忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
フィギュアスケートで好きなプログラムは何か?という質問をいただいたので考えてみました。

私は、というか多分誰でもそうなのでしょうが、「その選手のために存在している」ような作品が好きです。
羽生のセイメイ、キャンデロロのダルタニアン、ヤグディンのウィンターと仮面の男、バトルのアヴェマリア、高橋の白鳥の湖、キムヨナはそういう作品多いですが中でもレミゼが好きでした。

しかしどれか一つを選べと言われたら、悩んだけどこれだと思います。

2013年全日本の町田樹の「エデンの東」。

あれは何度見ても涙出てくる。

そして次点でランビエールのフラメンコ。
完璧を見たかったですね…

こういう作品に出逢えるかどうか。大事ですよね。


PR
羽生も宇野も凄すぎる。

そして何よりブライアン・オーサーが強すぎる。

フィギュアスケートとは滑り、飛び、そして最後にオーサーが勝つ競技だった。



エアリアル女子、予選で明らかに開催国枠で登場したと思われる韓国の少女が愛しかったです。
他の選手が前に後ろに横にぐるんぐるん回転する中、彼女はただ腕をパタパタしながら真っ直ぐ回るのが精いっぱいで、しかも着地に失敗する。
ああああ腕痛くしてるよ、大丈夫か;
英語解説でも、「彼女はまだたったの16歳だ」「あ」「ああ・・・」みたいな感じで、沈痛な雰囲気だけは伝わってきた。
どの選手もみんなこういう時期があったのだろう。頑張って欲しい。

気の狂った謎の競技ですが、ずっと見てるとこれが最も普通なスポーツなのではないかという気がしてくるから不思議な物です。死んだんじゃないかと思うほどの着地失敗も、思いっきり雪に突っ込むのがなんか羨ましくなってくる。
なんか・・・楽しそうじゃない?ある意味どの競技より雪と戯れてない?
そしてこの競技、無駄に美人多くない?

以前見た時もこの競技、夜に行われていたんですが、昼だと太陽がまぶしいとか何か理由があるんでしょうか。
シュールな競技だ・・・

男子フィギュア。羽生選手の「ソチのリベンジがしたい」は、ですよねと思いました。
ソチの男子はあれみんなでコケましたからね。
確かに金は金だしメダルはメダルですが、ヤグディンからのプルシェンコ、そのプルシェンコを破ってライサチェクという「完璧」の流れを思うと、やはりしっくりこない。まあ、羽生のせいっていうかパトリック・チャンのせいでしたけども。世界中が応援してて羽生がてひどくコケて全ての風がお前に吹いてる中なぜ羽生以上にこけたのか。羽生がこけた冒頭の四回転を自分は成功させたにも関わらず。なぜ。
ソチはほんと・・・ほんとなあ・・・・

ネイサン・チェンは、可哀想ですね。なんか五輪って、「五輪に愛される選手」っていうのがいるんですよね。そしてその逆もある。五輪の女神は浅田真央とブライアン・ジュベールに親でも殺されたのかと思う事があるわけですよ。
ネイサンもその系譜なのではないかと・・・
トラウマにならないと良いですが、ちょっと、これから大変そうな子だなあ・・・

あと、ステファン・ランビエールが、格好良いまま歳を取ってくれてるのが嬉しくてなりません。
ありがとうランビ。引退しても維持できる人がいる事を示してくれた。


っしゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]