忍者ブログ
2007年1月8日設置
[54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44
今から冷静になってみれば、貴重なおくすりを私なんかまでがもらってしまって良かったのかと思いますが、たとえ賞味期限切れてても飲む勢いだったので許してやってください。いっそ消期限が切れててもおくすりの半分は優しさでできてるんだぜ優しさに消費期限なんて野暮なもんはねぇのさみたいな江戸情緒溢れる感じで一気飲みするんで大目に見てやってください・・・!

仕事?絶好調!
課長がお土産においしいクッキー買って来てくれてた!
おくすりだよ。おくすりのおかげだよ。元気は運を呼び込むね!

そんな素敵な元気の源・「おくすり」を切らしたらどうなるかという実例が、先日ドラゴンゾンビにぎたぎたにされたうちの坊ちゃんだったわけです。

すんませんマッシュ先輩、俺全然ヒヨッコでした。どっかで人生ナメてました。魚とかカタツムリとか倒していい気になってました。世間には上がいたんですね。顔洗って出直してきます。

全滅からリスタートした坊ちゃんは地味に経験値を稼ぐため、洞窟を出たり入ったりしてひたすら魚やカタツムリを倒す日々を送ります
お金が溜まったら一つ先のコウアンの街まで足を伸ばし、全員に「けんぽうぎ」を着せ、「はねつきぼうし」をかぶせ、「青いリボン」や「アームナントカ」を装備させ、坊ちゃん自身はエンブレムを2個貼り付けるまで戦い続けました。
コウアンの街は新任の政務官が赴任してきたとかで、そいつの評判がまた最悪で、なんかややこしいことになってそうでした。それはまた後のイベントとして受け流します。

そして全員がレベル20までいったところで試しにドラゴンゾンビにリターンマッチを仕掛けたところ、若干やりすぎたらしくわりとあっさり倒せました。

ふ。思い知ったか。

ドラゴンゾンビを倒すと、立ち込めていた霧がはれまして、よし!城が手に入ったぜ!という雰囲気になります。
皆が城に名前をつけようと言い出し、ビクトールがドラゴン城にしようなどと言いました。が、仮に私達が退治したのがドラゴンではなく一般市民「山田さん」とかだった場合、その山田さんを倒して手に入れた城に「山田城」とつけるのは失礼極まりない行為なんじゃないかと思ったりもするので、ここはやはり坊ちゃんに命名権が委ねられます。
うーむ・・・

オデッサの名前をつけたいとも思いました。
しかし現タイミングで「オデッサ城」にしてしまうと、オデッサが死んだことが世間に知れ渡るかオデッサがえらく目立ちたがり屋に思われるかのどちらかになるような気がしたので自重しました。

テッドの名前をつけたらどうかとも思いました。
「テッド城」の名が広まれば、この世のどこかで生きてるはずの本人が聞きつけてなんらかのコンタクトを取ってきてくれるかもしれません。用途とインパクトを重視すれば、もういっそ「テッド、坊はここで待ってるんだ城」ぐらいにしてしまってもいいのかもしれません。
しかし他の解放軍メンバーにとって意味不明だろうという点と、こんな微妙なギャグで呼ばれたテッドはむしろ二度と出てきてくれないんじゃないかという不安、そして純粋に名前長すぎるという観点から、やはり自重せざるを得ませんでした。

うーん・・・じゃあ、まじめに簡単に「エルシア」にしとくか。
オデッサ、ここから理想郷を作っていくからね。君もきっと見守っててね。

さて、名前が決まっていよいよ城に落ち着いて、ようやくマッシュがやってきます。
彼はご機嫌で、今日を新解放軍の決起の日としましょう、と言いました。あのさ、そういうのフリックとかいないまま進めてほんとにいいのかな。どうなのかな。

どさくさにまぎれて魔術師の島でお世話になった美女、レックナート様も現れました。
彼女は何か色々意味深なことを言い、そしてルックを置いて帰っていきました。
ルックってあれです、魔術師の島行ったときに坊ちゃんにロックゴーレムけしかけてきたドSの少年です。
「・・・絶対にレックナート様が厄介払いなさったんだと思います」
まあいいじゃないかグレミオ。確かに彼は生意気でドSだけど、魔力は強いし顔も可愛い。いてくれた方が華があるじゃあないか。

ともあれ、これで器の用意はできました。一晩休んでその翌日。
「次は仲間を集める番です」とマッシュ。
なんでもコウアンに彼の知り合いのレパントというお勧めの男がいるとのこと。マッシュの依頼だと言えば仲間になってくれるだろうとの話でした。

あのね、マッシュ。コウアンね、なんか色々大変そうな雰囲気だったよ。レパントっていう人はね、確か家に引きこもって閉じこもって誰の顔も見ませんみたいなことになってたと思う。
何が言いたいかって言うと、知り合いならあんたが直接行った方がよくね?

・・・しかしマッシュは行きませんでした。
その人とは別に友達じゃないのでしょうか。ていうかむしろ仲悪いんじゃないのか。マッシュおい本当に大丈夫なんだろうなこの仕事。行ってみたら相手がレベル60だったりしないだろうな

不安を抱えつつ、とりあえず城から出てカクへ渡ります。
ドラゴンがいなくなった後の反応を楽しみながら街の人の話なんかを聞いてますと、酒場にまだいたセルゲイさん。
どうやらまだエレベーターについて悩んでるようです。
あんたねえ・・・こんなとこで酒飲んでたっていいこと無いよ?そろそろエレベーターのことは忘れて身の振り方ってもんを考えてみたらどうかね。
そんな軽い気持ちで声かけてみる坊ちゃん。・・・そしたらですね。

「え!?解放軍!?」

なんかいきなり食らいついてきたんですよ彼。
え、あ、うん、解放軍だけどそれが何か・・・?

「私を仲間にしてくれるんですか!?」

え・・・ちょ・・・・

「ええもちろん参加しますとも!!これでエレベーターが作れる!!」

待てお前えええええ!!!!
作っていいって言ってねえ!!!一言も言ってねえ!!!人が死ぬ気で獲得した城にいきなり何する気だあんた!!うおおおお行っちまったよすごいスピードで行っちまったよ!!情熱と言う名のガソリンに火がついたよ!!
つーか誰!?誰今あいつを勧誘した奴!?
グレミオか!?貴様か!?坊ちゃんの初の仲間がセルゲイか!あの謎のエレベーターおやじか!!お前はそれでいいのかあああああっ!!!

っ、いかん、レパントも仲間にしてないのにあんな変なの城に勧誘したことがバレたらマッシュに怒られる!追え!セルゲイを追え!!!

坊ちゃんはダッシュで戻ります。
舟を飛ばし、城に駆け込むと・・・・いた!セルゲイいた!おい、人の城で何勝手なマネ・・・・

「見てください!すごいでしょ!」

なんだか少年の瞳で喜んでいる彼の横にはぴかぴかのドアが一枚ありました。

遅かった・・・・・
もうできてるよエレベーター。どんだけ作りたかったんだよこの人。ちゃんとマッシュに許可取ったんだろうな。もぉぉぉぉ・・・・

でもあんまり嬉しそうだから一応乗ってやるか・・・

・・・ていうか乗れるんだこれ。てっきり話だけの物かと思ってたんだが・・・
あ、しかもボタンもある。地下・1階・2階。お、選べる。
選べるどころかちゃんと動くよこれ。2階にも1階にも行けんじゃん!
便利じゃね!?これすごい便利じゃね!?もうぐるぐる階段回らなくて良いんじゃね!?

ありがとうセルゲイさん!エレベーター超快適!!

こうしてエレベーターの魅力に取り付かれた坊ちゃんはセルゲイさんに礼を行って、再び旅立ちました。
プレイヤーとしてはようやくこのゲームがわかってきました。
そうか、こうやって仲間になりそうな人に片っ端から声かけて仲間にしてくんだこれ。
なら・・・そうとなれば・・・・まずはあの人・・・!!

坊ちゃんはセイカにやってきました。マッシュが教師をしていたあの町です。そして宿屋へ。
彼女はまだそこにいました。

「まあ、セオじゃないかい」

マリーさん!迎えに来たよ!今度は僕があなたにあったかい部屋をあげるんだ!!

「解放軍だって!?」

飛び込んできたセオの話には、マリーさんもさすがにびっくりした様子でした。しかしここは肝っ玉の据わった強い女性のこと。

「じゃああたしも仲間にしておくれよ」

もちろんです!一緒に戦ってくださ・・・

そりゃあたしは戦ったりはできないけどさ。疲れた皆のために寝場所を用意して迎えてあげることはできるよ」

あ、戦闘キャラじゃないんだ。トルネコが行けるんならマリーさんも大丈夫みたいな考えでいたんだけどさすがにダメか。
でもいいです!来て下さいマリーさん!

かくして坊ちゃんはマリーさんを仲間に引き入れました。ついでにうっかり「ちょっとあんた聞いたかい?オデッサさんが行方不明らしいのよ」と通りで吹聴していた天下の噂話婆・オニールさんも仲間に引き入れてしまいましたが、それはさておき、これでようやく落ち着いてレパントを獲得しにコウアンへ向かうことになったのでした。
PR
[54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
11 12 13
16 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
江戸女
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/20)
(07/23)
(07/26)
カウンター

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]