忍者ブログ
2007年1月8日設置
[547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539]  [538]  [537


シュラとは違う部分でアイオリアと被るキャラ。
蠍座のミロ。

獅子と蠍で短気キャラの双璧なイメージが定着してますが、ミロは割と、原作中では止め役やってますね。
氷河を帰らせようとしたり、ポセイドン編の時にはムウとアイオリアの一触即発を止めに入ってますからね。
あれアイオロスの聖衣が飛ばなければ、喧嘩をおっぱじめるムウとアイオリアに向かってミロがスカーレットニードル撃ちまくるというカオスな状況になっていた気がしますが、星矢助けるよりもそっちの方を止めようとして射手座の聖衣は飛んだのではないだろうか。

あと、ミロがアイオリアと違うところとして勝手に思ってるのは、この人の方が女に対して抵抗なさそうだなと。
とっさに腕掴むとか全然躊躇せずやりそうだなと。
だってミロって、他の何で訴えられようとセクハラ冤罪だけは生涯縁がなさそうじゃないですか
普通に生きてたら女に嫌われることは無い。そういう風に思いながらそういう風に生きられる男だよ。くっそ。

なので、ぜひとも女キャラと絡んでみていただきたいと思い、原作中にチャンスを探したところ、あったよ十二宮。
魔鈴が毒薔薇にやられて倒れて、星矢が覚醒したところにシャイナが来て彼女の手当を引き受けている。
つーことは、魔鈴もシャイナも天蠍宮を通ってる。
よって、上図のようなことも起こりうる。
ダッシュで通過しようとしたシャイナの腕を掴んで止めるミロです。

魔鈴はムウから連絡受けてたから通したけどシャイナのことは聞いてなかった。周囲から隔絶された十二宮の孤島・ガラパゴス天蠍宮。
とっさのことでリストリクションよりも先に手が出たけれど、それでも右手は使わなかったら萌えますね。爪が伸びた手で女触ったら危ない、とかいう理由だったらいいよね。シャイナこの時ノー聖衣ですから。普段着ですから。

ミロ「おい待て女!なんだお前は!」
シャ「な・・・!放しな!!」
ミロ「さっきの魔鈴とやらの仲間か?だがお前のことは聞いてないぞ、何しに来た」
シャ「あんたに構ってる暇は無いんだよ!通してもらうよ、どきな!」
ミロ「黄金なめてるのか。通せと言われて通すようなら番などせんわ!・・・っ、ええいクソ、少し待て!いま受付に確認する!」

おいムウ!受付コラ!もう一匹女来たぞ、どういうことだ!?
あ、すみません、連絡漏れてました。魔鈴の御友達です。通して下さい。

ミロ「通して下さい・・・って、こいつはとんでもなく軽装だぞ、正気か!?・・・は?蛇遣い座のシャイナ?こう見ても白銀聖闘士?嘘だろうオイ・・・なんだと?アイオリアの彼女?どっちが!?こっち・・・・あ?魔鈴?先に行った方か?仮面が普通の方だな。だったらこいつは何・・・・もしもし!もしもし!!くそっ、電波が悪い!!」

・・・なんとなくですが、仮に聖域に携帯電波が届いたとしても、天蠍宮だけ圏外スレスレな気がします

ミロ「おい、シャイナとやら。もうなんだか仕方がないから通してやる。だが条件がある、聞け」
シャ「ふざけんじゃないよ、誰がお前の条件なんか・・・!」
ミロ「聞け!こういう場所には二度と聖衣無しで来るな。その格好では何かあったら怪我ではすまん。次は絶対に通さんからな。わかったか」
シャ「!」
ミロ「あと、ついでだ。必要な時には呼べ。いいな」


俺様だけどめちゃくちゃいい奴。それがミロだと思ってます。
PR
[547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539]  [538]  [537

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]