忍者ブログ
2007年1月8日設置
[1106]  [1105]  [1104]  [1103]  [1102]  [1101]  [1100]  [1099]  [1098]  [1097]  [1096
「国を探し求めてさすらっている」と言えば、ああ私も今からその国に帰るところですよという旅人がきっと現れると、私は・・・

現れるどころか、暗に「そんな国は無い」と教えてくれてるっぽいコメントが続々届いているんですが!?
いいやある!きっとある!東に進んでるから見つからないだけなんだ!西にまっすぐ行ったら大陸にぶちあたるはずなんだ!そうだろう卵!!立て立つんだ卵ぉぉぉ!!!(机に叩きつけながら)


・・・・


・・・・考えたんですけどね?
夢の国はある。どこかにきっとある。
しかし私はまだそこに入る資格を得ていないだけなんだ。そりゃそうだ、たった一作書いたくらいで入国審査をパスしようなんて甘いっつーのハハハ。
きっともっとアステリオンとか白銀とかたくさん書けば航路は開けるに違いない。コロンブスだって、出航するまでは何か色々大変だったんだろう、よく知らんけど。

アステリオンで次の一作を書くのだ。書くしかない。そうだ。

しかしここに一つ問題がありましてね。
もしかしてPixivって一作書いてる途中に他の作品を書くことはできないのでしょうか。
今ね、うっかり蟹のバカ話を書き始めてしまっていてね。
こいつが邪魔でアステリオンが書けない。

いや最愛の人に邪魔とか言いたくないけど。言いたくないけどね。
正直この話、タイトルで出オチしたかっただけな上に要旨は開始一行で終わってるから、もういいんじゃないかな。書きあげても蟹に何一つメリットない話よ。真面目に。
だからうん、あんまり言いたくないけど、邪魔だなあって・・・。

困った蟹ですね。
PR
[1106]  [1105]  [1104]  [1103]  [1102]  [1101]  [1100]  [1099]  [1098]  [1097]  [1096

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]