忍者ブログ
2007年1月8日設置
[1111]  [1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105]  [1104]  [1103]  [1102]  [1101
今日はプロ野球のドラフトの日でしたね。
いいですよね、若者がどきどきしながら指名を待つあの空気。大事に育てて欲しい。皆活躍してほしい。

十二球団でドラフトできるなら十二宮団でもドラフトできるんじゃないかしら。
必ずしも地元(同じ星座)指名じゃなくてもいいのよこの際。ドラフトだもの、有望な新人取るためには細かい事にこだわってらんないのよ。

まず、当然星矢はドラ一指名が被りますね。
金牛宮、双児宮、獅子宮、巨蟹宮、人馬宮の五宮団競合だ。
他の奴らはわかるとして、なぜお前も星矢指名だ蟹よ。

「今年最高の選手であるのは誰もが認めるところ。何より、彼を獲得して宮団のイメージを変えたい

気にしてた、実は気にしてたよ蟹。あのイカレたアニメに出演したせいか。人生を考え直したのか。星矢を足蹴にした頃の面影はそこにはない。

まあくじは外すんだけども。

アテナのロゴを当たりと間違えたアイオリアがガッツポーズをしてしまったり、多少の混乱はあったものの、星矢のくじ引きは無事終了。人馬宮が交渉権獲得。おさまるところにおさまった。

しかし本当のサプライズは星矢でも蟹でも無い。

メジャー宣言の一輝をシャカが強行指名。

沸き起こるどよめきと拍手。そんなのありかと不満を隠さないサガ監督。
もちろん一本釣りだが、当の一輝は回答保留。ていうかドラフトを見てすらいない。
彼が処女宮に来るかどうかは今後のシャカの説得にかかっている。

星矢に続いて指名が被ったのは紫龍。
天秤宮と磨羯宮の一騎打ちとなり、くじ引きの箱に手が届くかと危ぶまれた老師が交渉権獲得。
シュラはくじ運めちゃくちゃ悪い気がしますね・・・といって、競合を避けるような駆け引きできるタイプでもなさそうですしね。。。

競合物件の間を縫って、ムウが瞬を一本釣り。思い入れと言うより、

ムウ「器用ですし、武器の扱いが上手いので」

誰よりもドライに自宮団の必要を考えていた。

その真逆に監督の思い入れ120%で指名したのが宝瓶宮の氷河。
ドラフト前に堂々ドラ一氷河宣言をしていたカミュ。まさか天蠍宮と競合するとは思ってもみなかったし、動揺のあまり自分がくじを外すとも思って無かった。

カミュ「ミロ・・・貴様!なぜ!!」
ミロ「ドラフトとはこういうものだろうが!俺だって氷河が欲しいわ!」

しかし氷河、その日のうちにもう1年シベリアで浪人することを宣言。
ドラフトの意味を無に帰す行為は物議を醸したが、ひとまずミロのドラ一は潰れた。

残る双魚宮は完全独自路線。そいつドラ二で十分取れるんじゃね?と全ての人に思われながらヒドラ市を指名しゲット。アフロ監督が一体何を考え来季どんな編成を目論んでいるのか、誰にも全くわからない。


・・・そんな感じでしょうか。
ちなみに、双児宮は次の外れ一位で社会人即戦力のカノンを指名して、獲得できたはいいものの、この『外れ』一位という扱いが後々監督選手間のしこりとなるんだと思いました。
PR
[1111]  [1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105]  [1104]  [1103]  [1102]  [1101

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]