忍者ブログ
2007年1月8日設置
[792]  [791]  [790]  [789]  [788]  [787]  [786]  [785]  [784]  [783]  [782
生きてる間にこの日が来るとは思わなかった。


羽生ぅぅぅぅぅぅ!!!!!


まじか!!
おめでとうおめでとうおめでとうおめでとう!!!!!!!!!!

やばい。もうこの心とテンションがやばい。

私はこれ、本当に、羽生選手だけじゃなく日本男子三人の力を合わせてとったと思います。
羽生選手だけだったら、パトリック・チャンは倒せなかった気がする。

パトリック・チャンの圧倒的な強みは芸術点で。
スケート靴が音を滑るような、別世界のような美しさ。ショートプログラム見ても一人格が違うというか、「芸術」という点では、羽生選手もまだまだ及ばないものがあったと思うんです。
パトリックの点数が出やすかったのは、「他と比べて明らかに美しい」っていうのがあったんじゃないでしょうか。

ですが、フリープログラムでは、芸術が彼だけのものではなかった。

高橋の芸術性が凄すぎた。


それは点数に直結するものでは無かったかもしれない。
でも、何でしょうね、彼、圧倒的でしたよね。研ぎ澄まされた雰囲気と、その中から一直線に訴えてくる物。
リンクに立った時の顔が既に解脱の境地に達してた気がしましたが、演技がまさにどこまでも透き通って、美しくて美しくて美しかった。
それと町田選手。
最初のジャンプを失敗しても、火の鳥(大飛翔編)を何としても演じきる。上手くやる、ではなくて伝えたいものを伝えるんだという強さ。

この二人がいたからこそ、パトリック・チャンが特別な人間になりきれなかったんだと思います。
パトリックはどうしても金メダルの争いをしなければならなかったから、無我にはいけなかった。

なんかそれもパトリックのために泣けるんですよ。彼は本当に、金メダルに値する選手だと思うんですよ。ずっとずっとフィギュアスケートの新しい時代を引っ張ってきた人じゃないですか。しかもこの4回転時代に、スケートの美しさを守りながら。彼にこそ、とっておきのご褒美があったっていいじゃないですか。でも、五輪はそれを許さなくて。
4年のタイミングは本当に残酷だと思うんです。

うう、泣いてしまう・・・

羽生選手、おめでとう。もう皆おめでとう!!

あと、個人的に、アメリカのナイスガイどもが大好きだーーーー!!!!!
なんでアメリカ人選手ってあんなに可愛いんだ!!!!!
アボットを背中折れるくらい抱きしめてやりたい(迷惑)。あなたの笑顔に感動したよ!!
アメリカ選手のスポーツマンシップって、ほんと愛しい。
PR
[792]  [791]  [790]  [789]  [788]  [787]  [786]  [785]  [784]  [783]  [782

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]