忍者ブログ
2007年1月8日設置 サイト→http://warakosu.syarasoujyu.com/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
             

やっぱ定期的にこのノリが無いとテンション下がるね・・・・
ツマミタケママは私のミューズ。彼女(♂)のためなら手もちゃんと描く。


ドク「おい、こっち戻ってないか!?」
ベニ「ええ・・・あれから一度も・・・・団地の方にもいなかったのですね」
ドク「ああ、植え込みも街路樹も全部調べた。いない」
ベニ「シロフクロタケさん・・・・一体どこへ・・・・」
ドク「やばい・・・本気で怖くなってきた」
オニ「お、おいどんのせいでごわす!おいどんがあの時、ドクツルタケに嘘なんかつかなければこんなことには!!」
ドク「仕方ねえよ。シロフクロタケが頼んだんだろ。・・・だけどあいつに何かあった時は一発殴らせろよ」
ベニ「こんな時に限ってカエンタケがいないなんて・・・・私ではなんの御役にも立てなくて・・・シロフクロタケさん、どうか無事でいて・・・・!」
ツマ「アタシのせいよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおう!!!!」
ドク「!?」
ベニ「ツ、ツマミタケさん・・・」
ツマ「アタシがッ!!アタシがシロちゃんにあんなコト言ったからッ!!あんなコト言ったからよッッ!!ドクツルちゃんを止めてなんてアタシが言ったからッッ!!」
ドク「おい、誰かママを止めろ」
ツマ「キノコ狩りよッ!!シロちゃん可愛いから誘拐されたのよッッ!!人間のシワザよぉぉぉぉぉうッ!!!」
ドク「こんな夜中にキノコ狩りする人間いねえよ、落ち着けよ」
ツマ「もうダメ!ダメよアタシ!!シロちゃんに何かあったら生きていけない!!禁糸よッ!!禁糸するわッ!!アタシ禁糸するわよぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーぅッ!!」
ドク「あんたが禁糸しても何の解決にもならねえだろ!いいから落ち着け!」
ベニ「ツマミタケさん、どうか落ち着いて・・・・!」

カエ「帰ったぜーぃ。・・・・・・お?どうしたお前らお揃いで」

ベニ「カエンタケ!」
ドク「!!シロ!!」
ツマ「シロちゃん!?シロちゃんなの!?どこッ!?どこにいるのッ!?」
カエ「俺の背中で寝コケてるこいつのことかい。やっぱり大騒ぎになってやがったか」
ベニ「カエンタケ、ど、どうしてあなたがシロフクロタケさんを・・・・?」
カエ「話せば長くならぁ。それより早くこいつを引き取ってくれドクツ・・・」
ツマ「シロちゃんッ!!シロちゃああああああんッッ!!!」
オニ「シロフクロタケ!!良かった!良かったでごわす!!!」
カエ「・・・・・お前ぇらは呼んじゃいねえ・・・・」
ツマ「!?お酒!お酒くさいわッ!!アタシのシロちゃんがお酒よッッ!!どういうことッッ!?」
オニ「カエンタケ!!おめえが飲ませたのかっ!!?」
カエ「・・・・まあ俺だ」
ベニ「なんてこと・・・!シロフクロタケさん、シロフクロタケさん大丈夫!?」
ドク「・・・・・・・・・」
カエ「・・・・お前ぇら、ちったぁドクツルタケのために隙間あけてやれって」
ドク「カエンタケ。面倒かけたみたいだな。あいつ何かやらかしたか」
カエ「・・・・。話通じそうなのはお前さんだけだねぇ・・・」


ドク「おい、シロ。シロ!シロフクロタケ!お前みんなに散々心配かけて何やってんだ馬鹿!」
シロ「ん・・・・ドクツルタケ?」
ドク「ドクツルタケじゃねえよ!俺ら夕方から今までお前のことずっと探し回ってたんだぞ!!」
シロ「う・・・・・・・」
ベニ「ドクツルタケさん、そんなにきつく言わないであげて・・・・」
ドク「それがお前はなんだ!?知らないキノコにほいほいついてってそいつの家で鍋食ってた!?あげく酒飲んで酔っ払った!?ふざけんじゃねえぞ馬鹿!!」
シロ「ううっ・・・」
ドク「泣きてえのはこっちだ!お前のことなんか心配して大損したっ!!」
シロ「う、うえぇぇぇぇっ」
ツマ「ちょ、ちょっとドクツルちゃん、言いすぎよーぅ!」
オニ「そうでごわす、とにかく無事で良かったじゃねえか、なあ?」
ベニ「そうですそうです。知らないキノコとは言っても、カラカサタケさんだったのでしょう?彼は本当に良いキノコですからシロフクロタケさんもきっとそれがわかったのですよ。お願い、怒らないで下さい、ドクツルタケさん」
カエ「何言ってんだお前ぇら。甘ぇ。こういうのはしっかり言っとかねえと駄目だ。カラカサだったから良かったようなものの、悪いキノコに引っかかってたらタダじゃ済まねえぞ」
ベニ「カエンタケ!だったらあなたが早く連絡をくれれば良かったではないですか!」
カエ「俺はガキのお守りじゃねえぞベニナギナタ」
シロ「ごめんなさいっ、ごめんなさい・・・・っ!」
ベニ「い、いいのですよ、シロフクロタケさん。泣かないで?ね?私達、あなたが帰ってきてくれて本当に良かったと思っているのよ。だから・・・」
ドク「謝って済むか馬鹿!!」
ツマ「ドクツルちゃん!もういいでしょーぅっ!?」
ドク「良くねえよ!どうせすぐ忘れんだこいつ!」
シロ「う、うえぇっ・・・ド、ドクツルタケは、私のことが、嫌いなん、だ・・・」
ドク「ああ!?」
シロ「やっぱ、り、やっぱりそう、なんだ・・・・毒きのこ、やめろ、って、言ったから・・・・!」
ドク「なに!?なんだって?」
シロ「ごめんねぇっ?ごめんね、ドクツルタケぇ・・・ごめんね、ごめんねぇっ・・・!」
ドク「な、なんだよおい。おい、ちょっ・・・しがみつくな・・・!」
シロ「わたし、が、悪かった、から・・・っく・・・嫌いに、ならない、で・・・っ」
ドク「嫌いにって・・・今はそういう話じゃねえだろ!お前が馬鹿だっつー話してんだろ!」
シロ「ふぇ・・・!」
ドク「あ、おい」
シロ「ド、ドクツルタケに・・・嫌われちゃっ、た・・・うぇぇぇぇっ!ふえええええんっっ!!」
ドク「嫌ってねえって!泣くなおい!お前どこまでバカ!?嫌いな奴のことこんな時間まで捜し歩くキノコがどこにいんだよっ!!あーもう!好きなんだよ!!いい加減わかれよ!!」
シロ「うわああああんっ!!うわああああんっ!!」
ドク「聞いてる!?お前ちゃんと聞いてた今の!?」
シロ「ドクツルタケに嫌われたよぉ・・・っ!ごめんねぇっ!」
ドク「っ・・・・聞いてねえし~っ・・・!」
シロ「うわあああああんっ!!」

ツマ「・・・愛ねッ!愛だわッ!」
カエ「・・・愛かねぇ・・・・」


・・・・・禁糸って何だろう。
PR
カエ「・・・・・・・・」
シロ「・・・・・・・・・・カエンタケ」
カエ「うン?起きてたのか」
シロ「重くない?」
カエ「軽かぁねぇよ。背負えねえほどじゃあねえが」
シロ「ごめん」
カエ「フン」
シロ「・・・・・・・・・あのさ」
カエ「なんだ」
シロ「ベニナギナタタケ、カエンタケと一緒にいたいって言ってた」
カエ「・・・・・・・・・」
シロ「一緒に居れば人間達も見分けがつくようになって、誤食もなくなるって、言ってたよ」
カエ「・・・・・・・・・俺ぁ別にどうでもいいさ」
シロ「そんなことないだろ?だってカエンタケは」
カエ「ベニナギナタが何を言ったか知らんがな。俺は自分が毒だってことはとっくの昔に知ってたぜ。人間が俺を食って死ぬの生きるの、今さら騒ぐ気もしねえ」
シロ「知ってたの!?でもカエンタケが毒だってわかったのは最近だって!」
カエ「本草図譜にゃ毒だって書いてあるってのは聞かなかったかい。江戸時代からこの方敬遠されてるキノコなんざ少なくとも食のハズぁねえだろう。手前ぇのことは手前ぇが一番わかってらぁな。確かに毒札貼られたのは最近だがな、俺にとっちゃ昔も今も変わったことなんざねえよ」
シロ「・・・そうなの?」
カエ「おうよ」
シロ「だったら、だったらなんでベニナギナタタケは・・・」
カエ「あいつは俺に怯えてんのさ」
シロ「え?」
カエ「俺ぁ人間がキノコ食って死んでも気にも留めないキノコだ。食うか食わねえかは人間の勝手だろう。キノコがどうこうできるこっちゃあねえと、昔から俺ぁそう思ってたし、何も変わっちゃいねえ。だが俺が毒だとわかったことで、俺のそういうタチがベニナギナタの前に晒された。あいつにとっちゃ俺が変わったように見えたんだろうよ。まあ無理もないかねえ、あいつと暮らしてる間は俺も随分優しい男だった」
シロ「カエンタケ・・・・」
カエ「ベニナギナタが俺と一緒に居たいってのは妙な責任感じてるせいさ。俺の毒札はあいつとの誤食が原因みてえなもんだからな。馬鹿な女さ・・・・・まあ、あいつのこたぁ俺でケジメをつける。お前さんは手前ぇのことを何とかしな。ドクツルタケも今頃は傘青くしてお前ぇを探してるだろう」
シロ「そうかなぁ」
カエ「おい・・・・野郎ってのは損だねえ、女には大概信じてもらえねぇ」
シロ「ねえカエンタケ?」
カエ「んン?」
シロ「ベニナギナタタケのこと、好き?」
カエ「・・・そういう青臭ぇ感情、俺らにゃ縁の無い話だ」
シロ「ベニナギナタタケはカエンタケのこと好きだよきっと」
カエ「もう黙って寝ろ」
シロ「好きだから一緒に居たいんだよ。カエンタケもそう思わない?」
カエ「放り出されてぇか」
シロ「・・・・・・やっぱり恐いな、カエンタケは」
カエ「フン」



・・・・照れてるというより、なんかもう相手するのがめんどくさくなってきたカエンタケ。
      

おねむのシロ。

シロフクロタケは可愛い。いや私の書いたのがどうこうじゃなくて、実写が!!
ぱっと見た目は細長くてつるんとした白いキノコなんですが、年頃になると傘の裏ヒダがピンク色にエロい!!なんてエロいキノコなんだ!!
シロの設定で傘裏がピンクだから目をピンクにしたが、やっぱ下着をピンクにすりゃよかっ(自粛)
いや、でも、脱がせたら見えないところも色々ぴ(自粛!)

八坂書房の「都会のキノコ図鑑」の写真なんか神がかってますよ、撮影者はこのエロスをわかっていたとしか思えない。
シロフクロタケを横倒しにして低アングルからピンクの傘の裏アップで激写!しかも前景に立ったままのシロフクロタケを置き、あえて障害物として一部を隠すことで恥じらいを演出!

多くの図鑑が週刊誌の顔写真みたいなキノコ写真を載せてる中、この一冊はもはや図鑑の域を超越してグラビア写真集と言っても過言では無い。
最高!
                                

■スーパーキノコ
実在しない架空のキノコだが世界的な知名度を誇り、「マリオワールドのキノコ」と言えば通常これで認識される。生息地だけで特定される稀有なキノコ。
傘は丸山型で赤く、柄は白か黄色。
白(または黄色)のイボがあることから幼菌の外皮膜は白(または黄色)かったと思われる。
主にレンガブロックの内部に発生し、ブロックを叩くと飛び出して一定速度で右方向へ移動する。
食用だが食べると巨大化する。

よく似た毒キノコが存在し、誤食すると死に至るか体が縮む。
     

■前回のあらすじ
ドクツルタケに毒キノコをやめるように言ったのは自分・・・・
キノコとして最低な行為をしてしまったと気づくシロフクロタケ。
押し寄せる後悔と酒の波は大粒の涙となって少女の傘を伝う。
どう慰めればいいのかわからないカラカサタケは部屋中のあらゆるものをかき集めたが、一人暮らしの独キノコの部屋に異性の喜びそうな物など何一つなかった。


カラ「・・・・シロちゃん、寝ちゃったね」
カエ「あれだけ泣きゃぁ疲れもするさ」
カラ「うん・・・遠くから歩いて来たみたいだしね。このまま寝かしといてあげよう」
カエ「やれやれ。もたれかかられちまって、重くないのかいお前さん」
カラ「平気だよ。俺だってそこまでヤワじゃないさ。ふふ、可愛いなあ、ヨダレ垂らしてる。・・・いい子だね、この子」
カエ「ハタ迷惑なガキだ」
カラ「そう言うなよ。ドクツルタケくんとケンカしたのがよっぽどショックだったんだ。カエンタケ、彼と知り合いなら仲直りさせてあげてくれよ?な?」
カエ「何で俺が。ほっといてもまたくっつくだろうよその二人は」
カラ「そうかい?・・・そうだね、シロちゃんの友達だもん、きっと良いキノコだろうな。俺も富士山行く前に会ってみたいけど」
カエ「おうおう、もう受かったつもりかい」
カラ「受かるさ。親に無理行って行かせてもらうんだ、そのくらいはちゃんとするよ」
カエ「立派だねぇ」
カラ「知らないことを知るのが好きなんだねきっと。それがどんなことでも知らないよりは知った方が前に進める気がするのさ。そりゃその分踏み越えなきゃならないことも増えるけど・・・そうする価値があるんじゃないかな、生きるって事には」
カエ「フン・・・」
カラ「スーパーキノコっていただろ昔。どこからともなく生えてきてピンチを救ってくれる奴。幼菌の頃なんかいじめられるたびにスーパーキノコが来てくれないかと思ったもんだけど、成長してわかってきた。シロちゃんみたいな一生懸命なキノコを見たら、誰だって助けてあげたいって思うんだ。本気で助けてって言えたら、誰かはきっと助けてくれるんだ。落とした財布拾ってくれたり、道わからなくて教えてもらったり、ショウジョウバエから助けてくれたり、さ。スーパーキノコなんて俺が思ったよりたくさんいて、ついでに俺も、たぶん誰かのそれになれるのさ。そんなこんなで俺は生きることが気に入ってるんだ」
カエ「シチめんどくせぇ話だ」
カラ「誰だってその気になれば誰かを幸せにすることもできるし、誰かに幸せにしてもらうこともできるってこと。俺の言ってる意味わかる?カエンタケ」
カエ「さあな」
カラ「ベニちゃん。このままじゃだめだろ。一度ちゃんと話し合うんだ。相手のためを思っていても、口に出さなきゃ伝わらないことがある。スーパーキノコだってレンガを叩かなきゃ生えてこない。生えてこないのをキノコのせいにするわけにいかないだろ?伝わらない手段をいつまでも繰り返すのは、本当のアホタケのすることだよ」
カエ「・・・・・・・・」
カラ「頼むよ、カエンタケ。このままじゃ俺、受かっても富士山行けないよ。二本のことが気になって、研究所でもなんかやらかしちゃうって」
カエ「・・・・・フ、違ぇねえ」
カラ「だろ?」
カエ「敵わねえなぁ」
カラ「じゃあ!」
カエ「まあやってみるさ。お前ぇの親に恨まれるのはゴメンだ。だが期待はするなよ?俺ぁこう見えて器用じゃねえんだ」
カラ「よく言うよ。女の子には君のほうがよっぽど長けてるくせに」
カエ「それも違ぇねえ」
カラ「ふふ」
カエ「さて、と。長居したな。そろそろ帰るぜ。シロフクロタケはここに泊めるんだろ?それじゃあな・・・・」
カラ「!!?ちょ、ちょっと待って!!」
カエ「!?」


カエ「このまま寝かせとけっつったのはお前ぇだろうが」
カラ「そういう意味じゃない!泊めるのはさすがにだめだ!女の子を朝帰りさせる気か!?」
カエ「この様子じゃ昼まで寝るだろうよ」
カラ「そういう問題じゃないだろ!!カエンタケ、シロちゃんち近くなんだろ?送ってくんだ!君が!」
カエ「近くかどうかなんか知るかぃ、何で俺がこいつの家を知ってんだ」
カラ「知らなければシロちゃんに聞け!とにかくこの子は家に帰すから!シロちゃん!起きるんだシロちゃん!このまま寝てたら危険だ!」
シロ「・・・・・んー・・・?」
カラ「いいかい、シロちゃん。カエンタケが送ってってくれるから君はおうちに帰るんだ。いいね?」
シロ「カエンタケ・・・・?」
カラ「そう!」
シロ「やだ・・・・カエンタケこわい・・・・」
カエ「だとさ」
カラ「大丈夫だシロちゃん!おんぶしていけば顔は見えないから!」
カエ「おんぶ・・・!?」
カラ「いいだろそのくらい。そもそもシロちゃんがここに来たのもこんなに酔っ払ったのも元をただせば君が原因じゃないか」
カエ「だからってなあ」
カラ「さ、シロちゃん立って。カエンタケは後ろ向いて!しゃがんで!」
カエ「・・・・・へいへい・・・・」


カエ「・・・・意外と重いぜこいつ。中実だ」
カラ「じゃあね、シロちゃん。また今度一緒に遊ぼうね」
シロ「うん・・・・ありがとう、カラカサタケ」
カラ「カエンタケ、頼んだよ。ベニちゃんのこともね」
カエ「しつけえぞ」
カラ「じゃあまたね。二本とも気をつけて」



・・・・・・・・失った絵の一枚は、自分にもたれて眠るシロをカラカサタケがあたたかく見守る図、でした。
カラカサタケはメガネを自分の服の裾で拭く。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]