忍者ブログ
2007年1月8日設置
[274]  [273]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263
    

星矢のカナダキャラというと真っ先に私が思いつくのがバイアンです。檄も熊を殺してましたが、バイアンは本場のカナダ人。
しかしカナダは大変平和な国なので、どうして彼が青春時代真っ只中(18歳)で海闘士に就職しようと思ったのかわかりません。

カノン「そこの人!ストップ!ストップアフターミー!」
バイア「?どうしました?どこに行きたいんですか?」(←カナダの人は観光客に親切でした)
カノン「君がバイアン君か。そうだな」
バイア「はい。・・・・どうして俺の名前を知ってるんですか?」
カノン「ポセイドンが教えてくれたのでな」
バイア「ポセイドン??」
カノン「フッ、そうだ。喜びぶがいい、お前は汚れたこの世界を救うため、永き眠りから目覚められた海神ポセイドン様の戦士として選ばれたのだ。共に新時代を築く礎、海闘士として!」
バイア「・・・・まりーな・・・??」
カノン「そうだ。さあ俺とともに来い。お前は今日からポセイドン様に仕えるのだ」
バイア「え!?ちょ・・・!」
カノン「行くぞ!ゴールデントライア・・・!!」
バイア「やだ!俺やだよ!今度の試合、レギュラーに選ばれてんだから!」
カノン「む・・・・試合・・・・?」
バイア「アイスホッケー!ようやく試合に出してもらえるんだから今どっかに行くなんて無理!」
カノン「アイスホッケー・・・・」
バイア「そう。将来はプロ選手になるんだ」
カノン「貴様・・・ホッケーのために世界を犠牲にするというのか?お前はこの世界を守る為に選ばれた戦士なんだぞ!」
バイア「戦士って・・・・そういうのは隣の国で集めた方がいいよ。ここからなら電車で行けるよ。あの国の人好きだよそういうヒーロー物。じゃ、そういうことで・・・」
カノン「待て!待ておい!ちょ・・・待て!いいのか!?海闘士はすごいぞ!?強いんだぞ!?かっこいいんだぞ!?いいのか!?断っていいのか!?おい!!」
バイア「ホッケーできないんなら興味ないから・・・」
カノン「できる!ホッケーも超できる!っていうか最強!!メジャーリーグで優勝したもん今年!!海闘士になったらホッケーも上手くなります!!」
バイア「・・・・・嘘だぁ・・・・」
カノン「本当です!!!!嘘だと思うなら海底神殿来て見ろマジで!すごいから!!」
バイア「・・・・・・・・」


カナダ行ってみて、カナダっ子バイアンの株がものすごい上がりました。
PR
[274]  [273]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]