忍者ブログ
2007年1月8日設置
[340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330
生ぬるく見ていましたが、終ってから改めて振り返ると、何げに凄かった。

ストーリーはですね。
過去に刑事だったタクシードライバーがいます。
運転中にラジオを聞いています。タクシーやトラックのドライバーに大人気の女性パーソナリティ(とよた真帆)をたまたま乗せて親しくなります。
しかし、巷ではトラックドライバーが彼女へのリクエストメールを残したまま刺殺される事件があいついで起き、彼女はヘタレな刑事に容疑者としてマークされているのでした。
果たして真犯人は。タクシードライバー夜明日出夫(渡瀬恒彦)が事件の謎に迫る!

.........という内容でした。
それで、登場人物なんですがね.........

A ラジオ局のマネージャー。サンドイッチマンのメガネの方みたいなメガネの男。実は同局で働いている若い女の子と出来ているが、ストーカーから身を呈して守るなど真摯っぽさを全面に押し出しながらとよた真帆に言い寄る。
⇒別になんの下心も企みもなくとよた真帆を好いていただけであり、その事実が何かに影響するわけでも全くなかった。

B 上記Aと出来ていたラジオ局の女の子。とよた真帆が脅されているのを見ただとか、Aさんは昨日の夜は私と一緒にいました!などと警察に証言する。
⇒本当に証言通りだった。

C とよた真帆のストーカー。嫉妬からとよた真帆に近づいたAに切りかかり逮捕。しかし取り調べで動機を聞かれると黙秘した。
⇒二度と出てこなかった。どうやら本当のストーカーであり、動機も本当のストーキングによるものであり、殺人事件とは全く無関係だった模様。

D ヘタレ刑事。最初からとよた真帆を疑っており、渡瀬が否定しても彼女を調べ続ける。
⇒正解だった。

E とよた真帆。ヒロイン。最初から容疑者扱いされ、続々と不利な事実ばかりが浮上し、中盤で事情聴取にかけられて、焦燥しながら、私は殺してなんていません!と訴える。
⇒犯人だった。

F タクシードライバー。主役。渡瀬恒彦。最初からずっと、とよた真帆は犯人じゃ無いと警察を説得しまくる。
⇒間違ってた。


............このドラマは一体、「タクシードライバーの推理日誌」なんだろうか。
いらないよね、タクシードライバー。最初から刑事に任せといて何の問題もないよね。







PR
[340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]