忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
さて、私がインド家庭料理の本と同時に購入した本がもう一冊ありまして。
それが「世界のスープ図鑑」です。

世界各国317種のスープが掲載されているスープレシピの図鑑。
自炊者の夢の一つに「毎日違うスープを作れたら捗るだろうなあ」というのがあると思います。正にそういう人に向けた365日分の実用レシピが載った本も世の中にはありますが、繰るページ繰るページ何か似たようなものばっかりが並んでいて作る前に飽きた人もいるでしょう。私のように。
だってさ、そんなんだったら結局、毎日味噌汁の具だけ変えとけばいいって話じゃん。

そう、長くつきあうためにはレシピ本と言えども面白さが無ければなりません。
まあ!そんなスープがあったなんて!という驚きが必要なのです。
そこへ行くとこの「世界のスープ図鑑」は、Amazonレビューで「材料が入手できないものが多く実用には不向きです」と太鼓判を押されており、驚きの宝庫といえるでしょう。
買いです。


というわけで手元に届いたこの一冊。
材料が入手できないとしても、世界中の美味しいスープを一望できるというだけで楽しいです。いくつかは作れるものもきっとあるはず。己のスープのレパートリーを広げて豊かなステイホームライフを送りましょう。

第一章は西ヨーロッパ、栄えあるトップを飾る国は!
















「イギリス」ブリティッシュ・オックステール・スープ















おまえかい!!





この本に対する私の期待が9割下がった瞬間でした。
いやもちろん、世界のスープ図鑑だもの、イギリスが入っててもおかしい事はないですよ?
しかしトップに出張らせるか普通。
そのまま立てつづけにイギリススープ8種も載ってるし。その後のアイルランドの2種入れたらあの島で10種だし。なんなの。

ちなみにアイルランドの2つめのスープは「ギネス・スープ」でその名の通りギネスビールに具材を入れて作るスープなんですが、次のページからドイツのターンが始まりまして、開始早々「アイルランドにギネスのスープがあるのだから、当然ドイツにもビールを使ったスープがある」スープ本来の足場を完全に踏み外した世界で張り合っています。
まだ317分の11ページ目でこの有様よ。なんなんだお前ら。

筆者は米国在住の日本人。改めて「まえがき」に戻ってその述懐を読み直します。

「この本を書くにあたって350種を超えるスープを作り、食べた。一口食べて『うまい!』と一言発し、気が付くと食べきっていたと言う時もあれば、『こんなもんかなぁ』とか『ちょっと変わってるなぁ』とか思いながら数回スプーンを口に運んで終わってしまったものもないわけではない。でも『これはまずいわ』と顔をしかめたものは、正直ひとつもなかった

その『こんなもんかなぁ』の方の感想と行動、私が以前アイリッシュシチューを作ったときと完全に一致するんですがそれは。
私が躊躇なく「まずい」に分類したあの感じを、この人はただ心優しい性格だったから言葉を差し控えただけなのではないでしょうか。

待て。それとも私がイギリスへの偏見を持ちすぎなのか。かつてイギリス料理の本で二つ三つ酷い目にあったからといって、それがイギリスの全てでは無いはずだ。
ここに載ってるスープは本当に美味しいのかもしれん。
ブリティッシュ・オックステール・スープは、大して煮出してもいなさそうな野菜を途中で全部廃棄するあたりに疑惑を覚えるが、他のレシピ、そう他のレシピを見てみよう。


■ロンドン・パティキュラー
「ロンドンを舞台にした映画を見ると、霧に包まれた幻想的な光景に目を奪われる。でも実はそんな美しいものなどではなくて、工場などの煙突から噴き出す煙が充満したスモッグなのだ。このどんよりしたスモッグまみれの霧をロンドン・パティキュラーと呼ぶ。ひどい名前がついたスープだとは思うが、実際に作ってみるとその色といい濃度といい、この名前がぴったりのスープなのである」


なのである、じゃないよ。

このまるで不味そうな説明からなんの逆転も無く決着しといて、どのあたりを得意げに「なのである」だよ。
不味いんじゃないのか?不味いよねこれ?


「でも、ロンドンの人が愛するおいしいスープであることは保証つきである」


誰の保証よ。
ロンドンの人の保証か?
前もそうだったけど、イギリス料理ってイギリス人の保証しかついてきてない気がする。気のせいか?


大丈夫なのかこの本。ちゃんと美味しいレシピ載ってるのか?
西ヨーロッパ章は他に・・・ドイツの次にオーストリア、ベルギー、オランダ、スイス、あとはフランスか。
フランスはさすがの貫録で初っ端の栗のポタージュからだいぶ美味しそう。「うちはビールを鍋にぶちまけるようなことはしませんが?」と言わんばかりに控えめなコニャックで具材を炒めブイヨンで煮込んでいる。作るの大変そうだけども正直これは食べてみたい。

なるほど。出だしイギリスで読者をひるませておいてから真打フランス登場で一転安心度を高めると言う、そういう流れね?確かにトップかトリかと言ったらフランスは断然トリに置く方が良・・・


と思ったらその後に大トリでジャージーいたよ。
※ジャージー:イギリス海峡に浮かぶイギリス王室属領の島。


なに・・・?
この本はガチでイギリス推しなの・・・?
ジャージー1種しかないけど、なんでこれイギリスやアイルランドの次に入れないでフランスの後に入れたの・・・?

ジャージーからのスープは「ラ・スップ・ダンジュール」。大型アナゴを使ったスープです。
この魚自体は美味しいものだというので、そんな大間違いはしなさそうな気はするんですが、レシピを気をつけて読んでみると、材料として用意したはずの塩・適量を入れた形跡が一切無く、これそのまま作ると味無いぞ。大丈夫か。
塩は食卓で入れろと言うことなんですかね・・・イギリス式・・・・?


「本当に美味いしい料理なのか」「レシピは本当に正確なのか」。二重の致命的な不安を抱えた「世界のスープ図鑑」。
第一章西ヨーロッパだけでもだいぶ読み込み甲斐があります。お薦めです。
PR
本格カレーを志してから5日、玉ねぎを「飴色になるまで」炒めるという苦行で貧血を起こしたりミキサーを破壊したり塩を入れすぎたりしながら、私はキーマカレーとチキンカレーを作って美味しくいただきました。
本格カレーが美味いというよりは、どちらかというと自分が作った物はなんだかんだ美味いの法則による美味さな気がしますが、きっと家庭料理とはどこの国もそういう物なのでしょう。

こうして異国の料理を作ってみてなんとなくわかってくるのは、「スパイスを調合して使う」というのは日本では手間としてカウントされますが、現地ではこれむしろ手抜き手段なのだろうなと。
使うスパイス変えるだけで味が変わりますからね。亭主の弁当の一角は毎日ジャガイモ炒めでOKみたいなことができるわけだ。なるほど。
晩御飯の残り物にスパイスを加投入して味変えて詰めたりできそうですし、インドの主婦うまいことやってるもんですよ。

インド式弁当箱欲しいな・・・
金属の皿にカレーを小分けに盛って並べてみるの、やりたいですねえ・・・

本が来ました!

・・・・・

・・・よし、「はじめに」を読む限り、筆者がインド料理に取り憑かれている事は明らかだ。
料理のできる私を見てvではない、私の向こうにインドの叡智を見よぐらいの迫力を感じる。この人は本当にインドが好きなのだ。

私の職場でもかつて、どうしてもつのる衝動が抑えきれず突然仕事を辞めてインドへ放浪の旅に行ってしまった部長がいました。本当に。文字通り。
インドには一部の人を虜にする何かがあるのでしょうね。

それはともかく、こういう愛ある人が書いた本なら間違いないです。絶対美味しいはずです。
似た感じの愛に溢れたイギリス紳士による料理本を元に作ってみたアイリッシュシチューが壊滅的に不味かった記憶がありますが、あれはあれです。これとは違う。

映画の中ではね、ダッバの中に色んなおかずが詰まってたんですよね。
私なんかインドと言ったらカレーしか思いつかないですから、カレーじゃなさそうなあのおかずは何だろう、世界昆虫食大全に乗ってた写真に似てる気がする、みたいなもやもやで胸いっぱいだったわけです。

ちなみにその大全はインドについては次のように記載しています。
「インドはベジタリアンが多いので、昆虫を食べる人は限られている」
ベジタリアンが少なければ昆虫を食べる人は限られないとでも・・・?

とにかく、映画のあのおかずは虫では無かった。あれが何だったのかはこのインド料理の本を読んで行けばわかるかもしれない。
インド=カレーのイメージとは今日でおさらばだ。よし!

そして私は読みました。


・・・・・・




・・・・・・・・






・・・・・・・・・・・






・・・・・・・・・・・・・・・・






どう考えてもカレーが美味そう。


ごめん、確かにサブジ(野菜の惣菜)とかダール(豆のシチュー)とか色々あるんだけども、カレーが他を圧倒して作りたい。バターチキン超美味そう。
それにそもそもまだスパイスの神秘に目覚めていないこちらとしては、サブジやダールのレシピを見ても、要するに全部カレー味なんじゃないかと思ってしまう

作ってみたら多分変わるのだと思いますよ、この認識は。でも!カレーが作りたいし!


インドはやはりカレーだった。
そんな認識を新たに、明日はスパイスでも買ってこようと思います。



ところで・・・・

ダッバーワーラーという職業は、「植民地時代のインド人が、職場で出されるイギリス飯に堪えかねて自宅から弁当を運ぶ人を雇った」のが始まりだそうで、イギリスが何を昼飯に出してたのかが気になります。
食材のタブーが複雑とか、カースト制度のために外食がままならない等の背景も色々考察されていますが、多分それ以前の問題があったんだろう。
塊のまま茹でたハムとか45分茹でた野菜が毎日出たんだきっと。


昆虫食文化辞典。190ページかけて各国の昆虫料理から風味栄養、採取、養殖方法を語った後に、「Ⅷ.食品混入昆虫」の章が設けられています。
この本に「虫が食品に混入する」という概念があることにびびりました。
散々ミールワームのトルティーヤとか女王蜂幼虫のオムレツとか出しておきながら今さら何を。やっぱり料理じゃなくて混入だったのかあれは。

しかし読んでみるとやはりこの本はこの本でした。

まず、昆虫は種類も個体数も多いのであらゆる食品に混入している、純粋な食品など望めない、と逃げ道を断つところから話は始まります。しばらく、いかに昆虫が普段の食品に入っているかの力説が続き、よって我々は好む好まざるにかかわらず昆虫を食べているのだ、となって、世界にはそうした混入昆虫を気にせず食べている人もいる、という、あたかも人類が積極的に虫を食ってる風な方向へと導いていきます。おい待て。無茶をするな。

そしてこの章の本題に突入します。つまり、「食品に混入した昆虫を知らずに食べたため、具合が悪くなるということがあるであろうか」というところです。
虫が混入したからって何が悪い!食えよ!と言いたいのです。

『日本でも、食物混入昆虫を食べた時の身体に及ぼす影響が調べられている。チャタテムシ目のヒラタチャタテ成虫1,250匹という大量を小麦粉に混ぜて油で揚げたものを、1日1回、3日連続して8人の成人男性健常者に食べてもらい、医師による血液検査などを行った』

無茶をするなよ。

昆虫食を擁護するために大切な何かを見失ってないか。チャタテ虫千匹・・・うおぇ。
『測定値は何れも基準値の範囲内で(中略)したがってチャタテムシを摂取した場合の健康への影響は極めて低いと判断された』
チャタテ千匹はもうそういう問題じゃないんだよ。健康に問題ないから食えとかそういうことじゃないんだよ!

『昆虫自体、あるいはその一部が混入することを防ぐことは事実上不可能である。それではどうすれば良いかと言うと(中略)気にせず食べてしまうことである

ことである、じゃねえええええ気になるわ!めちゃくちゃ気になるわ!

『残留を気にしながら有毒な殺虫剤を使うより、多少とも栄養にプラスになる昆虫を食べるほうがベターであろう

栄養にプラスとか言い始めた!昆虫が混ざってる方が得だみたいな感じになってきた!

『日本では、昆虫などの異物が食品に混入することに異常といえるほど神経質になっていて、購入した食品から例えば、ゴキブリの死骸が見つかったりすると、そのメーカーはロットの全部を回収して処分したりすることになる。これは行き過ぎではないかと思う』

なんでいきなり最強の虫持ち出してきた。

言わんとすることはわかる!しかし!読者の同意を得たいならここはもっとほかのマイルドな虫から入るべきだったのではないか!
ゴキブリに対するハードルがあんたとこっちじゃ全然違うんだよ!気付いて!

著者がいいなあと思っているのはアメリカの混入基準だそうで、一定量に対し虫の痕跡がこれ以上なら欠陥品、それ以下なら許容、というのが食品ごとに決められているのだそうです。
例えばピーナツバターだと「100g中に平均30個以上の昆虫断片が存在する場合」は欠陥品となります。29個以下なら可です。多くね?

そうしたアメリカの、食品ごとの基準が4ページ半に渡りこれでもかとリストアップされているんですが、混入があったとしてそれがどういう欠陥にあたるのかが右端に記載されており、70数件全て「見付きを損なう(見た目が悪い)」になっています。
健康に悪いわけじゃないんだぞという執念の主張を感じます。

著者もとにかく「混入など気にするな」と言いたいだけの章だったのでしょう。「Ⅷ.食品混入昆虫」は、リストを除いて実質わずか3ページ半しかありませんでした。

やっぱりこの本に、「昆虫の食品混入」という概念は、無いわ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]