忍者ブログ
2007年1月8日設置
[550]  [549]  [547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539


牡牛座アルデバラン。
顔で負けてるとか言われるし、確かに美形ではないけれど、でもさ、星矢を実写でやったらこの人の配役はオリバー・カーン系列ですよ。ハンサムじゃないけど色気あるよ。確実にモテる。

アルデバランが実は少しだけ魔鈴のこと好きだったりしたら萌えるなあと思ってます。
少しでいい!贅沢は言わない、少しでいいから!
だってさ、アスガルド編で魔鈴が見舞いに来てたじゃないですか!傷ついて寝込んでるところに見舞いに来られたら男心だってちょっとは動くだろそうだろ動けよ牛ぃぃぃぃ!!
魔鈴も普通に親しそうだったし、特に恋愛事を意識してない時点では、獅子も牛も彼女にしてみりゃ同じ位置だったんじゃないでしょうか。

でも、アルデバランはアイオリアが魔鈴に惚れてるのに気づいていると。そりゃ気づくわ視聴者が気づいてるぐらいだ。
そうなるとアイオリアに譲るだろうなあと思う。この人そういう人だもの。後輩の星矢に負けを認めて道を譲るくらいですから、アイオリアの方が魔鈴を想ってると思えば笑顔も崩さず即座に身を引くだろう。

そう考えるとね。ポセイドン編の初っ端が深いよね。
日本で星矢達の看病するアテナの護衛についたのがアルデバランで、その任務に身を投じた結果ソレントに負けるんですが、私は前から不思議に思ってましたよ、なんでわざわざこんな巨体をギリシアから空輸したのかと。
他の奴でいいじゃん。アイオリアでいいじゃん、彼は日本に一度来たことあるんだし。

この時のアルデバランの言によれば、「アイオリア達と相談した結果」自分が日本に派遣されたということでしたが、相談したならなおさら真っ先に除外される人じゃないのか。飛行機のシート2つは必要だろ。

そもそも、「アテナの身辺警護」という任務に対してアイオリアが名乗りを上げなかったはずはないと思うんですよ。相談なんかする必要もない、
ムウ「日本におられるアテナの警護が必要ですね」
リア「俺が行く」

以上で終わるよ。
まあ、あるいはミロが俺も行くとか言い出して、二人も行く必要は無いでしょう今回はアイオリアに頼みましょう、なんでだずるいぞいつもいつもアイオリアばっかり俺にも出張させろ、あのねミロそういう話をしてるんじゃありませんよ、という一連の流れがあったかもしれず、それを聖域用語で「相談」というのかもしれませんが、そういう経緯があったにしろアイオリアが最有力だったと思います。

でも、アルデバランはそこでなんとなく不穏な予感を覚える。
彼はそういうのに疎い方だけれども、隣のムウが聡い方。何か嫌な予感がするのを日ごろからアルデバランには何気なく漏らしていたとか。ムウはアルデバランには割とそういうの言うと思うし。
で、そんな不安材料をこの「相談」の最中に思い出したアルデバランは、よくわからない危険の中にアイオリアを投じるのはどうだろうと考える。彼に万が一何かあったら魔鈴はどうする。
少し考えて結局。
「俺が行く」、と言いだしたんだろうなあと思います。

ちなみに彼の発言にはムウとシャカが同意。アルデバランの考えをなんとなく読んだ。そしてこの二人が賛成したらもう誰も覆せない。
かくして、アルデバランは日本へ旅立っていったのです。



っていうね。
そういう妄想も似合うこの人は、やっぱり素敵な人だと思いました。

だめかなああああああちょっとは魔鈴のこと意識してくれてないかなあああああああああ。


PR
[550]  [549]  [547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
11 12 13
16 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
江戸女
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/20)
(07/23)
(07/26)
カウンター

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]