忍者ブログ
2007年1月8日設置
[425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415
13年前。聖域にちびどもが来てしばらくした頃のサガとアイオロス。

サガ「・・・アイオロス。折り入って相談したいことがある」
ロス「どうした」
サガ「子守の分担についてだ。お前は人馬宮、私は双児宮を預かる身から、聖域の上半分がお前、下半分が私、とここまでは良い。デスマスクが少々元気が良すぎるが、それを言うならそっちにはミロがいるし、実の弟のアイオリアをお前が指導するのもやりづらいだろう。ムウやアルデバランは手がかからないから問題なしとして、そう、ここまでは良いのだ」
ロス「うむ」
サガ「しかしシャカはお前も少し負担しろよ。等距離だろうが処女宮は!」
ロス「断る。俺のところだってアフロディーテとカミュがいる。セットで考えればシャカと張れるだろうが」
サガ「張れるものか!なんだかんだであいつらの面倒見ているのはシュラとミロだろう!?こっちにシャカの面倒見られる奴がいると思うか!?ムウでさえ匙を投げたんだぞ!」
ロス「だったら俺にはなおさらムリだ。頑張れサガ

とりあわないロス。フォローすらしません。
サガはおのれぇぇぇと歯軋りしつつ、

サガ「なぜだ。お前なぜそんなにシャカを敬遠する」
ロス「なぜと言われてもな・・・このあいだ処女宮に立ち寄ったら、あたり一面が賽の河原と化してあいつ一人で石を積んでいたし・・・」
サガ「ああ、積み木遊びか」
ロス「その前は魑魅魍魎の中で何やら怪しげな薬を煎じていて・・・」
サガ「ままごとだろう。よくやっている」
ロス「・・・・・・・・・・」
サガ「!はっ、まさかアイオロス、積み木やままごとが好きだからといってシャカのことを女々しい奴などと思っているのではあるまいな!?あの子にはあの子の男らしさというものが!!」
ロス「いや、やっぱりお前が適任だと思う」

俺はごめんなんか色々ついてけない。そんなアイオロスの思いもサガには理解できません。
ふざけるな、単純カウントでも私の受け持ちが一人多い上にその一人がシャカなのはあんまりだろうが、よしこうなったらシャカ本人に聞くぞ。たまにはロス兄さんと一緒に積み木したいぐらいは思っているかもしれんからな!
というわけで、翌日双児宮へやってきたシャカを捕まえました。
シャカよ、お前、私とアイオロスとどっちに指導してもらうのがいい?

シャカ「私はサガがいい」
サガ「!」

これは予想外。普段何考えているかよくわからん小さな子供にはっきり言われてしまいました。
しかし意図には反したものの嬉しいのは確かです。サガは苦笑しつつ、後ろで立ち会ってたアイオロスを「まったくこれだから子供は正直で困る」みたいな優越感ばりばりの顔でチラ見し、さらに屈みこんで聖者のごとき笑みを浮かべながら確認します。

サガ「そうかーシャカは私がいいかー。しかしなぜかな?アイオロスだってこう見えても優しいぞー?」
シャカ「人馬宮は階段を登らなくてはならない。双児宮なら下るだけだから」

・・・・・・・・

サガ「そうかぁ、それが理由かぁ」
ロス「黒いぞサガ。・・・いやお前も悪いだろう、階段下ってやってきたシャカを帰りは抱っこで送るとかやってるから」

しかし傷つけられたサガにそんな言葉は届きません。
彼はもういい!とばかりに立ち上がり、腕を組んでしまいました。

サガ「もう甘やかさんぞシャカよ!そんな惰弱な精神で聖闘士の長たる黄金聖闘士が務まると思うのか!?今日からはちゃんと自分で歩いて帰りなさい!」
シャカ「!・・・・・」

無表情でも当惑しているらしいシャカ。
そっぽを向いたままのサガ。
無表情で目閉じたままでもサガを見つめているらしいシャカ。
それでも努めて振り返らないサガ。
無表情のままちっちゃな両手をのばして抱っこおねだりの構えをしてみるシャカ。
くっそ可愛いと思いながら速攻で抱き上げてしまうサガ。

サガ「明日からは自分で帰れよシャカ!!(血涙)
ロス「・・・・・・・・・」


サガ、シャカのお守り続々決定です。
PR
[425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]