忍者ブログ
2007年1月8日設置
[421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411
宝瓶宮のカミュが氷河に目を覚ませって言ってるとこで泣いた・・・バカだよカミュ・・・うっく・・・ぐす・・・・
つうか・・・・復帰するたびにこの辺りで泣いてるんですけど・・・自分何回やりゃ気がすむんだ・・・ずびす・・・
倒れたカミュの腕が何気に氷河の方にのびてるんですよね・・・ずびば・・・・

悪いのは蟹なんですよ。かっこいい蟹を拝もうとして5巻を開くじゃん。そしたらあまりに特殊すぎる負け方にデスまじ天才だなっていう気分になって読んじゃうわけですよ。読めば読むほどすげえよ聖衣に裏切られてるからね。
で、少し感動が欲しくなってカシオスまで読むと、あっという間にシャカが出てきて爆走ですよ。ほんと強すぎて楽しいんだわ処女宮。台詞もいいし。
で、なんやかんやでミロが氷河に凍らされるんだけど瞬時に砕いて出てくるとこまで行く。この「ピッ」のミロは綺麗すぎだろ。氷河ここまで頑張ってんのに無傷で終わってるミロって実はものすげえ強いんじゃ?と思ったりしてるうちにアイオロスの遺言が出てきて、そこから先は止められないだろ!わかるよね!?ああくそサガやっぱかっこいいなクソ!!

シャカが戻ってきたがってるのに意地悪言ってるムウがちょっと楽しそうだ・・・これ絶対「たのむ」の一言待ちだろ・・・しかもその後シャカが若干慌ててるっぽいね・・・ムウの機嫌とりはじめたよ、たまんねえなオイ。

あ、でもその後のシャカが教皇の命だけは助けてやってくれって一輝に頼む台詞でまた泣けてきた。
シャカああああ!
PR
[421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]