忍者ブログ
2007年1月8日設置
[222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212
ツマ「んもーぅ、あの爺ぃ大した事ないなんて言ってーぇ・・・2、3日入院なんて十分大したことじゃないのぉ、ねーぇ?」
シロ「うん・・・・でも手術したんだから、やっぱりそのくらいは病院にいないといけないんだよきっと。ドクツルタケ、痛い?大丈夫?」
ドク「・・・・・別に。体は平気・・・・だけど」
シロ「けど?けどどこか具合わるいのか?」
ドク「・・・・・・・・・・・・心が・・・・・」
シロ「え?」
ドク「・・・・・・・・なんでもない。眠い」
シロ「そっか・・・うん、ゆっくり眠って。そばにいていい?」
ドク「・・・・・・・ああ」
シロ「じゃあここにいるね」
カエ「・・・さて、と。俺ぁ帰るぜ。ツマミタケも、お前ぇは店があんじゃねえのかい」
ツマ「あ、そうね、そうだったわーぁ!お料理の仕込みしなきゃぁ!じゃ、アタシ帰るから、シロちゃん、ドクツルちゃんのことヨロシク頼むわね!ゆっくりしてってあげなさいね!」
シロ「うん。ありがとう、ママ。カエンタケも、本当にありがとう」
カエ「もう面倒起こすんじゃねえぞ。じゃあな・・・・・」
シロ「!カエンタケ!?」
カエ「あ?」
シロ「手!怪我してるじゃないか!」
カエ「ケガ?ああこいつぁ、スギヒラタケから得物取り上げたときにちっと刺しちまっただけ・・・・」
シロ「ちょっとじゃないよ!汁が滲んでるじゃないか!ちゃんと手当てしなきゃ。銀先生のとこ行こう」
カエ「よせ。こんなもんケガのうちに入りゃしねえよ。俺ぁ帰・・・・」
シロ「だめっ!ケガなんかして帰ったらベニナギナタタケが心配する!早く先生のとこ行こう!早く!」
カエ「・・・お前ぇドクツルタケについてるって言ったろう。俺を引っ張ってる場合じゃねえはずだ」
シロ「ドクツルタケのそばにいるのは後でもできる!」
ドク「・・・・・あとでも、って・・・・・」
シロ「とにかく銀先生に手当てしてもらおう。ね!」
銀爺「呼んだかの。いつまでもうるさくしとると病室から叩き出すぞ」
シロ「銀先生!先生、あのね、カエンタケが怪我してるんだ!」
カエ「してねえ・・・・」
シロ「してる!ほら、手!見て先生」
銀爺「んん?・・・カエンタケ、お前はまた何かやらかしたのか。こんなケンカ傷作って」
カエ「これぁ成り行きだ。ケンカってわけでもねえ」
シロ「先生、手当てしてあげて?痛そうだよ」
銀爺「痛そうだと。お前も心配されるようなキノコになったわけだの、カエンタケ」
カエ「・・・・・銀爺、場所移すぜ。ここで昔話はごめんだ」
銀爺「フッフッ、まあ消毒ぐらいはしてやろう。今日は雨のせいか迷惑な患者は一人で暇なようじゃ。シロフクロタケのお嬢ちゃん、そばに居てやってもいいが、静かにしてドクツルタケは寝かせといてやるんじゃぞ」
シロ「うん。静かにしてる」
ドク「・・・・・・・・無理だろ・・・・」
シロ「無理じゃない」
ドク「・・・・・・・。こういうのだけ聞こえるんだな・・・・」
ツマ「お大事にね、ドクツルちゃん。・・・・頑張るのよ!」
ドク「・・・・・・俺は頑張ってるけどな」
シロ「何か言った?」
ドク「・・・・・・別に」
PR
[222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]