忍者ブログ
2007年1月8日設置
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8

次回へ続くなんて言っときながらまじ申し訳ないんですが、それ以上に書きたいことできたんで食と人についてはさくっといきます

食。美味い。安い。室内装飾キンキラキンでどでかい水槽とか置いてあるぴっかぴっかのレストランでお腹いっぱい食べても800円くらい。
ただ、箸袋から取り出した割り箸の先が黒ずんでいたりするのにはちょっと覚悟が必要だと思った。
一応箸袋には「MADE IN JAPAN」と書いてあったんだが、現地の方の話では、たぶん袋だけがそうなんだろうと。中身は違かろうと。衝撃的な発想だ・・・
あと、食料品街では品数豊富で、なぜか乾燥ナマコ(?)みたいなのが大量に売られていて、いけどもいけどもナマコのコーナーが延々と続く一角とかがありました。カオスを感じました。

人。皆親切。良い人。しかしたまに超人的。豪雨と雷の中、街灯消えてる夜の大通りをワイパー無しで爆走するタクシーに乗った時、同乗していた現地の方が運転手に言った台詞は「暑いんだけどエアコンつく?」だった。そこじゃねえええええ!!!!前とか何にも見えてないよ!カンだけで運転してるよ!のみならず割り込みしたよ今!!
 晴れた日は晴れた日で、道路工事の人が火が噴出したままのバーナーを足元に置いて立ち話しているのを見かけました。何かの拍子に一歩あとずさったら大惨事なんだが・・・おじさん達の無事を祈ってます。

そんな感じで。また思い出した時に書くかもしれませんが、とりあえず旅行記は完としまして。
今語りたいことはですね!

星矢の文庫版を1巻から読み直して4巻まで来たんですよ。そして思いました。

アイオリアかっこえええええええ!!!!!

この人こんなにかっこよかったか!?いやかっこよかったんだけど!!それは知ってた!知ってたけど!!
しかし本当にこんなにかっこよかったっけかあああああ!!!!
蟹に比べてクセが強くないんで(そりゃ誰だってそうだ)うちでは今まであんまり登場させてこなかったんですが、でもでもこんなにかっこいいなら何か書きたい!今なら書ける!萌え神が降りつつある!!いやでも待てかっこよすぎてギャグにできない!!

・・・と思ったら、3年前の私が書きかけてやめた「ria」という名前のファイルがありました。

あらすじ:時は十二宮戦。青銅がシャカに半殺しにされている頃。獅子宮では星矢の身の上を案じて聖域を上昇中の魔鈴と、教皇に操られてその星矢をボコボコにした男が遭遇し大変きまずくなっていた。

何かわいそうなことやってんだ3年前の私・・・
魔鈴さん無言で怒り狂ってるし・・・・アイオリア冷や汗だくだくだし・・・・だめだよこんなの;

あと可哀想といえば、津軽海峡冬景色の替え歌で「蟹の積尸気冥界波」っていうのもありますね。なんだこれ・・・穴へ落ちる人の群れは誰も無口で~・デ~スマス~クだけ叫んでた~、あ~なたは~一人~聖衣に~見放され~ってあんまりだろこの歌。阿久悠にも申し訳なさすぎる;

そう、阿久悠さんが亡くなったのは私が出張から帰ってきた日で、翌日の朝のニュースで知って驚愕したんですよ。もうその日は一日中脳内阿久悠タイムで、通勤の電車の中でも尾崎紀世彦がエンドレスですよ。嘆きのあまり先輩社員に阿久悠への想いを語ったら、お前は本当に20代かと疑われるばかりでちっとも話しになりゃしない。ひどいよ皆!阿久悠となかにし礼を知らないで日本の音楽は語れないよ!私の歳なんか30でも40でもいいからまずは阿久悠を聞けええぇぇぇ!!

・・・まあね。そんなこんなで色々書きましたが。
でも一番ひどいのは、私が喉から手が出るほど欲しいけどどこにも置いてなくて入手できないでいるNintendoDSを、たまたま入荷日に立ち寄ったヨドバシとビックカメラで自分と妻のために2台購入してきたうちの父だと思います。ちなみに私はその日その時まさにその父の誕生日プレゼントを買うためすぐ隣のデパートをさまよっていた。
 子供に買って来いよおおおおおお!!!!

PR
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
11 12 13
16 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
江戸女
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/20)
(07/23)
(07/26)
カウンター

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]