忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1075]  [1074]  [1073]  [1072]  [1071]  [1070]  [1069]  [1068]  [1067]  [1066]  [1065


定期的に言わないと無かったことになりそうなので言っておきます。
サイトを開設した時の私の本命はミロでした。
あのままミロを好きでいれば、今頃は幸せな結婚してオシャレな家庭を築けてたんじゃないかっていう気がしますね。

この人の、ミスチルとかGReeeeNとかback numberとかどんどんいけてしまいそうな感じが憧れますよね。要するに、誰もがモテたい層の女に超モテる男だよあんた。

というところから、槇原敬之もいけるなあと思って掲題の替え唄になるわけです。
氷河を固めるために降りて行くカミュを追いかける歌です。


勢いなく下がった小宇宙
舞い上がった凍気の粒
氷河はついにあいつを
怒らせてしまった

昔の母親の眠る
沈没船に
何度言われてもずっと
通ったのが気に入らない

飛びだしたあいつの手の中で
ピキィンとまるで絶対零度
近くの空き家に違いない
今すぐ 追いかけよう

走る君の髪で 聖衣で
揺れるたくさんの白い雪
いっぱい階段に落ちてる
「本当は殺したくない」
走る俺の髪に 聖衣に
触れるたくさんの白い雪
君はきっとどうしようもない
弟子に降りていく 天
  
弟子にしてもうすぐ7年で
ずいぶん可愛がってたから
愚痴ったって 泣いてたって
挨拶がわりと思ってた

やっぱり空き家で見つけた
君はなんだか敵みたいに
弟子に宣言してみせた
「師であるわたしが引導を渡してやる!」って

君が両手を組んで上げて
キグナス氷河は飛んでいった
まるで誰かを思い出すように
そっと微笑んで

まだ君の髪で 聖衣で
揺れるたくさんの白い雪
やられた氷河よりも もっと
痛かった君の気持ち

時々天は 弟子たちに
立ちはだかって教えるよ
誰かを守るためには
もっと覚悟が必要

まだ弟子の髪に 聖衣に
積もるたくさんの白い氷
固まった氷河よりもっと
痛かった君の気持ち

まだ君の髪で 聖衣で
揺れるたくさんの白い雪
君はきっとどうしようもない
弟子に降りて来た天
  
生き返ったら氷河の相手は
俺が全部やるから
一緒に帰ろう・・・


にじみでるいい奴臭。
冥界編でムウから「勝手に天蠍宮から出て来たのか!?」と言われてしまったミロですが、しかしそもそも彼に勝手に宮を出てもオッケーな実例を示したのはこの時のカミュだったと、今書いてて思いました。
PR
[1075]  [1074]  [1073]  [1072]  [1071]  [1070]  [1069]  [1068]  [1067]  [1066]  [1065
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
江戸女
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/20)
(07/23)
(07/26)
カウンター

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]