忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181
キノコの世界は奥が深いですよ。
例えばですね、ドクツルタケ(毒)とシロフクロタケ(食)は外見がよく似てるので誤食しないように注意と書いてあります。

シロ「ドクツルタケ。いい加減やめないか、人間に危害を加えるのは」
ドク「は?なんだシロフクロタケ。なんでお前にそんなこと言われなきゃいけないんだ」
シロ「君は何をしてるかわかってるのか?君を食べた人間は肝臓や腎臓の細胞を破壊され、時として死に至る!どうして・・・どうしてそんなに猛毒菌なんだ!」
ドク「うるさいな。俺をよく知りもしないで食うほうが悪いんだ。そうだろう?」
シロ「君は私と外見がよく似ている・・・人間は私と間違えて食べるんだ。私はなんとかして区別してもらおうと、傘の裏をピンクにしたり柄の下のほうを膨らませたりしてるけど・・・だけどそれじゃ足りないんだ!どうして君はそんなに白くて中高平らで条線の無い傘なんだ!毒キノコを気取りたいならテングタケみたいにすればいいじゃないか!」
ドク「ハッ!あんないかにもキノコですみたいな外見が俺に出来るか。どうせ目指すならカエンタケ目指すだろうよ。あれぐらい毒毒しければお前も文句は無いんだろう?」
シロ「馬鹿な!あの猛毒野郎のせいでベニナギナタタケがどれだけ心を痛めていると思ってるんだ!?自分が食用でなければ人をカエンタケの犠牲にすることもないと、毒性への突然変異すら考えているんだぞ!」
ドク「ほう。いいんじゃないか?突然変異。スギヒラタケだってやっただろう。あいつももう人間に食われるのが嫌になったのさ。時代は脱・食用だ」
シロ「食用から毒性に変わるなんてそんな恐ろしいこと・・・・私は絶対認めない!」
ドク「知るか。勝手に言ってろ」
シロ「くっ・・・・。ドクツルタケ。私は知っているんだ。本当は君だって、猛毒菌なんかやめたいんだ」
ドク「はぁ?」
シロ「だって君は外生菌根菌じゃないか」
ドク「だからどうした」
シロ「私のように死体に根を張る腐生菌じゃなくて、植物と栄養を分かち合って共生するキノコなんだ。君は・・・・君は本当は自然に優しいキノコなんだ!」
ドク「・・・・・・バカを言うな」
シロ「もうやめろ。やめるんだ毒キノコなんか。頼むから・・・・・頼むから・・・・っ・・・・!」
ドク「・・・・・・・・・・」
シロ「・・・・・ドクツルタケ・・・・・」
ドク「・・・・・・・・・・」
シロ「・・・・・・・・・・・・」
ドク「・・・・・・じゃあ、お前はどうするんだ」
シロ「・・・・え?」
ドク「俺が猛毒菌であることをやめたら人間どもは躊躇無くお前を狩るだろう。そうなったらお前はどうする。自衛手段が取れるのか?」
シロ「!!・・・・・・ドクツルタケ、君は、まさか・・・・」
ドク「猛毒菌の気も知らないで、知ったような口をきくな」
シロ「ドクツルタケ・・・・・。だけど、私は・・・・・私は・・・・・・・・」


ほんと奥が深いよキノコの世界。
PR
[191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
江戸女
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/20)
(07/23)
(07/26)
カウンター

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]