忍者ブログ
2007年1月8日設置
[312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302
男子フィギュア。
すげえよなんか色々泣けたよ。選手みんな大好きだ。

ライサチェクの金メダル。堂々の金メダルだと思います。
優勝者に4回転が無いのは確かに残念だけども、しかし跳べばいいというもんでもない。
どっちがいいとかいう問題ではなく、今回は4回転を跳ぶあらゆる選手の演技よりも、ライサチェクの演技がよかった。それだけだと思います。

ただ、やはり帝王はプルシェンコですね。
びびったわあの「ジャッジが4回転を重視しないなら僕だって次の試合は跳ばないよ!」発言。
いや、ジャッジ批判がどうとかではない。そんなことはどうでもいい。私が突っ込んだのはこういうことだ。
あんたまだ試合出る気なのかー!!
トリノであれだけ完璧に頂点極めた人が足の故障を克服して戦意喪失せずにバンクーバーへ出てきたこともびびりましたが、そのバンクーバーが終わった直後に速攻で次の試合を語ったのにはさらにびびった。
敵わねえよ、あなたこそが帝王です。

ジャッジの点が辛かったのは、プルシェンコだからっていうのもあったでしょうね。
皆、彼のものすごい全盛期を知ってるわけですから。それに比べると今回は、という。

そして、芸術に対しても4回転に対しても真摯に挑んだ高橋選手は素晴らしいフィギュアスケーターだと思いました。
個人的には転倒してても高橋選手の演技が1番好きです。なんか、転倒を含めて彼の「道」でしたね。泣いた。
日本代表の3人はそれぞれほんと素晴らしかったですよ。

・・・そしてジュベールのために別の意味で泣いた。ショート終わった瞬間の彼の表情で涙出た。
ちょっと、オリンピックの女神は、彼に辛く当りすぎじゃあないでしょうか。
しかもさああああNHKのミラクルボディでジュベールの回を見ちゃってたからなおさらだあああああ!!!この気持ちがわかる人絶対たくさんいると思うんですが!!!
あの番組の終わりでさあ、俺様キャラのあいつがさあ、ほんとに嬉しそうな顔しながら、「4回転ジャンプを跳んでるとき、雲の上を飛んでいるような気持になるんです。だから僕は、4回転ジャンプが大好きです」って言ってたんですよ、すげえ可愛いのほんと可愛かったの!!!!それがああああああああああ!!!!!
もう辛い、辛い、ああああ辛い、神様、彼が4回転がらみでどんな顰蹙ものの発言してももう怒りませんからどうにかなんとかしてくださいって本気で願いましたね。

ランビは相変わらず殺されるかと思うほどかっこよかったですね。ずるいですよね、もうプログラムがね。どうあがこうと惚れるしかないですよね。どんだけかっこよければ気が済むんじゃい。DNAレベルでかっこよすぎなんじゃい。
あと、ウィアーのフリー後のキス&クライ。思ったより点数がのびず大ブーイングの会場を、晴れ晴れした顔の彼がそっとジェスチャーで鎮めてました。その仕草がとてもチャーミングで、なんだかんだで、あの人が一番大人なんじゃないかと思うことがあります。

しかし結果こうなってみると、バトルの引退はどうしても惜しかったと思ってしまう。私だけか。
あの神様みたいなスケートをもう1回見たかったなあ。
PR
[312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]