忍者ブログ
2007年1月8日設置
[194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184
      


■これまでのあらすじ
自分と間違い猛毒菌ドクツルタケを人間が誤食することについて悩むシロフクロタケ。
ドクツルタケに毒キノコを辞めるように言うがドクツルタケは聞き入れない。
それどころか彼の毒は自分を乱獲から守る為のものだった。
思いがけないドクツルタケの優しさに戸惑うシロフクロタケは、一人、林に佇むのだった。


シロ「ドクツルタケの毒が私を守っていたなんて・・・・そんな・・・・」
オニ「シロフクロタケーっ!」
シロ「!オニフスベ!」
オニ「ううう、うわあああ!」
シロ「ど、どうしたんだオニフスベ!?いたっ!痛い!しがみつくなっ!お前は全長50cmにもなる巨大キノコなんだぞ!力加減って物を・・・」
オニ「シロフクロタケ!おいどんは、おいどんは駄目な男でごわす!キノコ一本守れなかったでごわす!」
シロ「何があったんだ・・・?」
オニ「かくかくしかじかでごわす!ベニナギナタタケさんは、カエンタケに脅されて、逃げられずにいるんでごわす!」
シロ「カエンタケが!?あいつ、誤食を誘発するだけじゃあきたらず、ベニナギナタタケにそんなことまで・・・・!」
オニ「おいどんはベニナギナタタケさんが不憫で・・・・あん人はカエンタケなんかとは全然違うでごわす。カエンタケはニクザキン科だけっども、ベニナギナタタケさんはシロソウメンタケ科でごわす!語感もなんも全然違うでごわす!じゃっどん、人間達は間違って食って・・・・!」
シロ「人間にはわからないんだ。ベニナギナタタケは細くて柔らかくて先が尖ってる。カエンタケは硬くて先が丸くて成長すれば枝分かれもする。だけど・・・・大部分の人間には、紅くて変な形をしたキノコは全部一緒に見えるんだ」
オニ「変な形じゃないでごわす!ベニナギナタタケさんは細くて綺麗なキノコでごわす!腹菌類ホコリタケ科のおいどんにしてみればあんな綺麗な形はないでごわす!そりゃあシロフクロタケは天下のヒラタケ類で傘も柄もある綺麗なキノコだけっども・・・」
シロ「悪かった悪かった。変な形は取り消す。ベニナギナタタケはイソギンチャクみたいで確かに綺麗だ。カエンタケは・・・あいつも見た目だけなら珊瑚みたいで綺麗だけど・・・」
オニ「じゃっどんあいつはああ見えてチャワンタケ類でごわす!キクラゲ以下でごわす!」
シロ「オニフスベ。菌種差別はいけない。カエンタケの問題は、あいつが何類かってことじゃない、あいつが毒だってことなんだ。よし、オニフスベ。私が行って来る。行って、ベニナギナタタケと話をしてくるよ」
オニ「ほんとでごわすか!?」
シロ「ああ。カエンタケなんか恐くない。私だってドクツルタケと長年つきあってきたんだ」
オニ「シロフクロタケ・・・・!恩に着るでごわす!カエンタケを忘れることができたら、きっと、きっとベニナギナタさんはおいどんのところに!」
シロ「・・・・・それは保証しないけど・・・・・。まあ、それじゃ行って来るよ!」
オニ「気ぃつけて!」

かくしてシロフクロタケはベニナギナタタケの元へと赴くのであった。



・・・どういう関係なんでしょうね、こいつら。キノコなのに行ったり来たりしてますしね。

それはそうと、キノコは名前も美しいです。
白袋茸、毒鶴茸、紅薙刀茸、火炎茸、鬼贅。

PR
[194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]