忍者ブログ
2007年1月8日設置
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
無双6、魏伝終わりました。

お・・・・

重いわあああああ!!!!


これは爽快アクションゲームじゃないのか!!?泣きながら曹操と一緒に死にたくなってるんですけど!!
残された夏侯惇の気持ちを思うと胸が激痛だよ!!
そしてオッサン100%だなほんとこのゲーム!!

無双6やってから無双7やった人は、IF展開にさぞ感無量だったことでしょう。
今この瞬間からもうIFが欲しくて仕方ないです。赤壁勝たせろ。

PR
典韋ィ・・・!!(涙)

無双6の方が7より史実度が高いというか濃いというか暗めでエグイですね。
典韋の最期と、次のステージが曹操の後ろ姿から始まるのが辛い。典韋ぃぃぃ!
序盤からもうバリバリに典韋の死亡フラグが立ってて、こっちは典韋が長く無い事を知ってますから、典韋がらみの全てのイベントが悲しかったですね。
中盤のムービーの、典韋と許チョと夏侯淵がふざけ合って、曹仁と夏侯惇が微笑んで見守る、花木咲き乱れる宮廷の中庭のシーンとか・・・ああ典韋!って思いましたよ。

しかしそれはそうと、ハゲマッチョと第一のデブと第二のデブがふざけ合って第三のデブと髭の旦那が微笑んで見守るムービーは、無双7のイケメン大量投入やむなしと思わせるに十分な物がありましたよね。
いや全員好きよ?どのデブも髭も私は愛している。だがな。
何かがおかしいんだよコーエー。そうじゃないんだよ。ムービーってそうじゃない

直後のイベントで出てきた賈クが物凄いイケメンに見えました。
絶対おかしい。




真・三国無双6を始めました。
魏伝から開始して、今、何も知らない典韋がスカウトされて曹操の世話を全部押し付けられたとこ(兗州の戦い)。
典韋かわいいよ典韋。
これで肩の荷が下りたと言わんばかりの夏侯惇と夏侯淵はよっぽど苦労していたんでしょうね。
その苦労は戦いが開始した瞬間に典韋にもわかったよね。

曹操「ワシが敵を引きつける!行くぞ典韋!」

え、御大将自ら囮になるの?

待って待って待って。典韋そんなに足速く無い!つうか曹操ほんとわき目もふらずぶっちぎりで走ってく。待てよ殿ォ!!

罠にはまったり敵の目の前に躍り出たりする殿のため、ヘロヘロになる典韋。
典韋かわいい。マジかわいい。
将星モードの台詞をコンプリートするべく法正に旅行鞄(「飛刀」の異色武器)を持たせて頑張ってるんですが、色こそヴィトン風といえ、その大きさとか形とかアクションとか法正とかで、私にはもうこの鞄の中には3憶8千万円が詰まっているとしか思えなくなってきた。

お巡りさん。この人です。
以前・・・
無双7全キャラの目上目下対応を調べ、他人に対して最も「目上」対応の数が二番目に少ないキャラは曹操・孫堅・袁紹である、と発表した事がありました。

ごめんなさい、あれも間違ってたわ。

つうか二つ前の記事の通り董卓が次点に落ちたので、彼らは3位なんですが、しかしそういう事ではない。
目上わずか3人という曹操・孫堅・袁紹に並ぶキャラがもう一人いたのだ。

それがこの人です。


































なんでだよ。

曹操・孫堅・袁紹がお互いを目上と認め合う美しいトライアングルの中に、全く違う価値観を引っ提げて馬岱が乱入。
彼、曹操にも孫堅にも袁紹にも董卓にも一切敬意を払う気無し。そもそも他勢力の人間には見向きもしません。彼が目上と認識するのは蜀限定、しかも三人のみ。
それが彼らです。



















劉備・劉禅・法正






おい、馬超どうした。

あんだけ若若言っておきながら、まさかの若・目下認定。
やっぱり若はそうなるよねえ~じゃねえよ。お前がどうなってんだ。

言っときますが、法正を目上と認識する奴、全体でも14人しかいませんからね。
ガキと定軍山の関係者からしか評価されない男ですよ。他勢力からの評価に至ってはゼロですよ。練師にすら徐庶より下と看做された時には本気のバグかと思ったわ。


まあ法正の不遇はともかく。
馬岱、違う意味で骨のある男ですね。・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
江戸女
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/20)
(07/23)
(07/26)
カウンター

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]