忍者ブログ
2007年1月8日設置
[481]  [480]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [469



バツイチが似合うと言われ、割と本気で気分を害したシュラ。
最も忠誠心厚き山羊座の聖闘士捕まえて何を言うのかこの女。
でもごめん、あなた本当に似合うよ。


バツイチシュラの元妻として聖域を訪れたい。
まずは入り口で名乗って、ムウの目が点になるというレアな一瞬を見たい。

ムウ「すみませんシュラ、あの、ちょっと、あなたの元奥さんと名乗る方が今ここに

努めて冷静になろうとするもののさすがに無理だったムウ、脳が滑ってうっかり全社宛先でテレパシーを送信します。

ミロ「は?え?は?・・・・・はあ!!!?」
デス「元妻!?シュラの!?ちょ、お前バツイチって聞いてねえぞコラ!!」
カミュ「本当なのか・・・?そんな・・・・私は隣人でありながら、お前の家裁的な過去など何一つ気付いてやれなかったというのか・・・」
バラン「・・・・・ムウ、何が何だかわからんが、とりあえず白羊宮を貸してやれ。磨羯宮まで登らせるのはいろんな意味で酷だ」
シャカ「黙りたまえ。遠路はるばる来た客を玄関先で追い返すなど言語道断。ムウ、問題ない、どんな女か見たいから処女宮までは通せ」
リア「冗談ではないぞ、元妻とは言え別れたからには敵だろう。敵であるものをこのアイオリアが通すと思うか」
アフロ「君こそ冗談はよすのだアイオリア。敵どころか、シュラの元妻ならば我々にとっては大切な客。もてなしは最上級を。よって教皇の間に招待しろ、私より前の宮で帰るのは絶対許さん」
サガ「教皇の間のその使い方は私が許さん。いい加減にしろどいつもこいつも・・・少しはシュラの気持ちを考えたらどうだ。まったく・・・・・シュラ、聖域では何のもてなしもできん。アテネに場所を改めろ。責任者として私も付き添ってやるから」

シュラ「・・・・・・・・・・・(怒)」


・・・相手がシュラなら離婚後に何度再会してもそのたび惚れそうです。
PR
[481]  [480]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [469

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]