忍者ブログ
2007年1月8日設置
[573]  [572]  [571]  [570]  [569]  [568]  [567]  [566]  [565]  [564]  [563
・・・今年の仕事を終わって帰宅して風呂にも入らず寝て起きたのが今朝11時。時計を見て寝なおして再び起きたのが今朝17時。一日が死にました。おはようございます。

蟹と女神のデートもそろそろクライマックスですよ。
いい男は別れ際もいいはずです。蟹はいい男です。

ただ問題なのは、買い物にしろ食事にしろここまでデスマスクが一方的に負けているということだ。
いいのか蟹。負けたままで終わって。
それが蟹じゃんという気がしないでもないが、いや違うね、負けたまま終わっておけばいいところを再トライしてもう一度負けるのが蟹だね。

しかしそれもあんまりなので、一度くらいは女神をぎゃふんと言わせてやります。

レストランを出てさて帰りますかというところで。

女神「携帯を返して下さい」
蟹「あ?没収っつったろ」
女神「電源は切っておきますから。それが無いと困ります」
蟹「へー。クリスマスにデートする彼氏もパーティーする友達もいないのに困るって何が?
女神「返せ」
蟹「・・・女神がそんな乱暴な言葉使っちゃいけません。まあ待て、落ち着け。俺がチェックしてやる」
女神「はい?ちょっと・・・ちょっと何するのですか!やめて下さい、人の携帯を勝手に!」

勝手に開けて中を見る蟹。
こういう外道なことができるところがこいつの強みです。

女神「やめなさい!」
蟹「着歴、『ハゲ』ばっかりじゃねえか。さっきの野郎だろ?タツミだったっけか、何こいつ、あんたの何なの」
女神「別に何でもありません!辰巳は昔から私の世話をしてくれている、言ってみれば父親代わりの存在・・・ではありませんけど、正確には兄みたいな存在・・・でもありませんね、ええと・・・・考えてみればおかしいわ、何なのでしょう辰巳とは」
蟹「いや知らねえけど。そういう得体のしれない男と一つ屋根の下は感心しねえな。・・・お。ハゲ以外もあるじゃねえか、『馬』ってなんだこれ、ペガサスか?」
女神「!そ、そうですよ、星矢です。星矢が私に電話をくれて」
蟹「ほんとかぁ?・・・いや、嘘だな。こいつ着拒済みじゃねえか。一週間前までは毎日かけてきてたみたいだけどよ。何があったんだ?ストーカーか?」
女神「・・・・まあ、そんなものです」
蟹「そういうの着拒で済ますのも危ねえぞ。何か起こる前に誰かに言えよ。聖域に暇な奴らごろごろしてるだろ、一匹連れてけ」
女神「あなたも暇な奴に入ります?」
蟹「蟹さんは多忙です。・・・・あー、やっぱりペガサスは普通に名前でアドレス登録してるじゃねえか。全くかけてきてないけどな。つうかかけてきてるのほんとハゲと馬以外いねえな。寂しいわー女神様」
女神「!いい加減にして下さい!返しなさい!返して!!」
蟹「あ、手が滑った」

 プルルルル。プルルルル。プル・・・ガチャ。

星矢『・・・もしもし?お嬢さん?』
女神「!!!!せっ・・・・!!!」
蟹「・・・・ほら、出ろ」
女神「ちょっ、そんな急に!無理です、駄目です!!」
星矢『お嬢さん?どうしたんだ、また何かあったのか?お嬢さん!もしもし!もしもし!?』
蟹「もしもし。ペガサスか?メリークリスマス」
星矢『!!誰だお前!』
蟹「おたくの女神は預かった。返して欲しくば気のきいたクリスマスプレゼント持ってアテネまで来い」
星矢『はあ!?』
蟹「聞こえただろう?今すぐアテネまで来い。なお、交渉はお前以外と行わない。他の奴に知らせたら殺すからな。お前一人で来いよ。いいな?じゃあよろしく」
星矢『待てよ!お嬢さんは無事なのか!?ていうか誰なんだよお前!!』

 ピッ。

蟹「・・・・携帯の正しい使い方
女神「嘘つきなさい!!返して下さい、星矢に冗談だと早く言わなければ!」
蟹「なんでだよ、来させりゃいいじゃねえか。良かったな、ちゃんと電話出てもらえて」
女神「そんなことはいいです!星矢に迷惑が!」
「何を今さら。大事な女のためなら地球の裏からでも飛んで来いよ。つうか呼ばれて迷惑だと思うならそいつは男失格な。あんただって会いたいんだろ?本音を吐けよ」
女神「私は嘘をついてまで会いたいとは思いません!」
蟹「どこが嘘ですか?預かってますよ、こうして、大変危険な男があんたを」
女神「そんな屁理屈・・・!」
蟹「もっとリアルに本当にしたいならやってやるけどよ。あんたを一人掻っ攫うぐらい、俺には簡単なことです」
女神「!」
蟹「・・・・ま、安心しな。ペガサスが来たら携帯つけて解放して差し上げますよ、女神様」

にやにやしながら言う蟹。
アテナは顔を真っ赤にしながら、何度も手を伸ばして携帯を取り返そうとするのですが、相手は184センチの黄金聖闘士です。積尸気冥界波ポーズで携帯掲げられたらどんなに飛び跳ねても届きません。
最後には、いい加減にしろよ黄泉比良坂に携帯飛ばすぞコラ、と脅されて、やむなくあきらめました。

女神「・・・ひどい人です、あなたは」
蟹「いい人と言われるよりはマシだな。・・・さて、次回のデートの予定ができたところで帰りますか。御手をどうぞ」
女神「・・・・・・・」
蟹「・・・その顔で帰られたら俺、またサガにどやされるわ。笑えって」
女神「・・・聖域までに考えときます」

蟹と腕を組んで帰る女神。
聖域についたらまた女神らしい表情に戻って「楽しかったですよ」とサガに伝えるのでしょうが、それまでは拗ねようが腹立てようが自由です。
こうして蟹のサンタの役目は再トライして勝ったように見せて結局負けたまま終わって行くのでした。


蟹と女神のコンビは、両者が気取りなくのびのびやらかせるので好きです。
妹以上恋人未満、ですね。
PR
[573]  [572]  [571]  [570]  [569]  [568]  [567]  [566]  [565]  [564]  [563

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]