忍者ブログ
2007年1月8日設置
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
「江戸女さんのイラストの蟹は、全裸で闘牛に突進されたり、カーテン閉めさせられたり、ゴキブリに怯えているイメージです。かっこいい絵のイメージないです」(拍手コメより)


聞き捨てならねえ。


反論!
全裸で闘牛に突進されたのはシュラの方が先だし!蟹は全裸で飛ばされたシュラを一人にできないからつき合いで飛んだだけだし!
カーテンは開ける方の蟹も描いてます!(だから何だ)
そしてゴキブリは、怯える絵の前に、ゴキを叩ける蟹も描いてるから!

見たか、私はちゃんと格好良い蟹も描いてる。


・・・真面目な話をすると、本気な蟹を描かないのは、積尸気冥界波が画面にすげえ収まりづらい技だっていう理由が大きいですかね。
先の雑な蟹も、あれ気合入れて描いたってどうせ仕上がりは「今日一本行っとく?」みたいな絵になりますよ。
かといって、正式に右手を上まであげたら顔か手のどっちかが見切れるし、両方入れたら背景空きまくるし、じゃあ上から見下ろす構図にしたらってーと甲子園優勝みたいになるし、下から見上げたら自由の女蟹だし、腕を前に倒せばミロと被るし、それで手首を返せば君の瞳にバキューンになるし、なんとなく右手を顔のあたりに浮遊させてかっこつけさせようとすれば鼻くそほじってる感じになるしな。
むずかしんだよ積尸気冥界波。
色々やっても蟹は360度ネタでできていると確認して終わってしまう。

昔、ステッカーか何かで、すごい格好良い蟹が片手で胸のあたり押さえて、正義は我が心に有り!みたいなポーズで真正面から絵になってたけど、あれ今から考えたら半分以上要素が蟹では無かった気がする。
すごい格好良かったけど。

格好良い蟹ねえ・・・
PR


似たようなポーズでも、蟹だったら、まあこれでもいっかなみたいな・・・
資料見るのもめんどくさいし、ありあわせの記憶で一分か二分でサラっと・・・蟹は茶漬けか何か?

うーむ。


聖闘士星矢を読み返すたびに言ってる気がしますが、また言います。

サガずるいだろ!!

かっっっけええええええ!!!!
かっっけえかっけえこの人ほんとかっっけえええええ!!!

復帰してからサガばっか描いてる気がしますよ!しかも落書きをそのまま上げることに定評のある私にしてはこの人だけはすごく丁寧に描いてる!これでも!
クソ珍しく色塗り分けてる場合じゃないんだよ蟹の話書けよおおお自分!!

弁解させてもらいますとね、蟹への情熱をかきたてるために文庫4巻開くじゃないですか。っかー!蟹かっこええ!!ってなるじゃないですか。その前にまずアイオリアにやられるけどね獅子の男らしさ異常だから4巻。
で、そこから蟹の本質を拝むためにそのまま5巻に突入ですよ。蟹を拝んでもそこで止まらないじゃないですか、シャカ超強い!ミロ!シュラ!!カミュ!!!アフロー!!!!
って高まっていくわけですよ。皆超格好良い、超強い、全員にときめく!!惚れる!!

そのときめきが真打サガの素顔と涙とアナザーディメンションで全て吹っ飛ぶ!

読者の理性が異次元に飛ばされるわ。顔も力も技の名前も、ページめくるたび全てが格好良くてずる過ぎる。この格好良さの一欠片でも他にわけてやってれば、今日ここまで苛烈な星座カーストは無かったであろうに・・・
あああああ総合力でやはり断トツだ、サガ最強。

私はなんか、サガは雑に描けない気がしますね。この顔を雑に描く時はそれはカノンだっていう気がしますね何か。
回答行きます。とりあえず、文庫版を基準に・・・

1、原作「聖闘士星矢」において、最も早く登場した黄金聖闘士は誰か?
正解 サガ。

星矢VSカシオスの試合に教皇として立ち会っており、同じく立ち会っているアイオリアよりも先に出てきます。
・・・関係無いけど、この時の教皇サガ、顔は見えないのに後姿の長髪だけでクソ美形そうな雰囲気は出してますよね。

なお、黄金聖闘士を登場順に並べるとこうです。

サガ(教皇)=星矢VSカシオス戦に立会う。
アイオリア =星矢VSカシオス戦に立会う。
童虎(老師)=星矢VS紫龍戦にて、紫龍の回想に登場。
ムウ    =暗黒聖闘士戦にて、聖衣を修復に行った紫龍と出会う。
シャカ   =暗黒聖闘士戦クライマックス、一輝の回想に登場。
アイオロス =白銀聖闘士戦中休み、真実を話す沙織お嬢の話の中に登場。
ミロ    =白銀聖闘士戦一段落後、教皇の間に呼ばれて登場。
デスマスク =十二宮戦直前、老師を討ちに五老峰に登場して失敗する。
カミュ   =十二宮戦直前、シベリアに登場しマーマの舟を沈める。
アルデバラン=十二宮戦で登場。
シュラ   =十二宮戦で登場。
アフロディーテ=十二宮戦で登場。

・・・改めてみると、十二宮の並びは何だったんだというほどフライングしまくってますね。ジャンプ掲載当時はシャカの初登場が教皇の間での千日戦争だったり、シベリアのシルエットがミロだったりするそうですが、まあ上記が答えと言う事で。

それにしても、普通もうちょっと出し惜しみしませんか。十二宮戦で一人一人新キャラとして登場するのがあるべき形じゃない?三人しかいねえよ新キャラ。
そしてこれ見ると、フライングに定評のあるミロの行動はやっぱり正しい。聖闘士星矢においてはフライングしないと薄い印象で終わることが証明された。
いかんよ。


 2、原作「聖闘士星矢」において、最初に黄金聖衣姿を披露したのは誰か?
正解 シャカ。

暗黒聖闘士クライマックスで一輝の回想にでてくるシャカが、キャラが初めて黄金聖衣を着てるシーンですね。
しかしこれがジャンプ掲載当時は読み切りの別話だったそうで、そうすると初黄金聖衣キャラは教皇の間に登場したミロになります。
・・・なるほど、当初はやはり初の黄金聖衣キャラとして登場したので、ミロも惜しみなく全身出て来たというわけか。それが後日、シャカのせいで無意味化したと。ミロの行き場がなくなったと。
納得した。こういうことの積み重ねでミロはできているのだろう。


黄金聖衣姿の場合は、最後に披露したのは誰か?という問題も面白いですね。
これも順番を正確に並べるのは難しいです。

1、原作「聖闘士星矢」において、最も早く登場した黄金聖闘士は誰か?

2、原作「聖闘士星矢」において、最初に黄金聖衣姿を披露したのは誰か?

なお、回想シーンも含むとする。














・・・どっちもアイオリアだと思ってたら、どっちも違った。
黄金聖闘士の登場順、記憶だけでミスらず並べられる人は凄いですよ。



[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
江戸女
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/20)
(07/23)
(07/26)
カウンター

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]