忍者ブログ
2007年1月8日設置
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149
久しぶりに家族4人揃ったから家で何か映画のDVDでも見るかーということになりました。
カリオストロの城も映画だと言う私のささやかな抗議は聞き流されました。

親が男はつらいよなら全巻揃っていると言ったので、弟がTSUTAYAに今風の奴を借りに行くことになりましたが、私のリクエスト「何も考えずに見れてドカーンとかバーンとかなって善は善で悪は悪で映像かっこいいの頼む」に応えて「TRANSFORMERS」を借りてきた彼には拍手を送りたい。見事なチョイスだった。

いやー本当に映像かっこよかった!スタースクリームの戦闘シーンなんか特に素敵だった!
トランスフォーマーの元ネタを知らない人間にとっては、最後をオプティマスプライムが締めてるのがツッこみたくて仕方ないところだが(っていうかバンブルビーが立ち位置の割に地味なのは何故なんだ)、そういうのは考えちゃいけないところなんだろう。紹介時点で一番キャラが立っていたはずのジャズがあまりにも地味に救われないとか、結局お前ら帰れないのかよとかツッコミどころは色々あるけれども、笑わせどころもきっちり笑えたし(サムの災難被りっぷりが特に)、人やオートボットが片っ端からユニークなキャラクターなのも魅力的だし、映像は文句なくかっこよいし、娯楽映画とはかくあるもんだと言い切ったような作品でした。まさに何も考えずドカーンとかバーンとかを楽しむ映画だった。トランスフォーマーに萌えた勢いでここまで作るマイケル・ベイとスピルバーグは、いっそ阿呆だ

バンブルビーが普通にかっこいいー!いや、デザインがどうとかだけでなくて、サムのデート応援するとことか、ボロ車呼ばわりされた直後にちょっと拗ねつつニュータイプになって帰ってくるとことか、何か妙に洒落てて可愛くてかっこいい!
キューブが実在したら家電と恋に落ちる人が激増しそうだな・・・

それにしてもスタースクリームの戦闘シーンは気持ち良かったです。
こいつはステルス戦闘機に擬態した敵なんですが、ステルス機からロボット型へ、またはその逆へ、がんがんトランスフォームしながら戦うんですよ、本物のステルス機と。めまぐるしく変形しながら空中戦を繰り広げるのはとてもかっこよかった。第二部の敵ボスは彼なんでしょうね。一匹だけ生き延びて地球外逃亡したし。
メガトロンも戦闘機型なのでトランスフォームするときは空中で、これもかっこよかったです。戦闘機からロボットになってどん!と重量感が出るじゃないですか。そこからまた戦闘機になって急に重力がなくなって空中に浮く、同時に前に飛ぶ、あの瞬間がたまらん・・・!

ところでこの映画、脇役やエキストラに本物の米軍兵士が投入されており、ステルス戦闘機も戦闘ヘリも本物貸し出しで撮ってるそうなんですが、映画内においてはステルス戦闘機もヘリも戦車も地雷撤去車も全て、人類を滅亡させようとしている敵の変形モデルです。
ちなみに正義側のロボットは概ねGMの車に変形。また、レスキュー車は正義側ですがパトカーは悪側のモデルという設定です。

深く考えると壮絶に皮肉なこの映画に全面協力する米軍は、とても心の広い組織だなあと思いました。
PR
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]