忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
想像してみたんですけどね。

張遼が行軍の最中、兵糧節約のため蝗食うのはかなりアリかなって思ってしまった。
脚を残してガッと男らしく嚙み切ってくれたら格好良いんじゃないでしょうか。ワイルドここに極まれり感ある。

武将だったら誰でも似合うかっていうとそうでもないですね。
曹仁や龐徳が食ってたら若干引くものがあります。あの人たちは私の中で生理的嫌悪感の崖ギリギリに立ってるんですよ。この上蝗が飛んできたら真っ逆さまに落ちるよ。
許チョは当たり前すぎて新鮮味がないし、典韋はむしろ嫌がってくれた方が萌える。
虫を食う事によって乙女心を掴む男っていうのは中々いそうでいないもんです。

あ、知将だけど賈クは似合うかもしれない。
バッタ食いながらふと「お前さんも、食べといた方がいいと思うがね」とか言われたら、うっかり食べてしまいそうな気がする。

あと、劉備で想像したら、「ああ、民はこのようなものまで食べて飢えをしのいでいるというのか・・・」とか何かまためんどくさい事を言いだしてしまった。ある意味超似合うがこいつはナシだ。

呂布は・・・あいつの場合蝗とかじゃなくてもう・・・いや、何でもないです。

なかなか張遼ほど似合う人いないですね。難しい。
PR



無双6・晋伝終了。
反動で、私は、黄蓋に旋棍を装備させてクロニクルモードを荒らしています。


暗いんじゃああああっ!!!!


いや、司馬懿の私服姿とかある意味心揺さぶられるイベントはあったけどね!変な服脱いだらただのすごい美形じゃねーか貴様!!
ほんともうね、現代の人は皆、晋伝をやった方がいい。
そして頭の良い奴しかいない世の中がどんだけ暗いものか実感するがいい。
やっぱりつべこべ物考える人間だけじゃ駄目なんですよ。
髭と筋肉に物を言わせて船ごとぶちかましていくタイプが必要なんですよ世界には!

晋伝の暗さは、それに尽きると思います。全員知将タイプじゃ爽快になれない。
7でも結局頭良い人しか増えてないし。賈充は黒キャラのテリトリーを早くも法正に持ってかれてしまった感あるしな。
仕える主君の差ですよ、性格悪くて頭が切れる法正は性格も頭も底が抜けてる君主を得て見事にキャラを立たせたんですよ。
司馬昭につくならやる気のあるバカじゃないと!そんな賈充はあり得ない事を私もわかっているんだが!
もう頭のいい美形は腹いっぱいだ!!


・・・とまあ、そんなわけで、やる気満々な戦闘タイプの髭のオヤジを求めた結果、旋棍を装備した黄蓋に行きつきました。6にはまだ鉄舟無いから。
癒されるわ―。
無双6呉伝終了。

ほんとに、赤壁の黄蓋は素晴らしかった。ほんとほんと素晴らしかった。
「孫堅様、孫策様、そして・・・殿! わしは、みんな見てきましたぞ!」
あああああ黄蓋イイイイイ!!!心は震える視界はぼやける、大変な騒ぎでしたよ。もう爺万歳。万歳過ぎる!!
無双6のイベントの熱さは7以上ですわ。大好き!!

いやね、キャラクター人気投票とかもいいんですけどね、でも単なる人気投票だけじゃなくて、ステージごとの「操作したい武将」の投票ぜひやってみてほしい。
長坂の張飛、合肥の張遼、赤壁の黄蓋、彼らに栄冠を!そして抱き枕デビューを!!意外と売れるかもしれないじゃん!!やってみなきゃわかんないじゃん!!

・・・もしかして張遼なら既にあるかも?と思って「張遼 抱き枕」でぐぐったけど、なかった。
ただ、【楽天市場】張遼の通販 っていうパワーワードが出てきた。
届くのか!?ボタン一つで遼来来なのか!?楽天よ!


・・・で、その張遼なのだけれども。
黄蓋が素晴らしかったのはもう3日4日前のことよ実はね。
呉伝を終えた今は、張遼のために叫びたい。

何で張遼こんな最期だァァァァ!!!

これは物議を醸すだろ!!駄目だろ!!張遼と孫権の関係は、これができなかったから良かったんだろうがあああああ!!!!!(魂の叫び)

でも魏伝の長坂から薄々思ってた!無双6の張遼ちょっと可哀想すぎないかって!!
長坂では関羽・張飛・趙雲 VS 張遼 になってて、強いけどひとりぼっちで何か取り残されてた!
呉伝では孫権・練師・丁奉 VS 張遼 になってて、やっぱりひとりぼっちで何か取り残されてた!!
どっちも、お前は一人で可哀想に~仕える主君間違ったな、みたいな雰囲気出されてた!
なんで張遼そんな扱いされてんだあああああああ!!!!

無双7で張遼周辺にやたら友達増えたのはこの反動か。反動だらけだな7。

張遼の死ぬとこだけは見たく無かったです。
無双6夏侯惇の格好良さが常軌を逸していて息をするのも辛くなってきた。

鮑三娘列伝をやったら、真っ暗闇の戦場に敵として出て来て、

「小娘が、この俺に挑むか。泣きを見ても知らんぞ」

と、なんか凄い包容力持たせた口調で言われたんですよ。

鮑三娘に優しいってのがドツボにはまるわ!アホの面倒も俺は見ねばならんという懐の深さを感じる!
馬岱「んもー!なんでそんなにカッコイイの!?」
お前わかってんなその通りだよ馬岱!!と思ったら、馬岱の台詞はあっちじゃなくてこっちへの称賛だった。味方だった。紛らわしい。


夏侯惇はいかにもストイック戦命!な見た目をしているだけに、そうでない感じの台詞が出てきた時のギャップがドツボついてきますね。
ていうか実はそんなに戦好きでも無いですよねこの人。兵に向かって「戦で死にたくはあるまい」という言葉が出てくるくらいですし。
夏侯惇は、己の武を高めたり戦場で暴れたりしたいという欲求はあんまり無くて、本当に単純に孟徳の道を切り開きたいだけなんでしょう。だから極端な話、孟徳の道を切り開くためなら刺身の上に菊の花を乗せる作業でも黙ってずっとやってると思う。
同じラインにたぶん、関羽と周泰もいる。あの辺も兄者と孫権様のためなら365日ガリとワサビ添え続けていられるタイプよ。

曹操が大事にした理由がわかる気がしますね・・・

夏侯惇が格好良いので恋しないように気をつけつつクロニクルモードの絆上げをしていました。

とりあえず大喬になって、夏侯惇を戦友にして連れ歩いていたんです。

夏侯惇にしてみれば、なんで俺がどこの馬の骨ともわからん小娘の面倒をみねばならんのだという思いだったのでしょう。
「あの・・・が、がんばります!」という大喬に、
「俺が手を貸すのだ。無様な戦はするなよ」とそっけない返事をしていました。

惇に釘を刺されるまでもなく、大喬の戦はたぶん相当無様でした。
えい!えい!と扇子でペシペシ敵を叩き、危なくなったら「もう・・・・来ないでくださーい!!」と逆切れの無双発動。
火力が弱いので必然的に「来ないでくださーい!!」を連発しまくることになり、お前は一体戦場を何だと思ってるんだ的な戦をしていました。
当然ですが、戦友の惇はガン無視気味でした。

・・・ですがね。

うっかり無双ゲージが空の状態で伏兵に遭ってしまいましてね。
完全に囲まれて、大喬の攻撃にも隙が出来て、敵が刀を振りかざして、ああこりゃちょっと一撃二撃食らうなとこっちも覚悟を決めた、その時ですよ。

夏侯惇が、横から、文字通り飛び込んでくるなり敵を一閃薙ぎ払い、大喬を背中にかばってくれたのは。

NPCがこんなかっこいい入り方していいのか。
PCで使っててもここまで見事な救援できないよ普通。

朴刀振りかぶって降ってくる雄姿が脳裏に焼き付いて離れません。
惇兄!惇兄!!!





[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]