忍者ブログ
2007年1月8日設置
[298]  [297]  [296]  [295]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287
今気がついたんですが、聖闘士星矢大全での紹介って、デスマスクとサガの順番が逆になってるんですね。

ムウ (見開き)
アルデバラン (1ページ)
デスマスク (1ページ)
サガ (見開き)

・・・ページ数の都合で前倒しになったか・・・ほんと細かいところでいい仕事してるよ蟹・・・・


で、第4回です。ムウとアイオリア。
この二人も難しいですね。どのくらい難しいかというと、私にとっちゃムウとサガ以上に難しいです
だってなんていうか、この二人は過去のわだかまりとか関係修復とかそういう問題じゃないですよ。完全に違う世界で生きてますよ。同じ高校に入学して同じクラスになっても特に会話することもなく卒業式を迎えるタイプだよ。お互い相手と友達になろうとか全く考えず、そして同窓会でもなぜかタイミングが合わなくて両者が揃うことは無い。
聖域でも二人だけになることはなさそうでね。なんとなくどちらも無意識で二人きりになるのを避けてそうなんです。好き嫌い以前に何話していいかわからない感じ。

だからそんな二人が二人きりになる状況を無理なく想像しようとしたら、ジグソーに拉致られて一室に監禁されることしか思い付かなかった。
原因は120%銀魂最新刊のせいです。

リア「・・・・ぐっ・・・く、ここは・・・?」
ムウ「気がつきましたか」
リア「ムウ・・・・?な、なんだこの鎖は」

アイオリアの首には重たい首輪がはめられています。そこから延びる鎖は、壁に取り付けられた人の頭ほどの輪を通って、そのままムウの首へ繋がっています。

リア「・・・どういうことだこれは」
ムウ「さあ。聞かれたって私にもわかりません。・・・あんまり暴れないでください。あなたが鎖を引っ張ると私の首にも衝撃が来るんですから」
リア「おい!誰かいないのか!何のつもりだこれは!」

アイオリアが怒鳴ると壁のモニターにジグソーが映し出されます。

ジグソー『ごきげんよう諸君。私の名は(略)これはゲーム(略)そこにノコギリ(略)どちらかを殺(略)24時間(略)アテナの命(略)
リア「何ぃ!?俺達のうち片方が相手を殺し、その首をここに置いてある糸鋸で切って落として首輪を外して24時間以内にあのちょっと遠い位置に置いてある鍵を使って部屋から脱出しないと俺達の命を奪った上にアテナの命まで無くなるゲームをするだと!?貴様ぁぁぁぁぁっ!!!!一体何を企んでいる!!!!!」
ムウあなたが今逐一復唱したことを企んでるんじゃないでしょうか。どれだけ説明させる気ですか、せっかく適当に略してくれたのに」
リア「ふざけるなよ!!貴様の思い通りになどならんぞ!!」
ジグソー『フッフッフ・・・それでは健闘を祈る』

プツっ、とモニターが切れて。
部屋には一瞬、不気味な静けさが落ちます。

リア「くそっ!ふざけた野郎だ。未だかつて戦ったどんな敵とも違う。何と言えばいいか、こう、ものすごく戦いづらい。こんなことで俺達を試すつもりか。フッ、あいにくだがこちらには試される気など毛頭無いぞ。奴がどんな卑劣な罠を仕掛けようと、アテナの聖闘士として戦い抜くまでだ!そうだな、ムウよ!」
ムウ「そうですともアイオリア。あなたの死は無駄にはしません
リア「・・・・・・。」

アイオリアが振り向くと、そこにはしっかり糸鋸を構えているムウ

リア「・・・・待て。お前それをどうするつもりだ」
ムウ「どうするって・・・・まだそんなゲームの意味がわかってないみたいなことを・・・・」
リア「ゲームより貴様の意味がわからん!!!!殺すつもりか俺を!!?」
ムウ「違いますよ、頭と胴を切り離すだけ。はい、じっとしてー」
リア「!!!」

ゴガアッ

ムウ「・・・・大丈夫、怖くない怖くない」
リア「死ぬほど怖い!!!!!!至近距離から瞳孔全開で微笑まれるのは本っっ気で怖いわ!!!!というか何で俺の時だけホラー!?!?他の奴らに茶だの靴下だの出してた貴様はどこへ行った!!!!」
ムウ「らしくありませんよアイオリア。人の話を羨むなんて」
リア「羨むとかそういう・・・・・・っ、くそっ!とにかく退け!!こんな体勢ではまともに話もできん!」
ムウ「!!」

糸鋸片手に自分にのしかかってくるムウの腹を蹴り、同時に自分の鎖を思いっきり引っ張るアイオリア。
繋がれた鎖はそのままムウを引き離します。

ムウ「くっ・・・・!」

辛うじて床に着地し、鎖を引っ張り返して均衡を取り戻すムウ。

ムウ「ケホっ・・・・意外と頭を使うじゃありませんか」
リア「お前こそ、意外と頭を使わないようだな」
ムウ「アテナの御命がかかっているので。時間もありません、あなたには死んでいただく」
リア「完全に悪役の台詞だぞ。落ち着け。たとえ命が助かったとて、俺達が殺しあったことを知ればアテナは決して喜ばん」
ムウ「大丈夫ですよ。あのジグソーとかいう虫さえ潰せば他に目撃者はいません
リア「だから何で俺のときだけド汚い人格になってんだ貴様はあああああああっっ!!!!」
ムウ「ならあなたが私を殺しますか?できますかあなたに」
リア「断る。俺は仲間を裏切りはせん。貴様が狂おうが下手な芝居で挑発しようが俺は断じてお前に手は出さん」
ムウ「おや。気づいていましたか、芝居だと」
リア「らしくなさすぎるわ」
ムウ「そうですか・・・・」

ムウは困ったように微笑みます。

ムウ「このくらいド汚ければあなたも躊躇わなくなるかと思ったのですが」
リア「フン。見損なうな」
ムウ「そうですか・・・・・失礼しました。ならば芝居はやめて本気で」
リア「待てええええええええええっっ!!!!!なんでそうなる!!?!?ここで終わればいい話だろうが!!!!」
ムウ「脱出せずに終わったらアテナの命が無いんですよ、何を言ってるんですか!」
リア「どうかしてるぞ貴様!脱出もくそも、こんな鎖はちぎって捨てればいいだけだ!!」
ムウ「無理です。この鎖は匿名希望の客の依頼で私が作った特注品。黄金聖闘士の一人や二人の力でちぎれるものではない!」
リア「阿呆かああああああああっっ!!!!ふざけるなよ、結局貴様が元凶か!?なんでこんなクソ怪しい鎖の注文受け付けた!!どうするんだアテナの命!!」
ムウ「だからもう、どちらかが死ぬしかないんですって。すみませんアイオリア、私のせいであなたが命を落とす羽目に」
リア「なんで俺だ!!使いたいならまず自分のを使え!!」
ムウ「それは要するに私に死ねと?」
リア「死・・・・い、いや、そうは言わん!死ぬ以外に何か方法があるはずだ。テレポーテーションで脱出とか何かあるだろう何か!」
ムウ「!・・・・・・・・・・」
リア「・・・・・どうした?」
ムウ「・・・・そ、うですね、冷静に考えてみればこの建物ごと壊してみてもいいわけです、し」
リア「・・・おい。テレポーテーションはだめなのか?」
ムウ「私としたことがうっかりしていました。建物自体は別に普通の強度ですよね、ここ」
リア「おいっっ!建物壊さなくてもお前がテレポーテーション使って逃げれば済む話なのではないか!?なんで聞こえないフリをしている!そんなに俺に指摘されたのが悔しいか!!こっちを見ろムウ!!おい!!!!」
ムウ「では壊すということで」



・・・・・・・こうして。
1つの建物の崩壊と引き換えに、アテナの命は守られたのでした。
めでたしめでたし。


・・・・・この二人にはなんとなく、爆発オチがよく似合うと思いました。
PR
[298]  [297]  [296]  [295]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]