忍者ブログ
2007年1月8日設置
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9

昨日は徹夜で星矢を7巻まで読破しました。

自分でも知らぬ間に歳を取ってしまっていたようです。

6巻が泣けて泣けて仕方が無い!!

文庫の6巻つったらアイオリアがカシオスにマントかぶせるシーンから始まって宝瓶宮の師匠対決・・・をちょい過ぎて薔薇くわえたアフロディーテのドアップで終わるという名シーンの濃縮果汁みたいな巻ですが、しかしおかしい、4年前に読んだときは泣いたりなんかしなかった。もう老化とともに涙腺ゆるくなったとしか思えない。そして紫龍解説多すぎ。

まずめくってすぐのところで星矢の涙にもらい泣きですよ。
それからシャカのほとんど反則な強さと一輝と並べても少しも影薄くならないキャラ立ちにびびったわけですよ。
それから天秤宮の「人を倒すためだけでなく・・・」の瞬の台詞で泣いたわけですよ。
それから天蠍宮の、カミュに絡む一連のやりとりに泣くわけですよ。ていうか天蠍宮の戦いはクライマックスこそ外れているが何気にものすげえ完成度高いシーンだと思う・・・黄金聖闘士のあるべき姿が金牛宮とここで確立されてる気がする・・・蟹はやっぱりイレギュラーなんだって思える
それから人馬宮で全ての根源がここにあるんですよ!熱き血潮の兄弟達よ!
それから磨羯宮で亢龍覇ですよ。何に泣くって老師の涙に号泣ですよ。この人この時どんだけ辛いかって話ですよ。それにしても聖闘士星矢って、たまに紫龍が主役でも差し支え無いんじゃないかと思うときあるよ。いや、どっちがいい悪いの問題じゃなく、周りの環境があきらかに主役用だよ紫龍のほうが。
それから宝瓶宮で言わずもがなですよ。もうほんと、言わずもがなですよ。


再燃、という言葉を身をもって知った夜でした。

PR
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]