれ、教皇?
あいつ俺がクソ弱いの知ってる?

16歳という難しい年頃で、聖闘士という過酷なヒエラルキーの、矢座というイメージ最下層に入れられてしまった彼。グレるのもむべなるかな。

サジッタという響きは格好良いんですけどね。顔もイケメンなんですけどね。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]