忍者ブログ
2007年1月8日設置
[450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440


十二夜三大不思議の一つ、オリヴィアのスーパーモテ度。
彼女に恋する野郎は劇中4人も登場します。

・オーシーノ公爵
・執事マルヴォリオ
・オリヴィアの伯父の友人アンドルー
・ヴァイオラの双子の兄セバスチャン

皆だまされるな、執事といっても変態大国日本で想像されるような眼鏡に黒髪オールバックみたいな執事ではない、私が見た劇では中年太りのおっさんだった。ディズニー美女と野獣のコグスワースだと思っていただければ良い。
アンドルーは、なんかチワワみたいな感じ。遠くからキャンキャン吼えるけど喧嘩になったらプルプルしてる感じ。

なんでこんなにモテるのか。先にも書いたように、この女は相当気が強いです。
美女だから、というだけでは説明がつかないものがある。こんだけ気が強かったら、口説くだけならまだしも、結婚したいと思うかぁ・・・?いや、アンドルーは自分に無いもの求めてきそうなんだけども・・・
と思ってたら、この女は知性も相当だった。シザーリオを口説く台詞とか独白とか、英文では片っ端から韻を踏んで即興で詩にしてますよ、すげえええオリヴィアすっげええええ。

だが、出会ったとたんに一目惚れして、前段まったくわからないまま即座に結婚の承諾してしまったセバスがその知性に惚れたのかと言ったら、そんな暇は絶対無かった。
なんだろう、なんででしょう。

・・・・というわけで、私の中では彼女は相当な巨乳の持ち主として決着しています。
だってそうでもなきゃ説明がつかない。
逆にすべてそれで説明がつくじゃないか。男なんかどうせこの乳目当てでしょ、世の中バカばっかりよ、とか思ってたオリヴィアの前に、主の想いを詩に変えて伝える切れ者のシザーリオが現れたわけだ、散々男を振り回してきた彼女がころんと惚れた理由も解決ですよ。
美女であり才女であり財産持ちで巨乳。この条件がまったくタイプの違う4人の男を惹きつけた。間違いない。

だからな、後日談として彼女とセバスがうまくやっていけるのかという不安もあるし、公爵がヴァイオラで満足できるかという不安もな・・・?ヴァイオラはほら、男装しても全っ然気づかれない程度には洗濯板だから。
頼むぜー公爵・・・

ちなみに、シェイクスピアの他の喜劇では、女性の結婚というと男親の了承が無ければならないため色々な面倒の原因になっていますが、ことこの作品においては「オリヴィアの父と兄は立て続けにこないだ死んだ」という設定にすることによって、自由恋愛の障害を取り除いています。シェイクスピア先生、すごいです。
PR
[450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]