忍者ブログ
2007年1月8日設置
[758]  [757]  [756]  [755]  [754]  [753]  [752]  [751]  [749]  [748]  [747

杉内は叩かないでほしい。
彼の辛さは想像を絶していると思う。
単に敗戦の責任があるとか不甲斐なかったとかそういうだけではなくて。

田中の9回のマウンドは、投手なら誰もが夢見るものだと思う。
でもあまりに何もかも揃いすぎてるから、普通は投手やってるうちに、さすがにそれは夢だけどと笑ってしまうような、それくらいの夢より高くにある夢だと思う。
25歳の若さで、160球投げた翌日にまた登板できる強い体を持って、負けても折れないさらに強い心を持って、結果を出し続けることができて。
エースであり、仲間に支えられ、仲間を引っ張り、監督に絶大な信頼を寄せられて、ファンから限りなく愛され、感謝されて。
ぼろぼろの弱小球団に高卒で入り、そこから9年かけて日本一まで這い上がってきて、その最後の最後のマウンドを託されて。
監督も選手もファンも田中と心中する覚悟を完全に固めて、割れんばかりの拍手と歓声と合唱に包まれて、投げて、そして日本一を勝ちとる。

これを目の前でやられたら、同じ世界の同じ立場の人はどうすればいいのか。
世の中には、その時々で時代を象徴するようなヒーローが現れるものだけれど、それはもう努力でどうにかなるものではなく、持ってる人しか持ってない。
持ってない人間が、持ってる人をただ眺める気持ちは、地獄みたいなものだと思う。

杉内も田中もどちらもこのCSでは負けていて、最終戦で名誉挽回の機会をもらった身なので、なおさら対比が悲しい。
そして杉内は33歳で、これからおそらく衰えていく選手なのに、田中はこれからさらに伸びていく選手で、もうね、この杉内の辛さを想像できるところまでしてみて欲しい、絶対叩けないだろがああああああああ!!!!こんな地獄に生きろと言われたら、私なら帰宅途中に縄買うわ!!!!立ってるだけでも凄えと思うわ!!!!

今年の楽天には野球が愛される最大の理由みたいなものが詰まっていたし、それは単なる勝ち負け以上に巨人選手の心を刺したような気がします。

PR
[758]  [757]  [756]  [755]  [754]  [753]  [752]  [751]  [749]  [748]  [747

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]