忍者ブログ
2007年1月8日設置
[161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151
私が子供の頃に大好きだった本がありまして、それが青い鳥文庫から出ている「クレヨン王国」シリーズです。
思えばあのシリーズと一緒に成長していったと言っても過言ではないぐらい、新刊が出るたびに買って読んで楽しんでました。言葉遊びの楽しさを教えてくれた本であり、夢の世界の価値を教えてくれた本であり。
もちろん当時はそんな事考えて読んでないですが、振り返ってみれば確かにそうなんだと思います。
この本を読み続けたおかげで、私は一生、想像や非現実の世界を無意味な物だとは思わないでしょう。

いや、本当に大好きで大好きでねーこの本。自分もクレヨン王国行けないもんか考えて、ベッドの頭の上の木枠にクレヨンで12人のクレヨン描いてみたことがある。「クレヨン王国の十二ヶ月」の通りの色で。
そしたらその日は確かに楽しい夢を見たんですよ。どんな夢だったかは忘れたけれど、間違いなくクレヨン王国らしい夢だった。ほんとだって。

そんな大好きな本ですが、児童書ということもあり成長と共に疎遠になりました。
私のコレクションは茶色の学校で止まっていました。
が、このたび奮起してタンポポ平から最終巻まで全て買い揃えました。

ゆっくり読もう~ふふふふふ(嬉)

シリーズで一番好きだったのは何かって考えると難しいですね。
月のたまごとか夢中で読んだし、春の小川も白いなぎさも大好きだったし。まほうの夏も感動だし。パトロール隊長は今読んだら間違いなく泣く。立ち直れないほど泣く。
うーん、七つの森かなー。やっぱり、クレヨン王国は迷い込んだ普通の子供がクレヨン王国と関わりを持つことで成長したり救われたり何かを救ったりする、そこが魅力なんですよね。
七つの森は子供達が素直でクレヨン王国が優しくて両者の心が通い合っていて、あのシリーズの真骨頂と思っています。

タンポポ平以降はクレヨン王国内の話に留まってしまったようなので少し寂しいです。
今じゃ迷い込む子供もいなくなったってことか・・・・・・・・
PR
[161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]