忍者ブログ
2007年1月8日設置
[1073]  [1072]  [1071]  [1070]  [1069]  [1068]  [1067]  [1066]  [1065]  [1064]  [1063
今にして思えば。
冥界編冒頭で、先陣に蟹と魚を派遣したシオンはやはり策士であった。

そもそも彼は蟹と魚で勝ち星あげることなどはなから計算していなかったに違いない。
自分の愛弟子が鍋セットごときに負けるわけがないと思っていたであろう。
だが仮にあの時、最初からサガ・シュラ・カミュで挑んでいたらどうだろう。
彼らが本気でハーデスの軍門に降ったなど、果たしてムウは信じたであろうか。
最初に蟹が登場したからこそ、現場が無理なくお前またかよみたいな雰囲気になり、その後の話に信憑性が増したのだ。

その証拠に、全てが明らかになった後シオンが涙を流しながら言った台詞「たとえ死してもアテナの聖闘士!!ハーデスなどに寝返る者がひとりでもいると思うのか!?」逆に信じ切れない。蟹のせいで。魚はともかくひとりはいたんじゃないですかねって思ってしまう。蟹のせいで。

シオンの涙を無にするとは、蟹も偉くなったものよ・・・

あと、蟹がアテナエクスクラメーションの撃ち方を知らない説も私の中では否定できない。
蟹を残しておいていざという時に三角フォーメーションが欠けたら困るというのもあったかもしれない。
シオンはよく部下を見てると思う。
PR
[1073]  [1072]  [1071]  [1070]  [1069]  [1068]  [1067]  [1066]  [1065]  [1064]  [1063

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]