忍者ブログ
2007年1月8日設置
[33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23
今、すごくすごく好きなサイト様があります。
内容が面白かったりキャラへの愛があったりキャラが魅力的だったり・・・なのは言うまでもないのですが、何よりその方の操られる媒体自体に対する真摯な愛情が感じられる気がして、とても心に優しいのです。

自分の思ったことや考えたことを表現したとき、それが本当に伝わっているのかどうか。
ってのは作者にとって重大な問題です。ここで自信なくすと作れる物も作れない、無理に作れというならもうあとは金と薬の力に頼るだけよ・・・みたいな、なんか失ったら色々やばいことが起こりそうな部分です。
自分の力を信じるのも大事だし、自分の手がける媒体の力を信じるのも大事だと思ってます。

私の場合は字書きなんで、何はさておき文字の力を信じなきゃいかんのです。たかが45文字フゼイに何ができるとか思っちゃいけない。漢字だってカタカナだってアルファベットだってあるじゃないか。一度結託したら奴らの威力ははんぱねぇぜもう地球は奴らのものさ、人類は負けたんだ・・・・!

そこまで信じられたら後は冷凍冬眠でもして宇宙に脱出しつつ反撃の機会を待つだけですね。ぜんぜん関係ない話になるので捨てます。

それこそなんと言っていいかうまく表現できないのですけれども、技巧とかインパクトとか、そんなものは手段に過ぎないんだよ、と教えてくれる作品が世の中にはあります。
下手だけど良い、とも全然違う。
もちろん上手い、上手いんだけどその人が上手くなったのには相応の理由がある。ああこの人はこれを表現したくて立ち向かったがためにこの技量が磨かれたんだ・・・・そういう作品はすごくシンプルで美しいと思うのです。
そして自分もがんばろう!と思う。

冒頭のサイト様にはそうした意味でいつも力をもらっています。もちろん萌えも(笑)
キャラクターが表情豊かで大好きにならずにいられません。
本当にありがとうございます。
PR
[33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]