忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
読みなおせば読み直すほど、月岡津南が不憫でならない・・・

まず何はさておき、こんな変なペイズリー柄のバンダナ頭に巻いてるところがもう大変に友達いなさそう。友達一人でもいたらそれやめたほうがいいよってきっと言ってもらえてた。
友達いないまま十年、美人画でも春画でもなく美男子画を絶賛されながら絵師として働き、その裏で黙々と炸裂弾作っては押し入れに溜め続けていたというのも深すぎる闇を感じる。
誰も信用せず誰からも発見されず完全孤独のテロリスト(未完)な彼だったが、左之に見つけてもらった時は嬉しさのあまり十年ぶりに微笑んで酒出してもてなした上、その場でテロ計画まで打ち明けてしまう。多分テロリスト向いてない。

それに対して左之は彼を道場に招いて今の仲間たちと一緒にパァ―っと宴会をするわけだが・・・
友達作らせてテロ計画をやめさせる腹かと私は一瞬思ったが・・・
そこに並べられたフグ刺しも寿司も酒も全部費用月岡持ちという事実で、現場がただのリア充によるオタク苛めにしか見えない。
妙と燕にねだられるまま似顔絵まで描いてあげてるよ月岡・・・たかられてる感ハンパない。
そんな彼に楽しかったか?と聞く左之助はサイコパスか何かか。と答える月岡。当たり前だろう。なんでたかられた上にそんなこと聞かれるのか意味がわからなかったと思う。

それでも左之が一緒にテロってくれるのが嬉しい月岡、その左之に腹を殴られて昏倒させられてテロも失敗に終わる月岡目覚めたら十年かけて溜めた炸裂弾すべて没収されていた月岡、それでも怒りの矛先は剣心のみに向かい左之のことは一切疑いもしない月岡あんた十年人を信じずやってきたのになんで左之だけそんな信じるんだ月岡!

左之が京都に行く時は路銀の無心に応じてやるし、その時の「これだけあれば足りるだろう」という言葉から単に金出すだけでなく必要経費の計算までしてやったっぽいし、左之が斎藤に殴られた時は真っ先に出て来て慰めて傷の手当てしてやろうとするし、真面目に月岡津南は左之助の何なの。嫁?

ぎゃあぎゃあわめいたり叫んだりせず、静かに書き物をして生計を立て、酒の用意を切らさず、大切な人が旅に出るときはそっと金を包んでやり、道中無事を祈って護身用に炸裂弾を手渡す。
作中のどの女より女子力高ぇよ。これは良い嫁になる。間違いない。

・・・それともやっぱりテロのとん挫を恨んでて、左之助死ね!ぐらいのつもりで新型炸裂弾渡したのだろうか。
テロリストから足を洗ってブン屋に転身したはずが何のつもりで炸裂弾を作り続けていたのか、ぜひ聞きたい。
PR
ヤフーでね・・・「るろうに剣心15巻無料試し読み!」ってしてたから読んだんです。
何気に今まで一度も読んだ事無くてね・・・絵が苦手でね・・・

それで、私は12巻までは順調に斎藤一ファンに育っていたんですよ。
悪徳外道警官かと思ってたら、意外と事務仕事終わってからじゃないと決闘に行かないほど真面目な警官で面倒見も良くて強くて、ただクソほど性格が悪いのが欠点、という素敵な人だった。大好き斎藤さん。

それなのに・・・それなのに12巻クライマックスで・・・

月岡津南にシフトしてしまった。


月岡ァー!!!
あんたの新型炸裂弾、面白すぎるだろおおおお!!!!


なんなの。どういう展開なのこれ。
フィルムケース大の炸裂弾3個巨大鉄甲船を撃沈しましたよ。
しかも遠投で外から外装に「コン」って当てただけでよ。導火線も無いのよ。
核でもここまで凄くなくね?

志々雄が財産の5分の3つぎ込んで作って「惚れてくれるか」とか言って「煉獄」とまで名前つけて切り札に出してきた巨大船が、まさか出航もせずに沈むとは。
その炸裂弾作った奴が人生こじらせて友達いなくて引きこもってる東京の神絵師だとは。
「煉獄」なんか作らなくても月岡の長屋に放火すれば東京は壊滅していたはずだったとは。

志々雄は、「検心の読みと斎藤一の判断、自分自身の隙が最大の原因」と失敗分析していましたが、違うと思う。最大の原因は月岡津南の炸裂弾の超威力だと思う。どう見ても。

私、強すぎる敵は好きじゃないんですけど、志々雄は気の毒過ぎてこの先何やっても暖かい目で見てあげられる気がしました。

志々雄はなぜ月岡をスカウトしなかったんでしょうね。見つけられなかったのか。
京都が活動の本拠地だから、東京の引きこもり絵師の裏の趣味に気づかなかったのは仕方ないかもしれない。改めて書くと気づかなくて当たり前だとも思う。
だけど竹田観柳が気づかなかったのはどういうことだよ。奴は東京で元御庭番衆かこって武器商人目指してたんですよ。押入れ一杯の火薬買い溜めて爆弾製造してるやべー奴の存在になぜ気づかなんだ。

逆に、竹田が駄目なんじゃなくて月岡津南が凄いってことかもしれませんけどね。凄いって言うか、ほんとに一人も友達いなくてどこにも漏れなったんだと思うんだけど。
まあそのせいで外からの情報も入って来ず、初登場時は視野が狭く思考も古いという弱点がありましたが、それも絵師やめてブン屋に転身したことで克服どころかむしろ情報強者に踊り上がったという事実。強すぎる。

ぶつけただけで鉄甲船を沈める威力の炸裂弾を何の説明もなくもたされてた左之助(と彼を殴った人々、よく生きてられたなあ・・・
誰にも気づかれなかったという事実と、こんなもんを唯一の友達に「護身用」として持たせるあたり、月岡はたぶん作った炸裂弾のテスト一切してないんでしょうね。

恐ろしい人だ・・・色んな意味で・・・

そんなわけないとわかっていますが、書いた瞬間に落とすんだもの、責任を感じずにいられないではないですか。

86番の人、すみません。私のせいだったかもしれない。


そんなわけないけど!けん玉!
三山ひろしは科学的にけん玉が成功しやすい歌作って紅白出るべき。
AI美空ひばりができるならこれだってAIでなんとか出来ると思います!


けん玉きたーー!!



って書いた瞬間落とした。
今年も大晦日がやってきました。大掃除、絶望的に終わっていません。始まってもいなかったのかもしれない。
またこのまま新年に突入するのか・・・

大晦日といえば私の愛する紅白歌合戦です。今年もけん玉するのかな。
全体を無難に終わらせる年も、気が狂ったようにド滑る年も、等しく心から愛しています。
私としては世間の風当たりがどんなに強くても大晦日にはあの鐘を鳴らして欲しい派でしたので数年前から鳴らす人いなくなったのはちょっと残念ですが、それはそれで世相を反映する紅白らしいと言えるのかもしれません。
「今年ヒットした歌が出るべき」と言うのはまあ正論です。しかし歌には時を超えて聞いてこそ心に沁みてくる力もあるのです。若い歌手が出場辞退するなら懐メロに尺割いてもいーじゃねーかという気がしないでもありません。思い出を壊さない範囲でな。

というわけで、紅白歌合戦に先駆けて、私が個人的に好きな、大掃除中に頭の中に沸いて作業を妨害した懐かしのメロディーを今日は列挙したいと思います。


■「Shake Hip!」米米CLUB
いきなり知名度微妙なところかもしれませんが、これ大好きなんですよ。浪漫飛行も傑作ですけども僅差でこちらの方が好きかもしれない。歌詞とメロディーの兼ね合いが完璧。米米は何気に言葉の扱い物凄い上手いんですよね。
おかしみのある上品なエロ歌詞を、若干ダサめなドラムで、ものすごく格好良い声したド派手な正統派美形の男がふざけきって歌うという、この混沌を出来る歌手もう中々出ないだろう。
カールスモーキー石井の全盛期は本当に格好良かった・・・なぜこの人はこの見た目と声でここまでふざけてしまうのかが心底謎だった。
キャッチ―なメロディーでちょいちょいひっくり返してくる声がまた素晴らしい。パフォーマンスでふざけていても、石井さんの声にはもともと男っぽい真剣さがあるので、聞き手を色んな方向に揺さぶってきます。
この時代のバンドの演奏は今ほど楽器の音の層が無い代わり、ヴォーカルの声に迫力があった気がしますね。今は優しい声の歌い手が多いです。


■「TRUE BLUE」LUNA SEA
LUNA SEAの中で一番好きなのこの曲かなと思います。これも歌詞とメロディーの兼ね合いが素晴らしい歌。初っ端から突っ込んで行く「壊れそうな程、狂いそうな程、切ない夜には・・・」のリフレインには麻薬的なものがある。
今、若い人の自殺が社会問題になっていますが、私達が学生の頃にも死にたくなることは今と変わらず山ほどあったと思います。ただ、代わりに歌が死んでくれていた感はありました。ヴィジュアル系ロックバンド全盛期ってそういう役目の時代だったのかなと。死の中に浸れる芸術は常に需要があるものですが、彼らのおかげで非常に良い形で供給されていた気がします。
奇抜な格好しておどろおどろしい歌詞を歌うバンドに夢中になる子供たちを親はさぞかし心配したろうと思いますが、歌が身代わりになってくれて命を救われた人は多かったんじゃないでしょうか。
全盛期の河村隆一は街歩くだけで女がフラフラ釣られてくるという伝説の色気を持つ人でしたが、今目線で見るとSUGIZOが明らかに普遍的に格好良い。スタイル良いは正義。


◾︎「誘惑」GLAY
高校時代にガチファンだった為、好きな曲を一つに絞ることは全くできないんですが、「誘惑」はあの時代の勢いと格好良さと今から見たらクソダサい合成技術が目まぐるしく襲ってきて息もつけないPVになっているのでピックアップしたいと思います。
合成がダサいPVは他にいくらでもあります。もちろん。しかし、背景合成されたTERUのダサさによって、直後の合成されていないTERUが恐ろしく格好良く引き立っているという一周回って結果OKな映像になっているため、時代を経てインパクトが増した好例と言えましょう。
全盛期のTERUはFF8主人公のモデルになったほど格好良い人だったんですよ…

…そろそろ言っても良いだろうか。不老不死になれとは言わない。しかし一時代を容姿で席巻し、老いてなお芸能人やるんだったら、太るなよと。禿げ化は良いよ仕方ない。しかしデブ化は防止できるだろう。腹が多少出るの仕までとやかくは言わない、ただ顔の輪郭を死守してくれればそれで良いんだ。頼みます本当。


◾︎「もっと強く抱きしめたなら」WANDS
メロディーラインが美しすぎる。ピアノで弾かれると何度聴いても感動する。
よくB'zと比較されるバンドですが、声質似てても歌ってる世界がだいぶ違いますね。WANDSは青春、B'zは社会人のイメージです。だからB'zの方が息が長いのだろうと。その代わり、B'zには美しさで感動させる歌って無い気がします。社会人には若さの美しさなど無いのだ。
誰が歌っても素敵さは揺るがない歌ですが、やっぱり上杉昇に歌って欲しいですよね。
…ね。この切なさもWANDSって感じですね。


◾︎「ZERO」B'z
B'zで一番好きな歌、私はこれなんですけどね。サビまで耐え続ける一曲。耐えた分、サビの格好よさが堪らない。サビに入る瞬間が最高に良い。歌詞も良いですよね。毎朝布団の中で思うやつですよ
若い頃は稲葉さんの声しか耳に入ってませんでしたが、今聴くとギターが全くダサくなってないという点が物凄いですね。下手すれば稲葉さんの声も若干古いかもしらんというのに、これは凄い。


◾︎「ロマンス」PENICILLIN
他の曲全然知らないんだけどもこタイアップが神がかっていたため絶対的に好きな歌。セクシーコマンドーに彼らを合わせた人は天才だと思う。今どこで何をされているのだろう。
なんかとにかく勢いが良いですよね。何が何でも愛に気づかせる感じが。そしてこちらが気づいても全くついていけなさそうな愛のヤバさ加減が。
ビジュアル系バンドは総じてイロモノ扱いされてましたけど、ビジュアル系の中でもイロモノっていうか変態性の高めなバンドのイメージでした。なんちゃって変態やエロ系変態ではなく、何考えてるのかわからない系変態を彼らの曲からは感じていました。


◾︎「街」sophia
これゲームのCMで初めて聴いたきのワクワク感が凄かったです。サビと同時にバーっとゲームの世界を高みから見下ろすシーンが流れて。それでゲームではなく歌を入手しに行くというね。
sophiaは一応ビジュアル系ですが歌はとても真面目で、道徳観があった気がします。不良でも変態でもなく、普通の子の歌という感じで。
その感じで熱唱する「街」がまた良いんですよ。クライマックスの畳みかけて行く所の必死さと、その先で見つけて終わる清々しさと、ほんといい歌だこれは。


思いつくまま書いたところで、紅白始まりました。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]