忍者ブログ
2007年1月8日設置
[98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88
          スウィーニー・tッド

本屋あああああ!!!!無いぃぃぃぃぃ;;!!!
・・・明日こそは、明日こそはあらゆる本屋をまわれる時間に帰る・・・・!!!必ず・・・・
絶対うちの隣駅の現代の日本文化に優しい本屋なら売ってるはずだ!閉まるの早いけど!;
どうしてオフィス街の本屋はハウツー本ばかりなのだろう。漫画はどうした漫画は。

読みたい本が入手できなかったため、代わりに今、猛烈に見たい映画の話。「スウィーニー・トッド」。
私にとって、見たら絶対虜になるのがわかりきっているため逆にびびってしまい、これまで全く見ずに来たのがティム・バートン監督作品とジョニー・デップ出演作品です。
ナイトメア・ビフォア・クリスマスも、パイレーツ・オブ・カリビアンも見ていない。見ていないのに大好きだという、複雑な立ち位置なわけです。

そして「スウィーニー・トッド」もそれとほぼ同じ立ち位置にある作品で、恥ずかしながらこのブロードウェイミュージカルの存在を知ったのもほんの少し前なんですが、あらすじを聞いた時になんて魅力的な作品だろうと思いました。
そして、この雰囲気を壊さずに映像化するならティム・バートン監督しかいないだろうなあと思いました。

その後すぐに日本でミュージカルが上映されるというので、あの作品!?ラヴェット役が大竹しのぶ!?見たい!けどどうしようどうしよう!みたいになりました。結局迷っているうちに終わってしまい、もう縁が無いものとあきらめたんです、その時は。

まさか本当にティム・バートンが映像化していたとは・・・・しかもジョニー・デップ。
CM見る限り、顔も声も完璧なまでに理想のスウィーニー・トッドがそこにいて恐ろしいほどです。
たぶんこの日を待つために逃してきたんだよ。今こそが見るチャンスなんだよ。絶対面白いよ!

と、昼休みに熱く語ったところ、友人が、「私も見たいと思ってた!どんな話?あらすじ教えて!」と乗ってきてくれたので答えました。ドン引かれました。

・・・・そうか!何も知らないで単なるハンサムな殺人鬼の話だと思って見に行ったら引くんだこれ。
この作品の肝は殺す行為そのものよりもその後にあるわけですが、そうだね、CMでは流さないもんね!ええと・・・・いや、でも面白いと思う。見たい。
PR
[98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]