忍者ブログ
2007年1月8日設置
[200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190




スギ「・・・・・ねえ」
ドク「?」
スギ「どうしてそんなこと知りたかったの?」
ドク「・・・・・・」
スギ「スギのことが知りたかったから?そうなのね?」
ドク「別に。そうじゃない」
スギ「じゃあ何で?毒に変わる方法なんて聞いて、どうするの?」
ドク「どうもしない」
スギ「嘘だよ」
ドク「・・・・・・」
スギ「だってそうじゃなきゃこんなところになんてこないでしょ?ね?・・・それともほんとにスギに会いに来てくれたのかな。そうだったら嬉しいな。スギねえ、ドクツルタケが好きなの。大好きなのよ」
ドク「それはさっき聞いた」
スギ「何度だって言うよ。ドクツルタケが好き、大好き、大好き、大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き・・・・・」
ドク「やめろ」
スギ「すきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすき」
ドク「やめろよ」
スギ「すきすきすきすき!!じゃあドクツルタケも言ってよ!スギのこと好きだって言って!大好きだって言って!スギに会いに来たんでしょう?スギのお話聞きに来たんでしょう?スギのこと好きだからだよね?そうだよねえっ!?」
ドク「・・・・・・・」
スギ「なんで黙るの!?何で答えてくれないの!?スギのこと嫌い!?毒だから嫌いなの!?じゃあ昔は好きだった?スギのことちょっとでも好きだった?ねえ、ねえ、ねえ!」
ドク「・・・・・・・」
スギ「答えてよドクツ・・・・・!」

がささ!

シロ「見つけた!おいドクツルタケ!!」
スギ「!?」
ドク「!」
シロ「君に話が・・・・・っと・・・・あ。」
スギ「・・・・・・」
ドク「・・・・・・」
シロ「・・・ご、めん・・・・・邪魔した・・・かな」
ドク「・・・・・・・・お前なぁ・・・・」
スギ「・・・・・シロフクロタケ?」
シロ「あ、君がスギヒラタケ?」
スギ「そう。スギだよ。こんばんは」
シロ「今晩は。そうか、もう随分暗くなったもんね」
ドク「・・・・何しに来たんだお前」
シロ「何しにって・・・・ええと、話すと長いんだ」
ドク「聞くから手短に話せ」
シロ「え!?え、ええと、ええと、・・・そうだ、君と別れてからな、オニフスベに会ったんだ。それで、ベニナギナタが大変だっていわれて、急いで彼女のところに行ったんだ」
ドク「ああ。その辺はカエンタケに聞いた」
シロ「そう、そのカエンタケが問題で!だけど彼女にカエンタケから離れる気は無いって言われてしまって、仕方なく戻ってきた。で、その途中でツマミタケママに会って、ドクツルタケを止めなきゃダメだって言われて、それでここまで来た。・・・以上」
ドク「俺を止める?なんで」
シロ「それはその・・・・」
スギ「・・・・スギのせいでしょ」
シロ「!」
スギ「スギに会うのがダメだって言ったんでしょ。わかるよ、今はスギのこと皆そういうから」
シロ「あ、いや・・・・」
スギ「ドクツルタケは返さないよ。スギに会いに来てくれたんだもん。スギのこと好きなんだよ。そうだよね?ドクツルタケ、そうだよね?」
ドク「・・・・・・・」
スギ「また黙るの?・・・・・あー、そっかぁ。スギ、わかっちゃった」
ドク「?」
スギ「うふふ、シロフクロタケのためなんだ。そうでしょ」
シロ「え?」
スギ「うふふ、そっかぁ。そうなんだあ」
シロ「なに?なんだよドクツルタケ」
スギ「スギが教えてあげる!あのねえ、ドクツルタケねえ、スギのところにお話聞きにきたんだよ」
シロ「話?」
スギ「そう!スギがどうやって毒キノコになったのか、聞きに来たんだよ。ねえ?」
ドク「・・・・よせ」
スギ「ドクツルタケはね、知りたかったんだよ!どうやったら毒性になれるのか。スギわかっちゃった。それ、シロフクロタケのためなんだね?」
シロ「??どういうこと?」
ドク「やめろ」
スギ「そうでしょ?ドクツルタケ。シロフクロタケを毒性にしたいんだよね?自分とおんなじ、毒性に変えちゃいたいんでしょ?そうだねえ?」
ドク「ちがう」
シロ「・・・・・・・・ドク、ツルタケ・・・?どういうこと?」
ドク「おい、違うぞ」
スギ「スギねえ、教えてあげたよ。悪いものいっぱい食べたら毒になるって。だからね、ドクツルタケはシロフクロタケに、いっぱいいっぱい悪いもの食べさせるんだよね、これからね?そうねえ?」
ドク「何言ってんだ」
シロ「・・・・嘘だろう?ドクツルタケ」
ドク「当たり前だ、嘘に決まってるだろこんな・・・・」
シロ「私を・・・・毒性にだなんて・・・・そんな・・・・・・そんな!」
ドク「おい」
シロ「信じない!そんなの、そんなの絶対信じない!!ドクツルタケの馬鹿キノコーっ!!!」
ドク「思いっきり信じてんじゃねえか!!シロフクロタ・・・!おい待てよ!待てってシロ!!お前、他菌の言うこと全部鵜呑みにしてここまで来たくせに、なんで俺の話だけ聞かねえの!!?待てコラ待てーーーーっ!!」
スギ「もうダメだよドクツルタケ。シロフクロタケはドクツルタケのこと信じて無いもん、もう何言ってもムダだよう」
ドク「っ!!放せ!!」
スギ「だから行かないで?ここにいて?ね?スギと一緒にいよう?スギのこと好きだって言って?」
ドク「うるせえな!そんなに聞きたきゃツクツクホウシにでも言ってもらえ!」
スギ「ドクツルタケじゃなきゃいや!」
ドク「俺だってあいつじゃなきゃやだ!・・・・・あ」
スギ「・・・・・・・・」
ドク「・・・・・・・・・・・・あー・・・」
スギ「・・・・シロフクロタケが好き?」
ドク「・・・・・・別に」
スギ「じゃあね、いいよ、スギね、毒になるためのとっておきの方法教えてあげる!だからね、だから傍にいて?シロフクロタケを毒にするならスギも手伝うよ!だからドクツルタケはスギの傍にいて!シロフクロタケを毒にしたいでしょう?スギ、してあげる!ドクツルタケのしたいことなんでも叶えてあげる!だからっ!」
ドク「いつ俺があいつを毒にしたいっつった!?したいわけねえだろ!っていうか無理!あんな菌髄反射で動くキノコに毒なんかほんと無理!!」
スギ「毒にしたくないの?じゃあ・・・じゃあなんで・・・・!」
ドク「毒になる方法があるなら毒やめる方法もあるかも知れないと思ったんだよ!ああもう放せ!!」
スギ「ド・・・・っ!!」

 振り切って走り去るドクツルタケ。
 呆然と見送るスギヒラタケ。

スギ「・・・・・毒・・・・やめる、方法?ドクツルタケが、毒やめたい、の・・・・?そんな・・・・うそ・・・・だって、だってそれじゃあスギ・・・・スギ・・・・・」



・・・・ようやくシロフクロタケの性格が定まってきたよ。バカだ
頑張れードクツルー。
PR
[200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
11 12 13
16 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
江戸女
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/20)
(07/23)
(07/26)
カウンター

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]