忍者ブログ
2007年1月8日設置
[226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216




ドク「・・・・・・静かになったな」
シロ「みんな帰っちゃったからね」
ドク「お前はいいの?」
シロ「もう少しここにいる」
ドク「そう・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・

シロ「・・・・。寝ていいよ?」
ドク「・・・お前がいると寝らんない」
シロ「そうか。帰った方がいいかな」
ドク「・・・・・もう少しここにいろ」
シロ「うん。・・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・

シロ「・・・・ドクツルタケ」
ドク「ん?」
シロ「ごめんなさい」
ドク「いい。お前がケガするよりマシ。お前の場合、一発で致命傷食らいそうで怖い」
シロ「・・・それもだけど。ドクツルタケに毒やめろって言ったこと、本当にごめん」
ドク「・・・・そっちか。それももういい。もう謝ってもらったし」
シロ「え?いつ?誰に?」
ドク「昨日。お前に」
シロ「うそ!?」
ドク「・・・・なんで嘘つかなきゃなんねぇんだよ。昨日お前わんわん泣きながら謝ってきたくせに、覚えてねえの?」
シロ「・・・・・全然覚えて無い」
ドク「俺が言ったことも忘れたわけ?」
シロ「ど、ドクツルタケに怒られたのは覚えてるよ!・・・なんとなく」
ドク「・・・・。怒られたことだけ?」
シロ「・・・・・他に何か言った・・・?」
ドク「・・・・・・・もういい」
シロ「・・・・・ごめん」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドク「・・・・・どういう意味だ?」
シロ「?え?」
ドク「今の『ごめん』ってどういう意味だよ」
シロ「えっ。どういう、って、覚えてなくてごめん。の意味」
ドク「だよな。・・・・・・・・・焦った」
シロ「???」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シロ「あのさ」
ドク「うん」
シロ「私、もう少し頑張ってみる。裏っ側だけじゃなくて、傘の表もちょっとなら色変えられるかもしれないし。条線とか入れられるかもしれないし。そうしたら人間も誤食しなくなるだろう?」
ドク「・・・・・。思うんだけどさ」
シロ「うん?」
ドク「俺の方が背が高いし。俺にはツバついてるし。俺の方がツボもちゃんとしてる。だろ?」
シロ「うん」
ドク「だったら・・・」
シロ「ドクツルタケはテングタケ科の一族なんだもんね。キノコらしいキノコだよね」
ドク「・・・・。誰から聞いた」
シロ「えっ?」
ドク「俺の家の話。誰から聞いた」
シロ「ええと・・・・スギヒラタケから」
ドク「・・・・・・」
シロ「ごめん。テングタケ科だって知らなくて、毒やめろなんて言って・・・・ドクツルタケは、毒キノコの名門のキノコなんだもん、そんなこと言われたって困るよね」
ドク「だからそれはもういいって!家は関係ねえだろ、しらねえよテングタケなんて!」
シロ「ご、ごめ・・・・!」
ドク「ああもう、そうじゃなくて!俺が言いたいのは!俺の方がスタイルも頭も良くてお前の方が全般的にマヌケなんだから、そこまで違ったらもうそれは別のキノコだろってことなんだよ。わかったか!」
シロ「・・・・マヌケ・・・・」
ドク「俺もお前も変わる必要なんてねえだろ!これ以上変わったらますます足首太くなるぞお前!」
シロ「!」
ドク「ったく・・・・」
シロ「・・・・・・・」
ドク「おい」
シロ「・・・・・・・」
ドク「シロ」
シロ「・・・・・・・足首太くて悪かったな」
ドク「・・・・・・・・。悪い。言いすぎた」
シロ「・・・・別にいい。本当に太いし。どうせ」
ドク「拗ねるなよ。おい。おいって。足首なんかどうだっていいだろ」
シロ「・・・・よくない」
ドク「いいって。俺は気にしてないし・・・」
シロ「私は気にしてる!ドクツルタケは関係ない!」
ドク「・・・・・ああそう?俺関係ねえ?・・・・あっそ」

・・・・・・・・・・・・・・・・

ドク「・・・・・・・シロ」
シロ「・・・・・ん」
ドク「スギヒラタケ、どうした?」
シロ「・・・カエンタケが逃がしてくれた」
ドク「そっか。・・・・お前、もしかしてどこかであいつ見たらさ」
シロ「うん」
ドク「俺は怒って無いって言ってやってくれるか。あと、警察沙汰にするのはごめんだからって」
シロ「うん、わかった。・・・・ふふ」
ドク「・・・なんだよ」
シロ「ドクツルタケやさしーい」
ドク「あのな・・・・・警察沙汰は本気でやばいんだよ。家に連れ戻されかねないだろ」
シロ「家に帰るのそんなに嫌なのか?」
ドク「嫌だから言ってんだ」
シロ「そっか。・・・・スギヒラタケさ、きっと今頃、どうしていいかわからなくなってると思う」
ドク「・・・・・・・・」
シロ「彼女、私のこと嫌いだって言ってたけど、ドクツルタケのことは好きだって。ドクツルタケから言ってあげなよ。私探して来るよ、スギヒラタケ」
ドク「や・め・ろ。絶対やめろ」
シロ「?なんで?」
ドク「お前に任せるとロクなことが無い。俺が入院してる間は一人で突っ走るようなことするな。頼むから」
シロ「・・・・・・はい」
ドク「約束だからな」
シロ「うん。約束する。・・・・ねえ、ドクツルタケはスギヒラタケのこと好き?」
ドク「・・・・・は?」
シロ「好きかな」
ドク「なんで」
シロ「好きだったらいいと思って」
ドク「・・・・・なんで」
シロ「スギヒラタケ、皆に自分が嫌われてると思ってた。ドクツルタケに好かれてるって知ったら、きっと嬉しいよ。ね?」
ドク「・・・・・・・・・・・・・」
シロ「すぐじゃなくてもいいけどさ」
ドク「・・・・・・・・・・・・・・・・・お前それ本気で言ってる?」
シロ「うん。・・・そりゃ、ドクツルタケを怪我させたのはスギヒラタケだから、ドクツルタケにしてみればすぐに許せないのはあるかもしれないけど、でも怒ってないんだろ?それなら・・・・」
ドク「そうじゃなくて。俺、好きな奴別にいんだけど」
シロ「たくさんいたっていいだろ」
ドク「・・・・・・・・・」
シロ「ね?」
ドク「・・・・・・もうお前わけわかんねぇ・・・・」
シロ「???」
ドク「・・・・寝るわ。俺。頭痛くなってきた」
シロ「大丈夫?」
ドク「お前にだけは言われたくない。おやすみ」
シロ「?・・・・うん、おやすみ」
PR
[226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]